<   2015年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ようやく軌道修正です

正規の日時に書いています(金曜日以降のことは、遡って同じようなことを書き足しております)。
ベッドコレクション:注)全部ではありません。
f0218416_12090269.jpg
トイレで和んでいましたが、「ゴー」と唸っています。こちらも疲れているので全然ご機嫌を取る気になりません。
f0218416_12134255.jpg
f0218416_12143276.jpg

今日の我が家
ゴマ次郎君。甲状腺と思えば、頻繁な鳴き声も「かわいそうに」と思えますが、そうでもないみたいで、ただうるさい。とはいえ、しお太郎君が亡くなってからのことなので、やはり何かとてもショックを受けてなのだろうと思います。あ、でも痩せ始めたのは最近のことでした。
f0218416_16571667.jpg
イブーchan点滴:100
点滴はおりこうにしました。が、帰宅後出ていないので、頑固な便秘らしく、仔猫たちも驚くような声で鳴きます。マッサージをたくさんしています。
f0218416_20380728.jpg








More
by ihibou | 2015-09-30 20:12 | | Comments(0)

火曜日の記録

29日火曜日の記録です。
イブーchanは、何だか変ね、という感じで月曜日を過ごしましたが、火曜日になってきちんと確認している現場を写せました。「やっぱりね」というような顔付で去って行きました。
f0218416_11413011.jpg
中では、静がトイレで眠っていますよ。
f0218416_11422816.jpg
茶々は起きていました。
f0218416_11431761.jpg
これまでは1時くらいに文治君お部屋を後にして眠りましたが、今度はスケジュールを見直さなければやっていけません。
夜中の1時過ぎのおふたり。
f0218416_11452906.jpg
左が静で、右が茶々です。トイレで眠っていて、排泄後は上へ移動します。大変きれいにトイレを使っています。
f0218416_11454245.jpg

トイレについては考え込んでしまっています。
パパは木製トイレ砂だと鼻が出てしまいます。過敏症ですから、カレーでは大汗をかき、ミミの排泄で咳クシャミ鼻水が出ます。そこで、自分で飼うんだから、と言って「紙製」の「流せる」を購入しました。流していませんが、きれいに掬えるので、今のところ何も問題がありませんが、すでに無くなります。
紙製が無くなったら、一応、我が家の木のチップに替えてみようと思います。

寝場所がほしいようですが、箱で作ったら、中へは入らず、上に乗っていましたが、一夜にして落ちてしまいました。きちんと作って固定すればよいのでしょう。木製がよさそうです。一寸考えます。






More
by ihibou | 2015-09-29 11:39 | | Comments(0)

月曜日になっても疲れが取れません

今日はS警察、隣りの郵便局、イブーchanお迎えのふたつをすればよかったのですが、パパ送り出し、昨日の荷物の片付け、2匹分のお世話増加、としているうちに1日が終わりました。しかも、2つの道のりは嘘みたいにスピードが出なくて、軽いイブーchanが重たく感じられました。
昨日より仔猫たちは凶暴になっていました。


イブーchan点滴:100 ご機嫌麗しいです。
ゴマ次郎君点滴:150 多少抵抗しましたが、恥ずかしいと思ったのか割合抑えていました。

仔猫の,特に茶々は、「何が始まったんでしょう」といった風情で、こちらを観察していましたので、楽しそうにしました。このうちではみんなに点滴をするのかしら、とか思い込まれたら大変です。しかし、これからずっとですから、ここで恰好付けても無駄です。

仔猫の状態:
昨日深夜以降、トイレにろう城してしまいました。ということは、トイレを使っていないのでした。お食事とお水は昨夜摂りましたので、どうなることやら、と思っていたら、点滴中に物音がし、あとで見に行ったら、コロコロが10個くらいトイレに転がっていました。が、チッコはトイレの手前の敷いておいたシートにしてしまいました。
また、途中からかなり唸り始め、茶々は手が出ます。
缶詰を上げました。静は脇目も振らず平らげ、茶々は食べそうで食べませんでした。すると静が食べてしまいました。別の味にしましたが、また静だけが食べちゃいます。そのうち大きさが違っちゃいますよね。

日曜日夜の写真:
イブーchanは、分からないまま月曜日を迎えました。
ゴマちゃんはケージ越しに鼻を、と思ったら「フ,シャー」と茶々に言われてスゴスゴと退散。私が在室中はずうっと鳴いています。
ミミは、唯一「にゃあ」と鳴いてもらえました。が、ミミが「シャー」と言いました。その後は落ち着かない様子で眺めたりしています。茶々は「にゃあ、にゃあ」と言います。みんなの写真はありません。
f0218416_11255332.jpg
f0218416_11260477.jpg
f0218416_11262379.jpg
f0218416_11263302.jpg
f0218416_11264642.jpg
f0218416_11265634.jpg
f0218416_11271384.jpg





by ihibou | 2015-09-28 23:38 | | Comments(2)

