台風の被害記録

猫たちは、あの風の音をどう思っていたのだろうか?彼らは普通に眠っていましたので、知りたくなりましたね。
f0218416_16553630.jpg
静かちゃんです。オコタ出しましたんで、その上に乗っています。電源は入れていませんが、この間床暖房は入れましたっけ。
f0218416_17172141.jpg
ご老人ふたり。
f0218416_17190318.jpg
ミー猫です。この人もロゼちゃんと同じくらいの年齢です。
f0218416_16572053.jpg

記念にと、思わずテレビを写してしまいました。
f0218416_16564097.jpg
我が家の被害は、鉢が2つ倒れたことでした。
なんとベランダの「一人では持てないくらい重たい鉢」が倒れました。木の枝は大丈夫でしたが。この重たいのだけは避難できなかったのです。それと、クレマチスが一つだけもうフェンスに絡まっていたので放置しておいたらズタズタでした。それ以外は、まだ芽が出たてでしたから場所を移しましたから、ズタズタにはならなかったんです。が、まあ、しかし、風にやられています。
倒れた鉢のもう一つは、風の通り道にある鉢で、いつものことです。植物名ド忘れです。レモンバームに倒れかかっていたので、傷ついた葉がレモンの匂いをガンガン出していました。


クレマチスに戻ります。
アバンダンスで、何度も懲りていましたが、クレマチスは、風雨にさらされると、ダメみたいです。ツルが折れるのですが、その他にもあります。何か全体に硬くなってしまうのです。風で乾燥してしまうのかもしれませんが、みずみずしさがなくなってごわごわします。秋のクレマチスは、ほとんど望み薄かもしれません。

この件を検索しますが、話題にもなっていません。植物の関係はある意味「きれい、きれい」の世界です。病気の記事はあることはあります。が、あまり参考になりません。

あ、台風の被害に戻ります。
もう一つは、ちょっと締めにくくなっている変形窓があって、それが朝起きると開いていました。雨も入ったのかもしれませんが、乾いているのです。風が強くて乾燥したのか、雨が止んでから風で開いてしまったのか、何もかも不明ですが、びっくりしました。

あとは、道路のお掃除をしたくらいかな?緑の落ち葉は物凄かったです。どこの葉っぱかわからないのですね、いろいろ混じっていました。

今回は停電もなかったのですが、実際、被害にあった方々のことを思うと、さぞかし大変であろうと思うと同時に、今後の我が家も心配になります。

明けて猛暑日。あんまり日差しが暑いので、このあとカーテンを閉めました。この猫影は、ロゼちゃんと静ちゃんです。仲良くないのに一緒に寝ています。ロゼちゃんはお尻を洗って干して以来、この窓辺で昼寝をするようになりましたが、上り下りが大変らしいです。
f0218416_16585364.jpg
文治くんは文句を言わずに、こちらで寝てくれています。シートはなるべく敷いてもらっています。
事件:文治くんは、昨日、アジの干物の食べかすが入っているゴミ袋をシンクから咥えて床に置き、ロゼちゃんと二人で食べました。魚を焼くと、毎回猛烈に興奮しています。元飼い主さんと分けて食べていたのでしょうかね。私は絶対上げません。
f0218416_17004382.jpg




by ihibou | 2018-10-01 17:05 | | Comments(0)
<< 写真が全てPCに入りました 日常に戻る >>