単なる記録から通院へ

ロゼちゃんは出ていません。
11月17日人間の昼ごはん直前、ついに薄茶色い水を吐き散らしました。
マッサージは、もうこれ以上出来ない、というくらいやっています。

夜は寝る寸前、静ちゃんも掃き落としました。その辺の老人食を食べ過ぎたためです。

18日、今朝は、ロゼちゃんに通りを良くする甘くてベトベトなシロップを注射器で口に打ち込み、トイレ1〜3を掃除しました。ロフトのトイレ内でミー猫に襲われた静ちゃんは、金輪際ロフトへは行かないらしく、下のトイレ1でなさっていまして、チッコの三つ巴を処理させていただきました。つまり文ちゃんロゼちゃん静ちゃんです。

すると、トイレ3内にウンがちらっと見えたので、慌てましたが、ロゼちゃんのではなく、文ちゃんのものでした。ロゼちゃんのトイレなのに、文ちゃんが使用するようになったのですが、ウンまでするのは間違っているんじゃないか、などと思いつつ撤去作業をしたので、ロゼちゃんのチッコを処理しないで蓋を閉めてしまいました。何ごとも集中してやらないと、こんなことになります。

すると、静かに文ちゃんが私を後ろを通過していきました。「 ! 」。トイレ1を見ると水の手前の下痢です。やれやれと思うのも束の間、ピストンのような音がして、吐くようです。パパの大事な趣味置き場に吐きそうなので、お尻を持ってずらしました。すると後ずさりするのです。この動きに沿って水を吐き続け、最後の残留分はマットの上でもしそうでしたので、紙を置いて凌ぎました。全部拭きとって、消毒液で拭いて、それから下痢に砂をかぶせて、型崩れしないように掬い上げました。くー、だいぶ働いたな。


結局、夕方通院しました。昨日に続き本日も昼頃吐いたのと、ロゼちゃん自体が訴える感じで、出口がふさがっているような気がしたので、エイっと行ってしまいました。なんと、大先生がご担当で恐縮しました。「そんなじゃないなあ」とおっしゃるので内心早まったか、と思ったりしましたが、3回小さく掘り出したところ、そのあとに続いて全長10cmほどのウンがゾロゾロっと、あるいはドサドサっと、かな??出てきました。ああ、「これだったかな」と先生。それで、ロゼちゃんは、大変楽になった様子でしたから、ホッとしました。

翌日19日の写真
並んで撫でられていたみなさん。
f0218416_14030726.jpg
f0218416_14032276.jpg
入念に舐めこまれた茶々のお姿。これからは寒いと思います。
f0218416_14035067.jpg

by ihibou | 2018-11-18 23:29 | | Comments(0)
<< 通院後出ていません? 照明 >>