<   2011年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

これこれ

亀山市、有名になっちゃうねえ。→コチラ 
『相模どうぶつ愛護の会』のブログとか『ちがさき猫まみれ』『ミケとチビの湘南海岸物語』を読んでいると、田畑あり、空き地あり、海岸あり、と、こりゃ大変だ、と思っていました。やはり、大都市という人口密集地と、そうでない土地では、犬猫事情も異なるのでしょう。ましてや三重県亀山市では、当然、人心の在り方も違うと思うので、動物愛護について説得力のある教育が必要だと思うのです。地方格差などと言いますが、こういった「ライツ」のような認識の格差は、どうしたらよいのか、気が遠くなります。しかし、かの地でも、きちんと分かっている方々もいらっしゃるわけですから、やはり、分かっていない人たちに分かってもらう努力はしなきゃね。

昨晩もやりました。
f0218416_1910232.jpg
追っかけているのは僕です。
f0218416_19104579.jpg


More
by ihibou | 2011-10-31 23:17 | | Comments(0)

身体中が痛い

昨日のイブーchanコレクション。
f0218416_8545962.jpg
f0218416_8551229.jpg
手、手が。
f0218416_8552580.jpg
f0218416_8553799.jpg
後で気付きましたが、抱き上げた後ネット入れる前に暴れてたからねぇ。
f0218416_856455.jpg

朝の日差しの中、ひしめいてもアニキと一緒にいたいゴマ次郎君。
f0218416_8562170.jpg


More
by ihibou | 2011-10-30 09:19 | | Comments(0)

昨日の驚くようなコト

☆30日日曜日は、CATNAPの譲渡会ですが、会場では、カレンダーも発売開始だそうです。→コチラ
☆パブリックコメントの集計結果 →コチラ


ここ数日、3時半をまわる頃からシンシンと冷えてきます。冷えてくるのにイブーchanが居間に戻ってこないので、変だね、とにいちゃんと話していました。このところ、朝缶詰を食べなかったり、おしっこで長いこと時間が掛かっているのかいないのか、よく分からなかったりするので、いよいよ病気になったか、と思いました。

先ほどまで日向になっていた兄ちゃん部屋のベッドに座ったままのイブーchan。そっと胴まわりを持ち上げたら、そのまま持ち上がっています。そこで、にいちゃんにネットを持ってきてもらい入れました!!!!!
22ヶ月ぶりに病院へ行けます。何か夢のようでしたね。ミミも捕まえてネットに入れて、バギー式バッグには、兄弟が入っていたので出てもらいました。そして、女子組を入れて、いざ、病院へ。ジャンジャンジャンと力強く進みました。

こういう時って、写真撮るのを全部忘れているんですよね。さらに病院ではカメラを入れた場所を忘れて、携帯で撮りまして、取り込み方が分からないので以下3枚は携帯画面をカメラで写しました。

病院にて:
f0218416_2118448.jpg
この中にふたりで入っています。私は、ミミがイブーchanと並んで座るとこんなに温かいんだ、と分かったらよいと思っていて、この日を待っていたのです。寒い日でよかった。

ミミのワクチン:
病院では、ミミからでした。凶暴化しているので、ネットから1本ずつ足を出して爪きりをしてから!!、前足では最強の唸りが出ましたので、ワクチンも首でなくお尻にしました。遂にミミは凶暴猫になってしまいました。因みに、病院での特徴欄は「その他」です。トラでもキジでもない「その他」。

次に、とても大きなワンちゃんが、待合室全員が固唾を呑む中、踊るように入って・・、出て行きましたので、ちょっと待たされてからイブーchanでした。

イブーchanの身体検査ほか:
イブーchanは、鳴きますが声が出ないので、ネットの中だし、何が何だかわかりませんが、まあ、硬くなってうずくまっていました。
・先生が右目の目元に傷があり、治ったり、また傷が開いたりしているようだ。右目はこれ以上開かないですね、と。→時々目が赤くなったり、涙目になったり、片目が小さかったりする原因が分かりました。
・耳の中が汚れている→アルコールで拭いて下さいました。指が入るところまで入れて大丈夫とのことです。
・歯は、多少奥が汚れているけれど、このお年にしてはしっかりしています。→口をこすりつけてきますが、と言いましたが、特に歯や口内の故障が原因ではないとのことでした。
f0218416_21371223.jpg

