2016年 09月 05日 ( 1 )

暑い東京

台風の影響だか何だかで、結構な粒の雨が降っていた彼の地から戻りました。それぞれ撫でろと言っていますが、まずは腹ごしらえで、なぜかお腹がすいていました。

ゴマ次郎君の点滴と、文治君の点眼はすぐしたいですが、察知したふたりは警戒感むきだしです。変わりのあった猫はミミで、こんなに〜と両手でジェスチャーが入りましたっ〜2度も吐いたのよ、とご老人がご注進。早速抱っこして居間に入れましたが、出て行きました。たぶんベランダでよからぬ葉っぱをたべたのでしょう。様子を見ましたが普通でした。

今朝のデデッポッポ。雨が降ると親は飛んで来られないようです。
f0218416_10590911.jpg
今朝の居間。青いランプはついていましたが、クーラーが入っていなかったです。それで、ご老人が玄関で言うことには「今朝は暑くて、私は2階でクラクラしたわよ。」だそーでした。やれやれ。
f0218416_11023753.jpg
では、すまん寝に点滴を致しましょう。一日の始まり始まり〜ぃ。
f0218416_11040849.jpg

点滴が終わったら溯ります。

点滴は始まりませんでした。ちょっとだけのつもりで、文治部屋ヘ行くと、そこは、猫砂が点々とまんべんなく落ちていて、小さい方のトイレに、5種類のチッコがありました。結局、箒と掃除機で全体掃除をして、居間へ戻り、ちょっとのつもりで、テーブルの下へ首を突っ込むと、こちらは、猫砂と同じくらい、様々な食べこぼしが点々と全体的に落ちていました。で、爪研ぎもパンパン払ったりしていたら、何と、12時を過ぎました。今日は獣医さんへは寄らずに済んだのに、とんでもないことになりました。

午後は昼寝や履歴書で、はや夕刻です。が、まだ5時半前だというのに、全員が集まって来てしまいました。あなおそろしや。私ねえ、わたほろさんへも行っていないのですが。









More
by ihibou | 2016-09-05 17:27 | | Comments(0)