免疫のない豚

じゃん、イブーchanからです。「あん」と言って触れと要求しています。
f0218416_026376.jpg
ここを開ける前に、エキサイトが作ったニュース・コーナーを通過するので、目立つ題目だと見てしまう。今日は、「免疫のない豚」でした。そういう豚を作って新薬開発に使うそうです。なぜ気になったかというと、例の「愛護法改正」の作業が進んでいるようけれど、実験動物の項目はなくしてしまったらしい、それは、医学系からの圧力だそうで、この分野に口出しは無用、ということらしい。作った豚は、豚の形をした実験器具ということか。ま、ある種この方々も使命感に燃えて仕事をしているのでしょうが。
f0218416_0261798.jpg


アニエイの里親募集の読者のブログへ行ってみたけれど、全く・・、新たなブログを見るたびに、また新たな知らない世界が広がるので、昔とは違うことに気付かされます。 →コチラ 雨の中のアニエイ給餌には絶句しました。行ってくださっている方々の精神状態が気になってしまう、どうか崩れないように。放射線量も気になっていて、死んじゃったら何も出来なくなるのですから、検査をして欲しい。
「検査して欲しいです」
f0218416_0263439.jpg


NHKニュースによると、新潟の河川敷で、農業高校の学生の協力で、ヤギと羊を放って河川敷の草を食べてもらったそうです。本当にあるんだ、と思いました。犬の散歩をして犬の臭いが付くと、田畑に出没する野生動物の押さえになる、という話も聞いたことがあります。何かと細かい作業ですが、何か出来そうな気がしますねえ。行き場のないのは、犬猫だけではなく失業している方々もいますよねえ。何でうまくコーディネイト出来ないのかしら?
f0218416_0265029.jpg


今日の我が家。何度か出掛けて、帰宅したら、ミミは、天井近く。
f0218416_027594.jpg
下を見ると兄弟が休んでいました。しお太郎君はさっさと退場しましたが、ゴマ次郎君は、その後もずっといました。
f0218416_0273299.jpg

ミミの全体、非常に明るいところで写しまして、毛の色がお分かりいただけるかと思います。明る過ぎてシラッちゃけていますが。こんなですから、獣医さんでは「その他」になってしまいました。
f0218416_029173.jpg

by ihibou | 2012-06-14 23:59 | | Comments(0)
<< 朝から3人分 ゴム草履事故再来 >>