手術ふたり目

朝は、昨日と同じことをしましたが、静ちゃんなので多少気楽にでした。植物の水遣りが夏場ほど頻繁でなくとも大丈夫なので適当に済ませて、静ちゃんと出発しました。
静ちゃんひとりの時にウンも採集したので持って行けました。現地では入口付近の採集でしたので、後日ウンによる検便をお願いしますね、と獣医さんにいわれていたのです。つまりレボリューションではサナダムシは分からないのだそーです。

到着すると、茶々ちゃんの尿検査は尿が取れなくて出来なかったとのことで、あとは順調に済んでいました。でも朝ご飯は出したけど食べなかったそうです。家に着くとガツガツ食べていましたが、おかげでお薬も食べてくれました。夕方は、もうお薬を食べませんでした。

静ちゃんは、静かでしたが、体重はしっかり茶々より多くなっていて、3.3kgでした。ここまで書いたら獣医さんからお電話が入って、な、なんと今日お迎えだったんで、急遽お迎えに行きました。ぼおっとした麻酔半切れ状態の静ちゃんと帰って来ました。茶々ちゃんは歓迎して舐めたり嗅いだりしましたが、静ちゃんはさっさと最上段に上がり寝そべりました。

静ちゃんは、早速お腹の縫い目を舐めています。帰路の夜露で目が覚めてしまったのかも知れません。まだ早い時刻だけれど、幕を閉めて、なるべく早く眠ってもらいましょう。

茶々ちゃんは、トイレの奥に坐るようになっていたため、いない間にトイレを逆向きにしました。そうしたら、同じ位置に座り込んだので、そこに毛布を敷いて坐ってもらいました。あと少しでケージから出ますので、多少不自由でも我慢してもらいます。
尿検査と検便結果 静ちゃんのみですが、何もかも飼い猫みたいにきれいでした。
f0218416_00154611.jpg



ふと気が付きましたが、私は隔週で旅行気分を楽しんでいたようでした。最近つまらんです。また、病院へ連れて行くだけなのに、妙に疲れました。土曜日にアニエイへ行きたいと思っていましたが、止めそうです。特に足が疲れているのですが、これは、生田緑地登山とコンサートへヒールのブーツで行ったからみたいです。手も痛くて、これはリウマチです。寒いので少し気をつけないといけないみたいです。とはいえ、今日の暑さは何?

今日の我が家
イブーchanの歯磨き、しかし決定的瞬間は撮れませんでした。
f0218416_23013495.jpg
f0218416_23014715.jpg
骨と皮のゴマちゃん。ただしご本人はいたって元気です。
f0218416_23081111.jpg













密閉容器後日談
例の密閉容器ですが、おかずの入っていた同種容器が空になったので、もちろん洗って、それから比較をしたそうです。
すると、新たな容器は水漏れがなかったそうです。そこで、推測出来るのは、たまたま前回漏れたものは、溝にゆがみがあって漏れましたが、通常は漏れないらしい、ということなのでした。
しかし、信頼性はなくなっているので「僕はもう使いたくないなぁ」とまた言っています。やれやれ。



いずこも同じ。田舎では猫は放し飼いです。
f0218416_23150185.jpg



by ihibou | 2015-11-05 23:15 | | Comments(0)
<< 抗生剤飲まない、ハンストの人もいる 手術の記録 >>