久し振りに消えてしまいました

前置き:
日曜日の夜に更新を始めましたが、途中で消してしまいました。保存されることもあるのですが、今回はなかったです。
月曜日午後。聞いて下さい、今終わりそうなところで、ちょっと書き足して写真を取込もうとしたら勝手に画面が代わり、また消えました。ちょっとちょおっと、今度のは私のミスとは思えませんね。あ〜やだ。



今日は月曜日なので、点滴の日です。この前の点滴記録から消えたように思います。
10月30日金曜日 イブーchan点滴:100のところ130だか
ここでめげて、ゴマ次郎君は翌日送り。
10月31日土曜日 ゴマ次郎君点滴お薬入り:100のところ150だか何だか
以上「やり過ぎ」については、月曜日の目盛りから発覚したことなんですが、確かにやり過ぎましたが、こんなにオーバーしているとは思っていませんでした。前から言っていますが、点滴の袋も変で、吊るしておくと下へ貯まるみたいっす。

この半信半疑の状態で
11月2日月曜日 イブーchan点滴:100
同       ゴマ次郎君点滴 :100

看護師さんから「高いところから落とせば多少早く終わりますよ」と伺い、S字フックを1本減らしましたら、確かによく出ます。ボタボタ出ると言った感じで、これなら早く終わり、ゴマも2回の抵抗で終了でした。

点滴以外のことでは、
ゴマ次郎君が、とても痩せています、そしてミミが太り続けています。この変化が一日ごとなので驚きます。ゴマは痩せているので寒いだろうと思いますが、昨日ようやくイブーchanのオコタの上に乗りました。ここは暑いくらいです。
f0218416_00031585.jpg
イブーchanは、小規模の便秘だったようで、丁度見ている目の前でもよおし、ベッドの上でいたしました。もちろん彼女としては、直前に2回もトイレへ通っていましたが出なかったんです。かなり焦っていました。
f0218416_23563652.jpg
この間、茶々は遊びまくって敷いてあったトイレシートをズタズタにしました。遊ぶようになったのはよいことですが、解放してもこんなだと家が壊れてしまいます。いよいよ手術の週になりました。捕獲してから1ヶ月も経ってしまっていますから、ケージ閉じこめ状態で気の毒です。手術が終わったら茶々を馴らして、少しずつ時間を決めて出そうかと思います。

トイレを押し出して、トイレ裏に空間を作り、「まきびし」で遊んだり、2段目へ裏からよじ登り静ちゃんと舐めあったりしています。しっぽが長くてきれいで、よくケージからはみ出しています。
f0218416_23552443.jpg
静ちゃんはもういつでも出ておいで、という程馴れ親しんでくれています。















パパはおもちゃに充電するために帰って来たようなもので、土曜日に20kmほど出掛けました。行ったのは生田緑地なんですが、民家園に行くのは止めてバラ園へ行こうと言います。カメラの練習をひとにさせるつもりらしいです。

バラ園へ行くからといって、調べるわけでもなく、すぐ近くには立て看があって地図も描いてありますが、見に行くことすらしません、で案内にしたがって歩き始めました。その先の緑地がそうかと思ったら大間違いで、宅地に入りました。道は舗装されていますが、45度の傾きになって来ました、アルプスか。ぜいぜい言いながら登り続けるとハイキング姿の方々に出会いまして、道は合っていると思えました。その後山道風になり、それでも歩き続け下りになると、ヤバいと思いましたが、しかたない下りますとバラ園入口がありました。

この入口でカメラの講義が始まりました。入口で熱心に写すバカ、ってなもんで、入口よりもバラ園はもっと下の方に離れていました。結局ひと山だかふた山越えて来たわけです。

大変なバラの数で、これはお世話が大変だとすぐ分かりました。ボランティアでなさっているようです。そして入場料は無料。カンパの呼びかけがありましたが、こんな密やかな呼びかけで、みなさんカンパしているのかしら、と我々も帰りにほんの少ししただけでした。

色々な花がありましたが、片端から名前を忘れ、結局和名をふたつ覚えただけでした。
「天の川」
f0218416_23382978.jpg
「伊豆の踊り子」
f0218416_23401070.jpg
これは本格的な蔓バラの植え方見本のようなものでしたが、凄いです。太い枝からでた細い枝を花を残して切っちゃうわけ?この大変な作業を思っただけで、バラはやらない、と反芻しました。
f0218416_23455786.jpg
来た道を戻り駐車場へたどり着くと多少晴れて来ました。
f0218416_23333622.jpg
帰り道、防犯用の敷石を40lx2仕入れました。軽石なのに重かったです。


密閉容器顛末:ゴロゴロ(キャスター付き旅行鞄のこと)におかずを入れて持ち帰ると、本物の密閉容器からこぼれていたそうです。右側の容器は、温度で大きさが変わるらしく、蓋がスカスカの時もある信頼性のない容器です。実際、前回はこの信頼性のない容器からこぼれて、ビニール袋全体が汚れたそうです。今回は、それぞれ密閉ビニール袋に密閉容器を入れて移動したわけです。
f0218416_15453237.jpg
おつゆは溢れていましたが、密閉容器の蓋は閉じていたそうです。また、この密閉容器は、分解出来るのですが、蓋部分は、真ん中の空気抜き部品と、蓋にグルリと漏れ止めがついていたそうです。この漏れ止めをはずすと、はめ込む隙間部分にお醤油が入ってしまっていて洗っても容易に取れなかったそうです。
f0218416_15483688.jpg
因みに、中身は豚肉、玉葱、しめじの焼き肉丼用。
怒ってしまっているので「もう使いたくない」と言いますが、私は8個買って、更に5個追加注文しました。

この後、また連絡が来て、実験したそうです。そうしたら、ザアザア漏れるぞ、ということでした。結局、蓋の縁にグルリと回っている溝にパッキンが入るわけですが、蓋を閉める時、パッキンの一部が外れるので、そこからザアザア出るそうです。パッキンを付けただけ罪深くなってしまっているわけです。
私も実験してみて、確認出来たら売り場か消費者XXに持ち込みます。半端ない資金投入しているからです。








by ihibou | 2015-11-02 23:01 | | Comments(0)
<< 今日はコンサートだった ゴマちゃん通院 >>