日曜日〜予告編

只今日曜日夜10時東京です。
事情は後日。

はじめまして、「茶々」と「静」です。
f0218416_22010241.jpg

by ihibou | 2015-09-27 22:02 | | Comments(0)

金土の記録

簡単な記録のみ

金曜日
マンション到着後、本命のお宅を訪問。インタフォンがなくてノックしましたが、誰も出てきませんでした。雨が降っています。今回はほかのことに気を取られて自分の注射を忘れたことに気づきました。
夕方は雨が上がりましたが、荷物が到着しません。4時6時を希望しましたが、6時に来ました。慌ててケージを組み立てました。それが、安売りで5,000円を切った品でしたが、それにしても簡単な作りで、組立はすぐ終わりました。がたがたしていますが、当座のケージとしては上出来でした。ま、トイレが入らなくてちょっと歪めて入れたりしましたっけ。

組み立て終わって、その合間にも階下を眺めましたが、ちゃんと出てきています。いてよかった。でもちょっとの隙に餌やりをしているおねえさんは車で帰ってきて行ってしまいました。10時頃、この時刻からが捕獲に最適な時刻ですが、夕食が終わったのもそのくらいだったのです。それで、出てみましたが、残念、上がるはずの雨はまだ霧雨が降っていて、猫たちは見つかりませんでした。

土曜日
朝6時前に階下を見下ろすと、日が当たるバイクの座席にちょこんと1匹が座っています。6時半くらいにパパにも知らせて、7時くらいにはネット袋を持って階下へ行きました。この後は秘密です。

1匹だけ8時5分?に捕まりましたので、「猫と暮らす会」代表とお目にかかるお約束になっていたので、その時刻に猫も連れて伺いました。ここからのお話は秘密です。
f0218416_11152175.jpg
f0218416_11160359.jpg
f0218416_11161474.jpg
f0218416_11162700.jpg
f0218416_11173618.jpg
おおまかに言うと、捕獲器をお借りして、獣医さんへお連れいただきました。ワクチン、検便、レボリューションをして、特に何もなくきれいな状態の猫さんですね、と言われました。体重は2.9kg。推定7ヶ月などと話していましたが、獣医さんが歯の状態から「もっと大きいですね、去年の生まれかもしれない、ということで「推定10ヶ月」となりました。そして、♀だったので、気持ちが落ち着いてからの手術となり、1週間後に不妊手術を予約しました。

帰宅して、周辺を探すともうひとりもいましたが、いても逃げてしまいます。我々の顔を覚えてしまいました。でも捕獲器があります。ここからは秘密ですが、実は、うまく行かなかったのです。だめだぁ〜、と先ほどの「猫と暮らす会」代表にお電話してアドバイスを頂き、その通りにしてみました。半ば諦めて、でも、ふたりがバラバラになってしまって、心細い思いをしていると思うとこちらの心臓がつぶれそうで、夜になってもう一度致しまして、無事10:35に捕まりました。さすが、団体の代表の仰ることは、あとで辿ってみると全部正しかったのです。え?どうして「猫と暮らす会」を知っていたのかですって?それは、知りませんでしたが検索して色々なブログを読んでみて勝手にご連絡したのでした。

この午後からの時間は、ご近所でこの猫たちに花壇を荒らされているおばあさまとも話が出来ましたし、餌をやっている方とも話せました。この方は、餌をやっているとは口を割らず、聞くことだけ聞いたらその場から去りたいという風情だったので、一応、私の役割は果たしたと思いました。他にも、数人のご近所の方には、手術と里親探しの話をしました。

明朝、午前中は開院しているという獣医さんへ伺い、たぶん来週が手術となります。たぶんというのは、今日確保した猫さんも♀だと思うからです。

以上でした。写真は後日加えます。あ、2枚だけありました。
あとで捕まった代表格の猫ちゃん。ソプラノで怒っています。目をそらさない、気が強い、とパパが言っています。
f0218416_00230891.jpg
ようやくふたりで一緒になりました。
f0218416_00243455.jpg
じゃ、おやすみなさい。




by ihibou | 2015-09-27 00:25 | 保護活動見学など | Comments(2)

