アニエイ 12月25日2/3

すみません、相変わらず手が痛くて、キーボード片手打ちです。養生部屋の様子はコチラからどうぞ。

アニエイ、ルーム1⃣=大部屋です。哲也君、じゅうべい君たちがいなくなったので、「シロー」君が出張りました。大部屋を終わった後で柴子さんから「誰がいなくなったでしょう」と言われましたが、分からなかったんです。そしたら、「酒井」君が部屋を移動していて、それで「シロー」君が目立ったんですね。「シロー」君は、写真写りだとこうなる傾向ですが、
f0218416_1330434.jpg
ほんとはこんなで良い子です。確かにつり目ではあるけど、優しい子です。
f0218416_13254526.jpg

茶猫さんが減り、でもそんなことにはお構いなく「みのる」君はこんな格好で期待していました。
f0218416_1332341.jpg
具合が悪いので撮影可能となった「チャーリー」君。こちらもつり目気味です。
f0218416_13335662.jpg

ま、ちょっとしたコラボ。下から、「シロー」君、「みのる」君、「文治」君、「小金治」君。
f0218416_1335264.jpg


この時、後ろにいたのが、こちらの白黒猫さんたちでした。
f0218416_1338416.jpg
みるお」君。珍しく眠っていなかったんです。
f0218416_13391838.jpg
幸村」君、「」君。いいなぁ。
f0218416_13401085.jpg
寝ているひとたちで、珍しいところは、「千春」君。
f0218416_1739860.jpg
小豆」ちゃん。この日はウロウロしていました。
f0218416_17383442.jpg
起きている人たちでは、久しぶりの「豆腐」ちゃん。目が強烈なので閉じたら、かわいい。
f0218416_17403450.jpg
そして、ケージから出られたけれど、未だにひとりでいる「幹久」君。お友達を作ろうね。
f0218416_17425190.jpg


もう少しありますが、明日にします。






病院関係:
昨日朝から
痛かった膝は、アニエイから帰る頃には歩ける程度に治りまして、膝をついて立ち上がるのは大変という程度でした。なんと、お餅を受け取る日だったので、我慢して運びまして、何とか我が家に帰り着きました。
昨夜
手の甲に関しては、寝る頃から痛くなり、夜中の2時35分、ついに意を決して居間へ行きました。それで検索すると、骨折なら副木で固定とあるので、やりました。包帯の上から冷えピタを貼って寝転びましたが、痛くてねむれない。ミミはすっかり足も手も伸ばして熟睡でした。
今朝
やはり痛いので、ゴミ出し、兄ちゃん引っ越しのため起こし、残っていたスパゲティを食べてもらい、私は病院へ。風邪も治っていないので、整形外科と耳鼻科、それぞれの薬局、生協支払い、名医に先週のホルモン検査結果を電話で聞く、なんてことが一度に来ました。病身で寒風吹きすさぶ中、どんだけ歩き回ったことか。
結果
膝は、軟骨が減っている、その他若干の危惧あり。
手は、特に折れていないので、血液検査で、他の病気も調べて「異常なし」となりました。2本の腕の骨の最終地点で、ずれがあると言われましたが、そんなことでは腫れたり、痛くなったりしない、とのこと。
名医にもお電話しました。曰く、確かに症状は現れていなくても、数値的には立派に不足しているから、この際、皮下注射をしてみて、好転すれば続ける、変化が見られなければ止めたらどう?とのこと。やれやれ、何だか規則正しい生活を強いられそうです。
でもね、元気になるのはよいことか、とは思います。

ここで、重篤な状況に陥って、投薬数日でけろりと治った先輩に電話をしたら、なんと、私の手の甲の症状は「まさにそれよっ」と言われました。痛さまで分かってくれる人がいてよかったです。これで、正月明けの病院は決まり、ということになりました。先輩の場合、判明するまで、整形のレントゲンから始まり、膠原病、リュウマチ、パーキンソン、とあらゆる検査をしたそうです。お気の毒でした。
by ihibou | 2012-12-26 23:26 | 保護活動見学など | Comments(0)
<< アニエイ 12月25日3/3 アニエイ 12月25日1/3 ... >>