12月3日

あっという間に最後の日です。朝食はかなり簡素でした。美味しいものがなかったす。
この日は、ひたすら富山湾を目指して海沿いを走りました。途中、絶景スポットというのがあって下車したりしましたが、圧巻は氷見番屋街だったか、そういう名前の道の駅??があって、お魚からお菓子まで揃っていました。魚を持ち帰る気は無かったので、ジャーキーや瓶詰めなどを購入、これはことごとく失敗でした。しかし、一つだけお菓子の発見がありました。全部求肥ですぞ。
ぎんなん餅本舗おがや の ぎんなん餅です。
なんとパパの会社配り用で購入し、配られたものを持ち帰ったので私が食べて美味しいとわかったのです。後の祭りではあります。

それから宅急便を作って出して、駅へ行きました。新幹線の駅は、駅機能だけで、お土産コーナーも小さく、食堂もなく、ただ待って乗ってという場所でした。乗客も数える程しかいないので、無理もありませんが、もう少しゆっくりできる場所がないといけないす。

新橋から銀座線とか言うパパを黙らせて、山手線で帰りました。歩かないから1番疲れないコースです。行きはパパ任せにしたら、半蔵門線で大手町だったかで下車してから、延々歩きました。こう言うセンスは全くない人です。

帰宅すると、みんなが甘えてきました。まずは、トイレ内が綺麗な砂と小さな塊の砂が渾然一体となっていたので、全部振るいましたが、お食事の時間でもあったし、せっせと働いたのでした。

こうして暖かな週末を北陸で過ごしましたが、1週間後には雪や雨で寒かったわけで、スレスレ安全に行ってこられたわけでした。お米と雪山の風景、さようなら。
f0218416_16031052.jpg
どんよりした海もさようなら。この2枚は、全然知らない場所の写真ですが、多分妙高より北陸寄りのどこかです。
f0218416_16044156.jpg



by ihibou | 2018-12-03 13:10 | その他 | Comments(0)
<< 寒くなってミー猫現わる 12月2日 >>