ご老人たち、そして鳩たち

17日土曜日は久能山へぶっ飛ばしました。帰路では、前方にパトが見えたので、静かにしていたところ、今回も目の前で軽自動車が捕まりまして、そのパトは、その件が終了すると、またスピードを上げて後ろから来ました。多分スピード違反をしていましたね、80のところを120以上出していました。

当初、久能山の博物館見学くらいのつもりでしたが、まず魚河岸でお昼を食べて、東海大学海洋博物館へも行ったりしました。回遊する水槽を最初に作った水族館ではないかな?久能山では、門まで階段を上ろうということになりましたが、そうして登るうちに、結局全部を登りました、ご老人が、です。これはもう、驚異的なことで、80らしき方々は登っていて、互いに黙礼していましたが、ご老人曰く「まさか十歳上とは思っていないわよ。」ってなもんで、これはもう彼女は我々より長生きしそうです。

ゴマ次郎君も、なかなかの粘りで、すでに2日間水だけですが、まだ元気です。点滴はしていますが、100だけです。貧血用の何かを時々あげていますが、嫌がるので獣医さんのご指示通りにはあげていません。点滴も、なかなか針がうまく刺さらなくて、気の毒です。
特に、15日と 16日は自らソファ下まで歩んできて、ソファに座るんだと飛び上がる構えを見せまして、抱き上げてソファにベッドを設えました。もちろんチッコの時は抱いておろしました。しかし、17日にはそれが出来なくなりまして、ケージ前の床で眠っています。18日には、いつもより大きな声で鳴きました。
f0218416_19380250.jpg

日曜日は、初めて梅雨らしく雨が降りました。ご老人宅では安い朝顔の3色鉢植えが見事に咲きました。
f0218416_16454401.jpg

f0218416_16513084.jpg

そして、冷蔵庫の壊れたものは、メーカー経由で黒猫が名人芸で運び出して行きました。こちらまで力を入れて見守りました。総計で1万円強でしたから、ホッとしました。

鳩も、トゲトゲの上に卵を産んだのが、越してきた翌日だったかで、1個→2個、1個孵化→2個目も孵化となりました。携帯写真では孵化後しか写せていません。周囲には暖めている親鳥以外に常に3羽の鳩がいますので、ここで生まれた連中かもしれません。これまで3羽が孵っています。
f0218416_16561648.jpg

f0218416_17133698.jpg
ここからの写真が18日撮影分です。2番目も卵から出てきていました。
f0218416_19182826.jpg

f0218416_19252863.jpg
親の胸の前で、かなり活発に動いています。植木には右半分にだけ水遣りをしています。
f0218416_19441621.jpg









by ihibou | 2017-06-18 16:57 | | Comments(0)
<< 1日ごと出来ることが減っていくゴマ 突然ですが、携帯の写真だけ取り... >>