近所の猫

近所は近所でも向こうの近所です。もう離れるという頃になると、猫に会うものなんです。


ともかく、ご老人は「するな」というのに荷造りをし続け、まだねえちゃんがいるうちに大きなお皿は全部しまってしまいまして、そういう荷造りがしてあるものを、またほどいたり、他へ運んだりするものですから、簡単に2日で終わるところを、延々と8月からやっていました。しかし、ついに本番間近かなので、今は1日、数往復しているんです。ヘトヘトです。

1日に上京し、自宅に注文しておいたベッドを入れ、ねえちゃんは船便を作り、その足で成田のホテルへ、そこで車で来たにいちゃんと合流。2日にねえちゃんを送り出した後、にいちゃんの車で自宅へ戻り、建築会社から家の引き渡しをして頂き、終了後品川から戻りました。

3日からは仮住まいの引越し準備でした。

9月4日、この日だけサビ猫さんに何度も会いました。
朝。
f0218416_14593664.jpg

夕方。拡大。可愛いんですヨゥ。
f0218416_14512533.jpg
サビですが、顔は疥癬ですかね。
f0218416_14520141.jpg
この付近はみんな桜耳です。「猫とくらす会」のご尽力と思われます。この猫さんとはこれでもう会えないのです。
f0218416_14535227.jpg

9月6日早朝、東京へ行く道すがら。浜松猫捕獲に当たって、お話ししたお家の外猫さん。もうあなたともあんまり会えないよね。
f0218416_14571447.jpg

6日に自宅階下の荷物を階上へ運ぶ、という室内作業をするため、朝一の新幹線で上京し、11時から引越し屋さんも来てくれて運び上げ続けました。この日は、荷物毎、どこへ運ぶか指示する役をしました。
翌7日は、自分の病院巡りでしたが、血液検査に疲労困憊の影響ってあったんだろうか。病院を2つ回ったら時間が余ったので、美容院へ寄りご好意に甘えて30分でカットしてもらい、自宅近所の薬局へ処方箋を出してから、品川で新幹線に飛び乗りました。薬が特殊なので、いつもの薬局でお願いするのが一番よいわけでした。


# by ihibou | 2017-09-06 14:43 | | Comments(0)

その後

猫たちは、ストレスを抱えながらも元気です。特に、茶々はこの間もちょっとだけフリーをやったし、ミミも私が眠ってしまって、夢の中でケージに入れたらしく、朝方フリーで私の上に乗って眠っていました。

f0218416_08030687.jpg

f0218416_08034350.jpg


文治くんは身づくろいのし過ぎか、あるいは皮膚病か、で身体の側面を見ると、白くなっています。毛を嘗め尽くしたんですね。ダイエットが進んでいることは確認できました。布袋様とか萬福寺とか言われていましたが、多少引っ込んでしぼんで垂れ下がりましたね。名誉のために写真は出しません。以上は8月29日撮影。

ここからは9月8日の記述らしいです。
こうして日が経ち、いよいよ私自身明日が出発となりました。これからマンションのものをアパートに運び、多分3往復、それからご老人をこちらへ移動させます。あちらからは生物がどんだけ来るのか。今夜はここに泊まってもらいます。

すべての無事を、猫の脱走とご老人の異変がないように、祈るばかりです。

ねえちゃんたちは、1週間ほど前に、一家の盛大な見送りを受けて成田から直行便で帰りました。反抗期のチビは、それはもう大変だったそうです。子連れが多くて、ベッド付きの席は入手できなかったそーです。どこかの公務員が入手できたのかもしれません。それで、我が家のギャングは、直前まで遊ばせたら、ロビーでの待ち時間に眠ってしまったそーです。

この辺の空いてしまった日々については、手持ちの写真を整理する関係で、後日アップします。ここが閉じてしまったら、記録がなくなり、記憶も消し飛んでしまいます。

ここで一つお菓子の情報:
新幹線に乗る前に眺める売り場に、クッキーが登場しました。我慢している手が写りこみました。8月26日撮影。
f0218416_07583423.jpg
これは綺麗で美味しいです。どのくらい美味しいかと言われると、比較する余裕が今はありません。近々、これはと思うものを買い集めて比較してみます。
「これは大人の食べ物だけれど、赤と白だけは食べさせてもらいます、そして車内では騒ぎません」、と誓ったところ?違った?。
f0218416_07595632.jpg



