ワクチン通院

今日はワクチンの日で、飼い主は朝からキンチョウ。他の用事は止めにして、午後4時に備えました。飼い主のキンチョウとは裏腹に、ふたりは良い子で、抱っこ→ネット・イン→タクシーと、何も問題なく行くことが出来ました。ただ、タクシーの運転手がここから先は知らないなんて言って、2000円近く取られましたが、こういう時って文句言えないのでしょうね。私はふたりを捕まえた後でドキドキしました、心臓悪いのかも。

病院でも細く高い声で鳴きましたが、実にかわいらしく、特に静などは若い先生に「あ、大人しい猫さんですね」と言われるほど固まって黙っていまして、でもさすがに、顔を見たら「大物ですね、動じませんね」とおっしゃっていました。

帰宅すると、デスク下へおこもりでしたが、安静なので丁度よいです。
少ししたらふたりとも別々ながら同じことをしました。その辺のにおいを嗅ぎながらウロウロと出て来たのです。なお、特に文治君と隔離する必要もないそうです。

ゴマ次郎君と文治君は、とても心配しました。行く前、文治君はキャリーの周りを巡りました。帰宅したら、それぞれの居場所からのっそり出て来て、こうでしたよ。仔猫たちは奥におこもりです。
f0218416_17551194.jpg
出て来たところ。茶々は一瞬遊びました。体重はやはり軽くて、3.15kg。
f0218416_17571156.jpg
静ちゃんは、ぶれました。嗅いでます。体重はやはり重くて、たぶん3.75kg。
f0218416_17580433.jpg
深夜の写真
昨晩は、丸一年だから、とパパが仔猫たちの写真をほしがりましたが、茶々ちゃんは一度もきちんと撮らせてくれませんでした。日付が変わったら、ベッドにいました。そのベッド、朝見たら吐いてありました。
f0218416_18011836.jpg
f0218416_18021506.jpg
f0218416_18022644.jpg
f0218416_18023525.jpg
簡単に済んで、心底よかったと思いました。

☆今日は凄いことがありました。私が「アニマルエイド」へ通うより前からシェルターにいたよい猫さん「グレマン」くんが、今日里子になったのですが、あと2匹も一緒に行くことになったらしいのです。それは「ししまる」くん、「まきだい」くんです。♂のエイズの猫さんが2匹も一緒のおうちに行けるなんて夢のようなお話です。残るは「ちよたん」くん、「町子」ちゃん、「ジョン」くん、「」くん、「ぽんず」くん、そして、私がウジウジしている「黒丸」くんです。
何かこう、胸のつかえが一部取れたような気分です。でもまだいる、と。




by ihibou | 2016-09-27 18:05 | | Comments(0)
<< 感無量で眠る 茶々ちゃん静ちゃんの記念日 >>