朝の風景

朝食後の排泄活動が終わるとみんな寝てしまいます。
ロゼちゃんはソファに寝ていましたが、下されることも多いし、一応、ソファ下とソファ横に居場所を作りました。高いところに飛び乗ることはできないので、もっぱら床です。冷房が付くと床は寒くなるのでその場合は、ワゴン下という席も作ってあります。
もっともワゴンはいずれ処分します。

ロゼちゃんの容態:便秘は、滑りを良くするお薬を注射器で口に入れるので、時折、その辺で力んで転がしてあります。拾える硬さなので汚れないからトイレで出来なくても仕方ないと思っています。
鼻汁は涙を伴って、常に出ていますので、投薬とティッシュで拭くようにしています。その辺に撒き散らすので困っています。椅子を拭いたり大変です。
f0218416_10295301.jpg
文治くんはこの1週間涼しいので窓辺に返り咲きましたが、パパも返り咲いたので夜になると、パパのアタッシュ置き場になってしまい、平日昼間だけここに居られるのです。文ちゃんには、レンジ上、東ママデスク、ロフト階段下、など様々なところに席があります。隣は静ちゃんです。今朝は茶々がロフトに上がったようです。ロフトは灼熱の熱帯から温帯に変わりました。

文治くんの容態:
今日の午後病院を予約しました。口臭が尋常ではないのです。歩いて連れて行かなければならないかもしれません。電車内で臭うだろうと思うのです。乳母車にするかな?とても軽くなっているとはいえ、長丁場では私の体力が持たないでしょう。
いつだったか「もう亡くなる」と覚悟しましたが、亡くならないのかもしれません。ただ、お食事の量が減ってしまって、ロゼちゃんの消化器サポートとか、浜松姉妹の若猫用カリカリを盗み食べ、缶詰やパウチのスープは食べなかったりします。
f0218416_10355281.jpg
ミー猫は、ミニ四駆レースコースの箱を納戸にぶち込んだため、寝場所の多様性がなくなってきました。今朝はケージ上にいます。クーラー下、とか、浜松姉妹がいないとロフトのパパの椅子に座っています。あくびの後にシャッターを押したらしく、ここまでブサイクに写るとは。
ミー猫はロゼちゃんと同年輩ですが、まだ仔猫のような感じだし、取り立てて病んでいるところもないのです。うっかり不滅などと思い込まないように、もう中年だから気持ちは整理しておかなければなりません。
f0218416_10390034.jpg
ロフトへ行くと、茶々は起きていました。刈り込みが鮮明に写っています。
f0218416_10423136.jpg
f0218416_10424110.jpg
ポピンちゃんの部屋
片付かないものが散乱しています。カーテンを開けてベランダが見えるようにしています。ベランダが今は何もない感じです。クレマチスの鉢を全部空けて、土の入れ替えや根を減らす必要がありますが、ちょっとやる気がしなくて、シルホーサ・ジングルベルの新しい株も発注していません。猛烈に重たくて、嫌だな、もうやめようか、とか思っています。パパの木が来たから、これが伸びれば目隠しになりますし。マンションのベランダの輻射熱で下向きに伸びていた枝が、最近では上へ向かって伸び始めました。
f0218416_10445771.jpg
室内が散らかっているのだ。暗いままアップ、楽器が開けないほどものが乗っかっています。
f0218416_10495419.jpg
ぐるりと後ろを向くと、これだわ。林立する箱の中にパパの大きなオモチャが入っているのです。重たいし。
f0218416_10513955.jpg
まだまだ片付けが続きます。







B国へEMSを送ったり、船便を送ったりしているのだけれど、着きませんよー。船便には秋物が、EMSには高級塩昆布が入っていましたが、船便は6月、EMSは8/24に出したのです。ったく。手続きという手続き、ことごとく遅いそーです。
ポストの中のものが盗まれたり、学校へは送り迎え必須で、これは誘拐されないためだそうです。
次のEMSが用意されているのですが、送って良いものかどうか思案中です。料金だって高いし、早く届くように高い料金を払っているのにね。

大使館にも聞きましたが、芳しい反応はありませんでした。

by ihibou | 2018-09-13 11:05 | | Comments(0)
<< 文治くん通院 写真を撮りました >>