思い出すと劇的だった土曜日

「金土の記録」と重複しますが、記憶をたどって写真入りで土曜日のことを記録します。この日は朝から晩まで猫だけで終わりました。

早朝からずっとここにいます。
f0218416_14332662.jpg

7時過ぎに一度失敗し、パパは警戒されてしまいました。
7:57 私だけでいつもいる場所へ行くと寄って来たので餌を上げました。
f0218416_14391478.jpg
8:05 パパも寄って来て、おひとりさま確保。
f0218416_14412067.jpg
この目付き。
f0218416_14431049.jpg
9:00 これまでメールやお電話でだけお話ししていた「猫と暮らす会」の代表にお目にかかり、獣医さんをご紹介頂きました。代表は、なんと異なる時期に同じ学校へ通っていたことが分かり、ああこういう頑張る方がいらしたのだ、と思いました。なにより驚いたのはもっとご年配の方かと思っていましたので、ほそほそとした若い方だったので驚きました。拝借した捕獲器は「NPOねこだすけ」のものでした。何かと親しい感じを感じ取ったひとときでした。
10:00 身体検査、耳ダニ、検便、爪切り、ワクチン、レボリューション。
11:00 帰宅。
f0218416_14574811.jpg
15:00 人間のお食事後、猫砂をはじめ、色々買い出しへ。これ代車です。この後この車も仔猫の運命に一役買います。
f0218416_15005776.jpg
16:10 荷物を部屋へ運び入れた後、捕獲器設置。この時はカリカリを置くと、首の伸ばして沢山食べてしまいました。
色々工夫してもダメで、困ってしまって代表にお電話してアドバイス頂いたのでした。でも遂に獣医さんの開院時刻を過ぎてしまいました。メールでダメでしたと一旦お知らせをしますと「諦めないで」と返信を頂きました。

22:00 夕食後、雨が降っています。ああ、これでは最悪の想定通りになってしまう、と嫌な気持ちでパパが工夫したものを設置しました。パパはとても嫌われてしまったので、私だけでウロウロ探すと、居ました。とっとこ走って来ますが3mで止まります。
22:30 それでも設置しますと、入りまして踏ん張ったらばたんと閉まって入りました。メールで代表にご報告したりして
22:51 再会場面です。よかった本当によかった。こちらを見ている仔猫が新たに捕まった仔猫です。
f0218416_00320392.jpg
1:30 ようやく色々片付けて眠りましたが、3時、5時、7時にソプラノで長く細く鳴きまして、その都度ケージを被っていた毛布の上からケージ越しに撫で擦りました。毛布の上から噛まれましたが。

翌朝9:00、日曜日は午前中だけ開院とのことで、連れて行きました。
身体検査、耳ダニ、検便、ワクチン、レボリューション。うっかりして爪切りはお願いしませんでした。これがあだとなります。
また、手術を予約しようとすると、たった1日の差で、すでに2週間後でないとお願い出来なくなっていました。素敵な病院。
f0218416_10345697.jpg
帰宅してから、「猫と暮らす会」が佐鳴湖の北管理棟で譲渡会をなさるというので伺いました。小さな猫たちの譲渡会で、お客様と猫がいました。うちの仔猫は、推定10ヶ月ですから一番大きくなってしまいます。色々代表にはお気遣い頂きましたが、キャリーとだっこに馴れさせる袋を拝借していたのでお返ししました(お返ししたということはもう心は決まっていたと言うべきか?)。

この譲渡会は今後うちの猫たちも手術後に出させて頂くつもりで、行く予定をしていましたが、パパはハナからそうではなかったようでした。残念、それぞれ脳内でグルグル考えていたので譲渡会の写真を撮り忘れました。美しい湖の公園での譲渡会です。

ずっとあとで東京にて説明を受けましたが、幼稚園の頃、パパは弟と野原へ行くと手のひらに入るくらいの仔犬がいたそうです。家に取って返し母親に話したら「ここでは飼えない」と言われたそうです。すると弟が泣き出し、パパは幼稚園の帽子のゴムひもを持って、黙って下を向いて帽子を回していたのだそうです。「それじゃあ、もう一度見て来たら」と母親が言ったのでふたりは連れ立って行きました。が、もうどこにもいなかったそうです。この辛くて嫌な思い出があるので、今後、リリースした想定、誰だか分からない人に譲渡した想定などすると、それではあの時と何ら変わらない、と思ったそうです。
f0218416_10385580.jpg

