雨の後

雨の後、しお太郎君とくーちゃんのいるところを確認して、頂いたお花もお供えました。外置きはもったいないので、本日だけです。

イブーchanの場合、しお太郎君に関しては、呼び声が大きくなっています。3段重ねのベッド付近で鳴く時は呼んでいるのだろうと思います。オコタの中でも小声で鳴きます。

f0218416_00225430.jpg
温かくなったことも加味しなければなりませんが、イブーchanのしばらくやまっていた寝そべりからの撫でて〜、そこから伸びをする、というパターンが復活しました。薬は食べませんが、ウンが時折1個出ています。オブラートは買いましたが未使用です。
f0218416_00243418.jpg

ゴマ次郎君は、ねえちゃん部屋へ行くなど行動的ですが、探すよりむしろ大変高くか細い声で甘えるようになり、片や、噛み癖はそのままなので気をつけようっと。ゴマちゃんもかなりの便秘、あるいは食欲不振でしたが、ようやく通常のウンが出ました。
f0218416_00253930.jpg
ですから、やはり、シニアふたりは大きな影響を受けていたんですね。

ミミは、「しおちゃんは亡くなったのよ」と言い聞かせていますが、「しおちゃん」と言っただけでガブッと噛んで来ます。
f0218416_00263750.jpg
パパによると「しおは最初すり寄ってきていたけれども、途中から来なくなったんだぞ」「ぶー、おまえはおとなしいなぁ、抱いても逃げないよなぁ」逃げられないだけです。
f0218416_00283921.jpg


今日は怒濤の前の週なので、ご老人を見舞い、午後はコンサートです。Moreへ。




ベベの生演奏鑑賞:

今日はご老人のお見舞いを午前中にぐ〜っと圧縮させて、13時に帰路へ、13時40分帰宅、生協搬入、14時出発という感じでコンサートへ行きました。途中ベベママから駅のホームで待っているよと電話が入り、合流し、ギリギリで会場に到着しました。防音部屋を心配しましたが、入室しても特に泣かず、演奏と同時にミルクを飲み始めました。

演目はベベ向きだったのです。
モツのソナタ in B KV570 ロンド in D KV485 ソナタ in D KV284 ソナタ 
in A KV331 ソナタ in G KV283 ソナタ in D KV576 

最初の曲は全楽章ミルク。次はママのお膝で向かい合って。次はピアノの方を向いてお膝。休憩。後半は冒頭がトルコ付きだったので、第1楽章から優しい感じでよいよい、第2楽章がますますよくて、途中から眠りました。ところがトルコになったら「は」と両手を広げて挙げて、目も開けましましたが、ひとしきりしたらまた眠りました。

この短時間睡眠で、スッキリハッキリしたらしく、次のKV283が始まると「ブリッ」というか「バッ」というような大きな音がして、ママの顔が歪みまして、即退出。悪臭を防ぐためでした。それでトイレでお色直し、最後の曲の途中でまた入ってきまして、特に騒ぐ様子もなく、また坐っていました。

全く泣かなかったのはなによりでした。特に反応がよかったわけではなく、むしろ反応はなかったという外観でした。ただ、耳では聞いていたらしく、いつもとは違う、あまりキョロキョロしない、集中が出来ているような感じはしました。

以上、演奏者のご快諾のもと、聴衆のご理解のもと、実現しました。
将来あちらへ引っ越すと「ラ・Xォル・Xュルネ」の本場が近いですよね、とか、あの辺にはそこらじゅうに名(楽)器があります、とかお話を伺えました。あちらでは、どうせピアノを買うなら、モダンではない古い鍵盤楽器を購入してほしいですが、ま、ワタシの子ではないから。趣味でクラヴィコードをなんていいな。
 

by ihibou | 2014-03-14 23:48 | | Comments(0)
<< イブー嬢お食事中 アニエイ 2014年3月11日... >>