まさかの話

いくらケージが空いたからといって、まだ、そのケージを荷造りして寄付する気にはならないし(引越しが終わったら寄付するつもりでシェルター用のを購入していますが)、お預かりでジャガーくんとかココアくんとか玉次くんとか思わなくはないけれど、それもやはり気持ち的には盛り上がっていなくて、ぐずぐずしていると。

変なメールが入ってきて。
私としては、事務的に致しましたよ。

事務的とは、団体代表にご連絡申し上げ、会員になって、譲渡会に参加させて頂く、出なかった時は責任を持ちます、ということにしました。差し当たり、上京の予定もあるし、仔猫用の用意が何もないので、代表にお預かり頂くこともご快諾いただきました。

f0218416_17325234.jpg

ゴマがお世話になった病院は、休診日なので、別の病院へ直接連れて行き、診察・検便・レボリューションなど一通りのことをお願いし、お支払いし、獣医さんのところにお願いして置いて帰ると、夕刻、別件で代表が偶然そこへいらっしゃるとのことで、連れて帰って下さいます。ラッキーでした。しかし、代表は今日も超多忙で、その後、遠くへいらっしゃるそうです。別件というのは、難しい術後の猫を病院から連れ帰るとのことでした。はあ、私も随分図々しいことを致しました。しかし、どう考えても今日の我が家では、仔猫用のロイカナ・ウェットもないし、レボリューションもないから、どうしようもなかったわけです。

f0218416_17331422.jpg
施設の外回りをしていると、目やにで目が潰れていて、物にぶつかりながら歩いていたそーです。痩せていまして、尻尾が鍵。目やには濡らしたティッシュで拭いたそうですが、すごい目をしているとのこと。風邪ですから、今後どうなるのか不明ですね。寄生虫のこともあるだろうし。

f0218416_17370762.jpg

ったく。
私がどんどんお迎えしないと、全部パパのお迎え猫になってしまいそうです。


後日談:仔猫は病院で餌を与えても食べなかったそうです。女医さんがガッと口に突っ込んだら、餌だとわかって、そこから先はガツガツ食べ続けたそうです。なお、施設内で異臭がして、三毛猫がなくなっていたそうですが、その子どもではないか、とパパが言っていました。「明日、また2匹とかいたらどうしよう」と不安がっていました。x3ではパパのお小遣いに打撃っすからね。

もう少し写真がありそうで、入手したらここにアップします。先の姉妹より美人のキジ猫だそうです。♀ってことです。





by ihibou | 2017-07-06 17:38 | | Comments(0)
<< 保護猫の記録 何かとニュースがあることで >>