私は、夜鳴きは困ると思いました。パパは起きて来なかったけれど、聞こえていましたから、翌日からの仕事に支障を来します。またペット禁止のマンションなのでこの点も住んでいるパパにとってはストレスになります。交通事故も困るし、これは、私の脳内でのことですが、ともかくどうしたらよいのか考えていました。

もし、東京へ移動させるなら、明朝パパを送り出してからキャリーを購入して入れて、東京にはケージがないので、解体して荷造りして宅急便。パパはパパで、自分のスケジュールを眺めると「今でしょ」と。修理している車が戻って来ると実はケージなんて入らない車なのです。そうすると代車の今。月曜日のオブザーバーで坐っている会議は休めるけれど、その後は週末が全部ダメだから今。というわけで、
結局連れ帰ることになりました。まず、ストック用の調理をし、さまして冷凍に。自分のものをまとめて、昨日購入した猫のものを袋に入れ直し、これらを全部積み込み、せっかくゆっくり眠っていた仔猫を袋にいれ、ケージを解体し、段ボール箱に入れて積み込み、最後に猫を抱えて車へ向かいました。猫は後部座席の下に床置きして乗り込みました。
f0218416_10062776.jpg
もちろんパパは、亀を洗う、植物に水遣り、といったことも致しました。脱走防止もしましたが、大丈夫か?
f0218416_10083523.jpg
かなり遠回りして途中のイーオン・モールでキャリーを購入。これが結構高かったのですが、もっと安値の店だったら千円くらいで売りそうな、完璧に不良品のを買いましたよ。チャックが間違った付け方になっているのです。左の手前からチャックであるところを、一辺間違って付いています。車の中に入って猫の入れ替えをしましたが、狭いし、チッコした人がいまして、それはもうグチャグチャでした。不良品の写真です。
f0218416_10114782.jpg
時刻はすでに16:00でしたので、すべて我慢していよいよ出発しました。私は4時間くらいしか眠っていなかったので、途中からは何も覚えていません。覆面地帯ではみんな追い越し車線を下りてしまうのでしたが、それでもみなさんしっかり走ってたようです。

渋滞は町田付近だけで、到着予定時刻21:00で着きました。夕食はラーメン。翌朝は8時出発だそうでした。結果、平日なので渋滞なしだったそうです。名前がドンピシャだったことが証明された瞬間? 正視する「茶々」、ぼおっとする「静」。
f0218416_10134660.jpg
組み立てたケージに入ると、お水をいっぱい飲みました。
f0218416_10145015.jpg
f0218416_10155349.jpg
分かったことは、静は大飯食らいです。茶々はシャーと言って手が出まして、わたし負傷しました。






by ihibou | 2015-09-26 00:28 | | Comments(0)

準備だけで終わった金曜日

雨の中、荷造りを終え、荷物も持ってイブーchanを連れて獣医さんへ行きました。イブーchanには申訳ないのですが、診療所のみなさまに託します。
お米3kgや塩、みその補充、野菜、肉を入れたので荷物が最高に重たくて、この際渋谷まで車で行こうと思ったら、山下の駅までで勘弁してくれって言われてしまいました。そこで、三茶まで世田谷線そこから地下鉄へは行かず、バス停で成城から来るバスを待ち、うまいこと渋地下経由でみどりの窓口から品川へ行けました。彼の地にヤラトはないのです。早い時刻に乗れたので「宅急便を受取ったらケージを組み立てて猫を探しに行こう」などとひとり計画的になっていました。

しかし、宅急便は第二洗濯を終えても来なくて、あ〜あ、「早く来たかったけどとっても荷物が多かった」のだそうです。
荷物1
f0218416_13263283.jpg
組み立てて荷物2を装着。
f0218416_13293468.jpg
部屋のどこに置いたらよいのやら、もう出来上がっている部屋に置き場はなかったです。
パパが帰宅してからは、ドアを開けても分からないように布を掛けたりしました。

夕方は雨のため、猫の姿は見つかりませんでした。
夜22時からも探しましたが、いませんでした。

また、猫の家か、と思われる家を訪問しましたが、全く人の気配もなく手掛かりゼロで1日目が過ぎてしまったのでした。




More
by ihibou | 2015-09-25 13:57 | | Comments(0)

記録

出掛ける前に銀行や郵便局へ行きました。海外送金が入って来ません。便利になったようで、やはり不便なところは残っています。ねえちゃんにはラーメンと秋物を送りましたが、いつも2kgを少しだけオーバーします、これも困ったことです。

イブーchan朝点滴:100
ふと上を見ると目盛りが350のところ300強しかなくて、びっくり。それから下を見ると、針が抜けていました。それから少ししたら、また針が抜けていました。いったいどこまで入れたらよいものか、分からなくなってとりあえず目盛り200に近いところまで入れました。