・おなかのたるみ。→触診すると、悪いものではなく全部脂肪です、って。
・その他、聴診器・触診の結果、特に悪いところは見当たらないとのことで、3種ワクチンしました。
・ついでに血液検査をお願いしました。後日FAXを頂きます。
f0218416_21362726.jpg

・おしっこは、持ってこないと分からない、とのことで、持って行くことにします。
以後、いつ捕まえられるか分かりませんから、私も先生も全部済ませようとしました。はは。
この後、診察台=体重計の方へ移って、測りました。何キロだったでしょうか?お迎えした時は3kgだったようです。


その後のみんな
帰宅直後のミミ:
居間には、異常さにウロウロする兄弟が待ち構えており、ミミは寝室へ入れました。お食事をガツガツ食べています。
f0218416_20413264.jpg
この人、3.1kgで、前回は2.9kgだったので「太った」そうです。興奮状態でカリカリに続いて缶詰も食べています。
f0218416_20434578.jpg
たぶん、体が大きくなったので、本当は痩せたんですが、体重は増えているのでしょう。やたらに動き回っています。
f0218416_20442979.jpg
やっと撮れました。
f0218416_20454715.jpg


帰宅後のイブーchan:
わりあいスッキリした感じですが、~そりゃ、耳のせいでしょう~、私を避けています。
f0218416_22271310.jpg
ぬくもりを思い出したためか、しおちゃんのところへ行って、ペロしてから、顔をシッカリ見ながら横に座りました。ところが、シャーされてしまいました。かわいそう!しかも、再挑戦しましたが、座らないで立ち去りました。がんばろうね、イブーchan。う~む、ミミではなくイブーchanの方がラムセス王子のぬくもりを思い出してしまったようです。

残っていた男子:
2名は、落ち着かない様子で居間にいました。バッグを元の位置に戻すと、早速臭いを嗅ぎに行くしおちゃん。ゴマちゃんもかぎたい、かぎたい、と後ろでモゾモゾしたら「シャー」の強烈な音がしました。
これには私も驚きました。しおちゃんが、こんな音を発するとは思っていませんでした。極度の興奮状態、とでも言いましょうか・・。この後、先ほど書いたイブーchanのぬくもり追求があったので、ホント、イブーchanお気の毒。ゴマちゃんも驚いていて、抵抗しませんでした。それに、ふたりとも決してバッグに入りません。
f0218416_22215493.jpg
どうした、しお太郎君?? ゴマちゃんは横にも座れないでドギマギしています。
f0218416_223805.jpg

by ihibou | 2011-10-29 00:15 | | Comments(2)

欠礼

さすがに一昨日の作業で魂を吸い取られたような感じで、昨日もいくつかの事務手続きがあって、27日分はお休みのままとさせて頂きます。明日また行きます。踏ん張らないと出来ないのです。それで、今日は出かけるのを止めて、色々片付けたりしていました。

さて、新庄動物病院に環境省のことが出ています。 →コチラ
みなさん我慢して書いていらっしゃる。動物レスキューの方々のストレスって凄いですよね。環境省の動物部門の役人のうち、動物が好きだという人はどのくらいいるんでしょう?好きだと耐えられないかもしれない。
ストレスをおさえていると言えば、こちらの方もそうなのですが、ご無沙汰していたらカール君が亡くなっていました。やっぱ、私はかなしい。→コチラ でも、良くして頂いてカール君は幸せでした。『おぱんつカール』 →コチラ 久しぶりに遡って見ていたら、お迎えしようと思ってノートを作ったりしていた頃を思い出しました。伯母の件とかぶったから、やはり私のところでなくてよかったんだと思いました。病気だったからあっけなかったです。


