またゴマ次郎君

記録です。
ゴマ次郎君は、食べたり食べなかったりで、それも缶詰の日と、スープの日とあり、また吐くこともあり。トイレの方は、全く同じ量を1日に4回以上、ウンは2日に1回くらい。
明らかに座り方も変。
f0218416_23465330.jpg
こちらは、座る場所が変。文治君は自分が不潔男だという自覚が足りない。
文治君は叱ると恐縮するので、穏便に降りてもらいます。
f0218416_23455827.jpg
ゴマちゃんの周囲に散らばる猫砂。このように汚れます。砂の散らばりで、どの猫がトイレヘ行って来たか分かります。この時、ゴマ次郎君はウンをしていました。どーりでニャアニャア鳴き通しで、顔を見上げるんでした。お疲れぇ。
f0218416_00142447.jpg

今朝は、出発直前に、ミー猫の見せ物を踏みました。それから数カ所を消毒掃除しました。この時点で汗ぐしょでしたね。

点滴液が50円値上がりしたので、お酢の匂いのする点滴液を試して下さい、と獣医さんがお勧めになるので、試したところ、ちゃ〜んと、ゴマ次郎君は、点滴終了直後に吐きまして、それも連日吐くので中止、50円値上げの方を使うことにしました。















今日は、遂に、嫌だけれど、一般外来内科で、薬だけ出してもらいに行ったです。最短で10月下旬でないと診察予約が取れないそーでした。ところが、一般外来というのは、簡単にすぐ診察となり、いつもの薬を11月下旬までの分を出してくれました。11月下旬ってMRIなんですが。
ついでに売れっ子脳外科先生の予約もしました。何ともないと診察もしてもらえないのですが、一応予約を取りました。今度は、最初から別の先生にしてもらって早く帰ろうと思っています。3時間待ってから、別の先生でいいですかぁなんて言われたくないです。

それで、早く終わったのですが、注射針は誰でも出せるわけじゃなかったり、案外うるさいようでした。

それでも病院滞在は1時間くらいだったので、三越本店ヘ行きました。あの辺の再開発はまだ続いていて驚きました。三越では、使用中の鞄がくたびれて来たので同じものを購入しに行ったのですが、そもそも渋谷が再開発で、そのために店舗が無くなって、三越ヘ行ったのでした。ところが8月に撤退したそーで、マニュアル受付嬢に調べさせて、近所に東京支店があることが分かり、お江戸を歩きました。小伝馬町付近まで歩いて、そこから先は受付嬢のいい加減なお話では行きつけなくて、探し歩いてたどり着きました。

その界隈は、古き時代の風情で、店舗が入っているビル自体、取材の多い築50年だかのビルだそうでした。若い人は喜ぶけれど、私は喜ばないね。そこで調べたら、大阪にひとつだけ在庫があって、送ってもらうことにしました。これで同じ鞄が3個目です。三代目で終わりだなと思いました。

随分歩いてヘロヘロでしたが、また室町まで歩いて戻って、西利でランチ、三茶で買い物をして帰宅。そりゃ、もう、体力の限界でしたが、寝ようと思ったらミミのトイレがあまりにも臭いので、全取っ替えしました。熱湯を掛けたりするので、すっかり暑くなってしまいました。だから寝ていないのです。

写真はゲット品一部、あとはしょうもない日用品なのだった。両手にどうにもまとまらない荷物をぶら下げて帰る姿は散々でした。
それで、写真ですが、下の茶色いのは漬け物ではなくて、パイです。大阪のパイ屋さんが三茶に出店したのです。これは美味しいです。漬け物の方は、ランチでは20種類くらいの漬け物を少しずつ食べることが出来ましたが、一番美味しかったのはきゅうりでした。ながいもとたまねぎは購入定番品ということで買ったまでです。このふたつはランチでは出て来なかったです。
f0218416_00152017.jpg

美味しいと言えば、バスを降りるとわたほろ製パン店のシャッターが半分上がっていて、明日から再開だそうです。やはりご家族が疲れてしまっていて、お手伝いに行っていらしたそうです。よかったです。他店でがまんしていましたが、やはり噛んで味わうパンと言えば、わたほろさんをおいて他にないっす。
明日開店。



by ihibou | 2016-09-16 00:39 | | Comments(0)
<< ちょっと嬉しかったこと 個人保護の限界 >>