穴場ではなく花場=野反湖

☆アニマルエイドは動画祭りで、出演猫多数。確かに動くと感じが違って見えます。どの子もよい子です。里親様が見つかりません。 →コチラ

今日の我が家。
冷房工事が昼食時に2時間ほど掛かりまして、もう食生活がメチャクチャです。すでに暑いのを我慢する習慣が出来てしまって、寒くて寒くて。
受難のシニア猫様方。工事の方々が行き交う中、がまんしているイブーchan。
f0218416_21182482.jpg
工事の人がいなくなるとシニア全員が出て来て偵察します。
f0218416_21192648.jpg
f0218416_21194394.jpg
こちらは夕食後、出てきた兄弟。
f0218416_21202848.jpg
f0218416_21204982.jpg


Moreに花の写真があります。










14日は到着すると曇っていて、既に大雨が降った後らしかったです。もう収容できる限りのお客様を収容しているといった風情でしたが、こちらも割り切っていたので何が起こってもシーンとしていました。それにしてもマナーの悪い連中だ、とは思いました。
夕刻でしたが、川の再発見をしました。これ私的なので後日。

15日は、霧がかかり「こりゃだめだ」という1日。
f0218416_9521915.jpg
昨日の探検で疲れていたので、午前中、野反湖へ行き、午後はお休み、私は勉強が捗りましたが、ちょっと読むと眠るんだね~、これが。で、また起きてちょっとやると目が眠ります。

白根山方面は、絶望的だったので、別の道を行きました。結構狭くて、誰もいなくて、一部ぶっ飛ばしました。途中で止まってみたら、すでにこんな感じで感激。青い花は「ツユクサ」。黄色いのが「キンミズキ」、この花は、ポツリポツリとしか咲いていなくて、でも目を引きました。
f0218416_9552617.jpg
野反湖近くでは、もやったり、1分くらい降ったりして、パラパラの観光客は、入口で地図だけ見て帰ります。ちょっと見はこうです。
f0218416_9585899.jpg
そこを粘るわけです。少々散歩コースを入ると天国のような情景でした。誰も来ないし。じっと見ればこうよ。ここには、アザミが写っていますが、「ノアザミ」にしては大きくて、でも「オニアザミ」は下を向いて咲くので違いますよね。真ん中の黄色いのは「ミヤマノキリンソウ」らしいです。菊のような花は、一面に咲いていましたが「ハコネギク」です。
f0218416_100433.jpg

じゃ、続きます。「オオバギボウシ」なんと山菜の「ウルイ」のことだそうです。でもちょっと小さくなると「コバギボウシ」で、白い花だと「シロバナコバギボウシ」なんて言います。白も紫もあるっつーことで勘弁して欲しいです。
f0218416_104547.jpg
釣鐘のような花は「ハクサンシャジン」。ピンクの花は「ハクサンフウロ」。
f0218416_1044373.jpg
このピンクが「シモツケ」かどうか不明。
f0218416_1052611.jpg
この白いのは「ヤマハハコ」です。ここでも1本だけ「キンミズキ」が咲いています。
f0218416_1073475.jpg
因みに、この日の気温は、行きが途中の道路標示で23度、帰りが24度でした。晴れた日にこれらの花を見てきれいかどうかは不明です。

道を戻って車に乗り、湖畔を走ると、岸に行ける場所があって傘を持って外へ出ました。暫く下って振り返ったら、こう。
f0218416_10185640.jpg
花は多くないけれど、立派なのが多かったです。「ヨツバヒヨドリ」
f0218416_102014100.jpg
「ヤマハハコ」は、きれいですが、葉が力強すぎてギョッとします。
f0218416_10205262.jpg
「ヨツバヒヨドリ」
f0218416_10212980.jpg
基本は熊笹なんです。
f0218416_1022282.jpg
右「オンタデ」左「ウスユキソウ」?  「ヤマハハコ」
f0218416_10241846.jpg
これは遠かったのですが、壮観。「ホザキシモツケ」ではないかと思います。え~、でもそうだとしたら、絶滅危惧種II類ですって、じゃ、違うかな。
f0218416_10245393.jpg
釣り客と不審人物。きたない石が散乱するつまらん岸辺でした、人造湖かな?
f0218416_1023297.jpg
駐車スペースへ戻りました。この木が湖畔全域で花を咲かせていまして、白樺も植樹されています。
f0218416_1032044.jpg
振り返ると、わっ、霧が一瞬晴れました!!島があるんです。
f0218416_1027984.jpg

by ihibou | 2012-08-17 23:40 | | Comments(0)
<< ゴマちゃんのご利益 帰りました 正解だった渋滞回避作戦 >>