昨日から今日の我が家 ~みんな元気で長生きしろっ。
でかいゴマ次郎君。次の写真でも同じ顔つきです、ミミを睨んでいるのです。
f0218416_1554306.jpg
兄弟で注視中。
f0218416_1555756.jpg
角度を変えたらこうですが、ブレています。この同一点を見ているまなざし、迫力あります。オヤジたちの入浴中みたいでもある。
f0218416_15554783.jpg

その点、いつ登場しても微笑ましいのがこの方。
f0218416_15562981.jpg
夕暮れともなると肌寒いのでイブーchan捕獲用ネットを踏みつけて丸くなるしお太郎君。
f0218416_15573943.jpg


この後、驚くようなコトが起こりましたが、ご報告は明日にします。
by ihibou | 2011-10-28 16:11 | | Comments(0)

水曜日なのに外出

『相棒』の日は、外出しないのが賢明なのですが、行ってきました伯母の荷物整理。ねえちゃんが「行けるよ」と言ってくれて、有難く行きました。とはいえ、スーツを見たり、かばんを見たりしてからで、4時間働いて、ふたりとも立ち上がったら立ちくらみ状態でした。随分ひもでくくって、ゴミ袋に入れたので、あと伯母の押入れだけ、となりました。凄い進展です。ねえちゃんは、自分の小さい時の写真が出てきたり、この人は誰、というような確認が出来たので、とてもよかったと思います。パパのことも確認していました。そして、
「やっぱり私はママに似ている、パパには似ていない」と断言していましたが、パパに似ているのです、あはは。

帰宅は、『相棒』30分前でした。とても疲れていて、外食をする気力もなく戻ったのですが、空腹は空腹なので、薄切りと厚切り豚肉混合を焼いて、キャベツ刻んでねえちゃんの飢えを凌ぎつつ、『相棒』を見て、コマーシャルでアジのたたきを作ってまたアツアツご飯で追加給餌して、なんて感じでした。なお、帰宅すると、絨毯に3箇所ウンがありました。擦ってあるのでこれはイブーchanの床面水平移動かなぁ???

帰宅したらこんな感じでした。ミミは訴え通し。
f0218416_10125621.jpg
ゴマ次郎君は叱られると思って逃げつつも食べます。
f0218416_10132150.jpg
最近の寝場所に入ってママの追及を回避するしお太郎君。これ避難用バギー式のバッグ部分です。
f0218416_10144847.jpg
レンジたんぽを温めたら早速あごを乗せるイブーchan。「大変だったのよぉ」って?
f0218416_1016245.jpg
しおちゃんといれば安全、と飛び込むゴマちゃんですが、しおちゃんを踏みつけているんじゃないの?
f0218416_10171752.jpg


☆イブーchanを撫でると、猛烈な静電気で。それでイブーchanも逃げちゃうんだ、と気付きました。チクチクするほどなのです。どうしたらいいのかな?
by ihibou | 2011-10-26 23:58 | | Comments(0)

今日はデート

今日は、生協の年末贈答品試食会へ参加して、友人とも会ってしまうという超豪華な計画。真夏の暑さで真夏の恰好をして外出しましたが正解でした。毛糸着ていた皆さま、お見舞い申し上げます。

それで、試食会は、ツマミ食いの連続ですっかり満腹状態になりました。いやはやどれもおいしかったです。平田牧場製の加工肉いろいろ=二子玉川高島屋にレストランが出来たそうです=、海苔キムチ、おやき、きびなごの串干しと鯛の開き、干し柿色々、ロールケーキ、それにメンバーが作ってくださった「生協パイ生地にカスタードと紅玉林檎煮のせ」「ごま油入り、五目寿司の素使用のごはん」「おとうふと油揚げの味噌汁」「えのきびんづめ使用の京菜サラダ」などもおいしいのでした。