写真はあとで。


More
by ihibou | 2015-09-24 23:28 | | Comments(0)

右往左往

昨日、パパは餌やりさんがいたので、またTNRに戻そう、なんて言っていました。本当の餌やりさんは、雨の日も風の日も、適切な場所で餌を上げる人のことを言うので、今回の人はそこまで積極的ではないのでしょう。ですから、やはり保護するって心構えで進めます。でもお天気が、ことによると雨です。

今日の我が家
ゴマ次郎君点滴:150
前回獣医さんで患者の保護者様から「イケメン」と言われたゴマ次郎君を激写しました。これで言われるならみんなイケメン。耳が欠けました。
f0218416_18222207.jpg
こちらは鼻の高さ記録です。が、この大きさでは分からないですね、目が隠れているんですが。
f0218416_18235282.jpg
☆昨日は少なくとも我が区で2軒、ゴキが出たという怖い日でした。暑過ぎて出て来なかったゴキと蚊が今後多くなるんじゃありませんかね?ついでに申し上げると、システムトイレはゴキが隠れる絶好の場所です。そこで、頻繁にいじって、ここは安住出来る場所ではない、ということをゴキに学習してもらう必要があります。不潔極まりないです。







More
by ihibou | 2015-09-24 08:51 | | Comments(0)

覚悟をしてお帰りでした

今朝は、朝一で宅急便の予約を入れて、獣医さんへ行き、帰宅してから荷造りをしました。
結局、遊具は入れて、ベッドは止めました。バッチイ状態で確保されるわけですから、いらないタオルを多めに送り、今回の結果次第でベッドも投入します。へんなクッションもあるし、安いと買ってしまうパパの悪い癖。
ベッドを止めたのには、インベーダーにミミが拘ったからでもあります。ミミはあのベッドが好きです。自分のものは自分のもの。らしく3つとも好きみたいです。

そこで、トイレとおしっこシートとデオトイレのシート、タオル、餌を入れ、送料は3,450円でした。向こうで全部購入するより安いです。また、別の猫が出て来るかもしれないし。

只今、飼ったらいいのに、というご意見を頂きましたが、HはHでを貫きます。とか言っててうちの子になったりしますが、まあ、新幹線の耳に来る圧力等を考えるとあんまり移動させたくないです。パパは車でとも言いましたが、タクシーでほんの十数分乗っただけで、チッコは漏らす、鳴く、噛む、ですからね。まずパパが臭いでダメでしょう。高速を窓を開けて走ることになりそうです。

もう決めたことです、ちゃんとやります。

後から分かったパパのお話:
マンションに到着すると、「案の定」とオッシャイマシタが、亀が1匹水槽の縁で懸垂をしていたそうです。そして、もう1匹はいなかったそーです。それからあらゆる場所をマトリクスのようにして探したそうです。2時間とか?痕跡はトイレ部屋の中まであったそうですが、見つからないのでした。し方なく、1匹を連れて水槽を洗ったそうです。そして、何気なく排水溝を覗くと、いましたっ,というところで一件落着。多少弱っていたそうですが、命は取り留めました。

亀がいないなぁ、と思って猫はどうだろうと外へ出て下を見ると、猫もいましたが、餌を上げている人もいたそうです。これ以上は書けません。ただ、これはほんのおしるし程度のものらしく、もし捕まえた折りには、その方へはお手紙にてお断りをすることにしました。ですから、猫の方針は変わっていません。

植物は枯れなかったけれど、虫が出ていたそうです。それってあっちゃいけないのですが。

昨日の我が家
文治君が窓辺で日光浴をしていたので、外から写してみました。つまらん写真でした。
f0218416_00124901.jpg
殺気を感じてきちんと移動する文治君。
f0218416_00130102.jpg
今日の我が家
文治君の顔を撮ってみました。
お口が痛いのに我慢して食べました。終了して点眼したら怒って後ろ向きに坐っています。
f0218416_00142225.jpg
その後、高いところへ移動しました。素晴らしい跳躍力です。
f0218416_00153424.jpg
f0218416_00154740.jpg
目のところは涙ヤケです。目やにはそおっと取るのですが擦れるかも。最近右目も涙目になって来たので点眼もしています。どうということはない3枚。
f0218416_00161435.jpg
f0218416_00162510.jpg
f0218416_00163479.jpg

珍しいことですが、相次ぐ目薬で多少怒っています。












by ihibou | 2015-09-23 23:14 | | Comments(0)