その後も、コーヒー店で粘って計4時間半喋くりました。

留守番の皆さん。イブーchanは兄ちゃん部屋の小さな座椅子にはまっていました。寝ていたので人相悪。
f0218416_20134680.jpg
ミミは、冷蔵庫の上、いつから登っていたのか・・。
f0218416_20142986.jpg
真下のタオルの影にはゴマ次郎君、この後、しお太郎君も参加しました。でまち。
f0218416_20153732.jpg
それで、ミミは寝室へ連れて行きました。
しおちゃんがミーちゃん、ミーちゃんと言って来ます。よこにぴったりの図。
f0218416_20172224.jpg
撫でながらどんな顔しているのか写したら、ギョ。嫌がっているみたいですね。
f0218416_2018153.jpg




日曜日深夜報告書:
ミミが寝室天井近くにいます。下を見ると、ゴマ次郎君が寝そべっています。それをパパに話したら、丁度寝ようとしていたので、意気揚々と寝室へ行き、ドアを閉めたそうです。ゴマちゃんは四方へ走り、出られないことを悟りお縄に。そして、パパは抱っこして裏返しておなかをチョリチョリしようとしました。「ゴマちゃんおしっこ漏らすなよ」と声掛けしたそうです。
すると、おしっこを噴水のようにしちゃって!!
パジャマ、シーツ、パッド、ベッド木製部分側面、床がまみれました。で、クタクタの中、私は洗濯でした。窓をあけて寝ました。
by ihibou | 2011-10-25 20:28 | | Comments(0)

2日続けたら

☆何だか猛烈出したくなって冒頭に追加しました。新庄さんのブログです。 →コチラ

朝起きたら、あら、おふたり。これはゴマ次郎君とですねえ。さっと写さないとふたりとも何処かへ行ってしまいます、とボケた言い訳。
f0218416_20154327.jpg


家を閉じる作業を2日続けたら、今度は私が変調を来たしました。とはいえ、「大したことはありません」と日曜日も月曜日も言われたので、大したことはないそーです。日曜日、病院へ電話をしたら救急へ回してくれたのですが、もしかしたら、同じ医師が対応したのかも、というくらい月曜日も同じ回答でした。はっはっはぁ~?

日曜日の発掘品。
f0218416_20143361.jpg
両日とも、出発が遅く、帰宅も遅いというパターンだったので、もう寝ます。日曜日の深夜大洗濯のお話は明日。

女学生イブーchan、避けられてます。
f0218416_2104330.jpg
f0218416_2105999.jpg
この後、強引に傍に寝転んだら、耳と歯のお掃除のお手伝いをさせられました。グイグイグイって。

More
by ihibou | 2011-10-24 20:42 | | Comments(0)

日曜日です

今日は日曜日です。二子玉川は、この曇天ですが頑張って里親会をやるそうです。河川敷へ行ってみてください、12時からですよ。この会では、若い、中型以上のワンちゃんも出ます。先にインターネットで写真や特徴を見ておいて、里親会で対面してから考えたらいいと思いますよ。 →コチラ ここから左上の「しっぽのなかま」をクリックしてワンニャンの一覧をご覧になると一杯よい子がいます。体重から大きさも分かります。目安としては、うちの猫は、女子が3kg、男子が5kgって感じです。個々のシェルターでの生活も「活動日記」で探すと出てきます。

「おはよございます。私の所属はCATNAPでしたが、コチラの譲渡会は来週ですのよ。あ、猫だけですよ。」
f0218416_10474179.jpg


つづかなかったです。
by ihibou | 2011-10-23 10:45 | | Comments(0)

ぬいぐるみレスキュー

土曜日分です。何とか行きたいと思った、昨夜のリゲティ歿後5周年は最高の出来だったようです。こういう日に限って行けなかった私。何してたかってぇ。

朝のうち。撫で回っていました。わきの下チョリチョリ。注:敷物は乾燥中。
f0218416_10161646.jpg
バタン。
f0218416_10172084.jpg
ま、この人は、どんな格好でもOKなのでこうして写真も撮れますが、他の人たちは、無駄な動きをすると警戒しますので、撫でている間くらいは安心タイムでないとね。

それから、ぬいぐるみレスキュー。以下、日曜日朝の撮影ですが。「ども」
f0218416_10223353.jpg
「スッキリしたけどボロボロだぁ」
f0218416_10231268.jpg
ほかにね、日本人形で『弁慶』・・、なんてレスキューしなきゃいけないのかなぁ。

いい加減なところで業者に任せる、とパパは言いますが、まだ全部見ていないのに、袋に詰めていないのに引き渡すのは、少なくとも伯母の分は袋に入れたい、と私は思ってしまいます。呼吸を少なくして、ゴム手袋、腰痛保護バンドをして中腰で黙々と働きまわったのでした。
by ihibou | 2011-10-22 23:14 | | Comments(0)

ひぃぃ~

不動のと言おうか、不滅のと言おうか、そういう『犬猫救済の輪』のブログが悲鳴を上げています。 →コチラ
置いてきた犬を保護してほしいと自治体に連絡したところ「もうやっていない」と断られた話も出ていました。どこが、どういう根拠でこのようなことにしたのでしょうか。しっかり聞きたいです。そして、捕獲器に入った猫さんたち。かわいそうに、真っ暗な中に取り残されています。救助の方々の大変さも伝わってきます。

改めて立法をしっかりするしかないと思っていますがどうでしょう?もちろん愛護法があるのに遺棄しているのが現状ですが、そもそも保護する実力・体力がないからこのようなことになっている、と考えるのは甘いでしょうか?各自治体で条例を作り体力をつける、それと犬猫は殖やさない、かな、と思っています。



☆義捐金交付先、出ています。 →コチラ エンジェルズが入っていません。アニマルエイド、犬猫救済の輪、も名前がありませんね。申請しなければもらえないということか・・。

続けてこの記事が出ていた「動物救援本部」をながめましたら、こんな問答コーナーがありました。

Q 福島原発20km圏内の被災動物についてどのような手順で保護しているのですか?
A 8月までに実施された一時帰宅の際に、飼い主さんに、それぞれの飼育動物を繋ぐか、ケージに入れておいてもらいました。その後、立ち入り許可を得ている担当者が、飼い主さんに聞いた場所に向かい、動物を収容します。収容した動物は中継基地で除染活動を行ってから飼い主さんにお渡しする、という段取りで進めていました。
幸いなことに放射能の数値は低い場合が多く、「体を拭く」「毛を刈る」などの除染措置で十分でした。9月からは引き続き、福島県の担当者が20㎞圏内に残された犬猫等の救護活動を行っています。

Q 福島原発から一定距離圏内にいる被災動物は誰が救護活動を行っているのですか?
A  警戒区域内への 立ち入りについては、内閣府及び区域内市町村の許可が必要です。そこで、許可が下りている福島県の職員、環境省より委嘱された獣医師、協力自治体の狂犬病予防員などによるチームが編成され、警戒区域内での被災動物の保護を行っています。
環境省より委嘱された獣医師の中には、どうぶつ救援本部関係者が含まれており、チームの中心的な役割を担っています。

数匹/月しか捕獲できていないことも書いたらどうでしょうね。先ほど「もうやっていない」と答えたのはどこの誰?「やっていない」の方が正しい情報なのかな?チームの中心的な役割を担っている人たちがダメなんでしょうね。

我が家。ぴったりと私に寄り添う兄弟。真にゲンキンな方々です。
f0218416_06516.jpg
でも、しお太郎君は「ミーちゃんがいないよぅ」と訴えに来るほどご執心で、
f0218416_081093.jpg
でも、この人もひっそり狙っているので、
f0218416_092267.jpg
ミーちゃんは警戒心を顕わにしています。
f0218416_0101983.jpg
でも、パパの登場で兄弟はいなくなり、腹いせにシニア食を食べるミミ、しっぽの先はチュパのために固まっています。
f0218416_012750.jpg
で、兄弟の潜伏先は、パパのベッドであるところが間が抜けています。イブーchanは逃げると寒いので、しっかり眠ってしまうしかありませんでした。レンジたんぽは放棄して、パパからより遠くで眠っています。
f0218416_0132790.jpg

by ihibou | 2011-10-21 23:23 | | Comments(0)