# by ihibou | 2017-08-29 08:07 | | Comments(0)

行き当たりばったりな日々

ご老人の件では、一緒に住んだ方が良いのではないか、とパパに言われたりして、私はひょっとして楽観的なのだろうか、と思ったりしましたが、泊まりに行きませんでした。あと数日でねえちゃんが帰ってくるし、と思いました。
おっかなびっくりで早朝ゴミ捨て代行などしましたが、東京の私の病院へは即相談をしました。

f0218416_23551508.jpg

ご老人の病気は、よくある事例で、ただ人によっては難しかったり、色々なようです。結局見てみなければわかりません、火金なら外来も見ます、とのことでした。夜中になってスケジュール表を作成してみたところ、火金ごとに何か用事があるのでした。そして、最適な金曜日は今日だ、と思ったのが25日の朝6時くらいでしたか。早速JRのEXを見ると、何とか2連の空席もありそうなので、ご老人に電話、彼女も行っておきたいと言うので、8:10を予約し、タクシーを呼んで7:45に発動しました。

ご老人宅へ迎えに行くと、魔法瓶にお湯を入れて、お茶を飲もうとしていたので、「これこれ」という感じで、玄関へ急がせ、タクシーで10分前に到着、普段はエスカレーターのところをエレベーターでホームへ向かい、何とか軽食とお茶もゲットし新幹線に乗りました。それこそ、駅前に買い物に出るような出で立ちです。

東京駅まで行って、八重洲口からタクシーで病院へ、昨夜は「明日お願いします」などと言っていなかったので、先生もびっくりだったようですが、CTを撮ってからお話をしました。頭蓋骨に穴を開けるのは、部分麻酔をするのでご老人にはオススメしないし、第一、麻酔をしても痛いんですよ、なんてお話で、ほぼ手術はしない方向で、現行の漢方薬を飲みながら、経過観察となりました。

f0218416_23562102.jpg

終了は12:30くらいだったので、例の院内食堂で冷やし中華を食べて、「あらおいしいじゃない」なんてことで帰りました。美容院に寄るかな、と言ってみましたが、静かに帰る、とのことでした。

というわけで、ご老人は充分元気です。

大失敗はその後に起こりました。気が緩んだため、翌週初めに出す粗大ゴミを出し忘れ、後から出してみましたが、見事大きなスーツケースとボロい木の椅子が残りました。布団だけは、欲しい人が持ち帰ったようでした。クリーニングしてありましたけどね、外人臭が残っているという代物でした。ちょっとみわからないものね。

写真は渥美半島です。両側が海ですが、片方は工業地帯、片方はのどかな田園風景です。それと、この道路周辺は、メロンとうなぎの生産地らしかったです。メロンは安くてゲット。嘘みたいに安いです。ご老人の大好物ですから。



# by ihibou | 2017-08-25 23:27 | その他 | Comments(0)

どーんどん日が過ぎて

ねえちゃんがいなくなって、ほっと一息ついて、やっていなかった用事を済ませた頃、また次の難題が勃発しました。
でも、まずは2人乗り用に3人と子どもも乗って過ごしていたので、カッキリ2人乗りの方を動かそうと日曜日は渥美半島へ繰り出しました。もう岬なんか目指しません、遠すぎます。おいしい天丼屋さんを思い出したので、そこを目指しました。正確には丼屋さんですから、私は海鮮丼にしました。また、自家製シロップの氷もあるので頼みました。ただし、私はこの自家製シロップが気に入らないので、パチパチの入ったブルーにしました。パチパチとは小さなラムネの粒のことでした。

f0218416_23325336.jpg


では、話を戻して大騒動を、否、その前に、留守宅のゴキブリ騒動からです。
到着した日に入浴しようとしたら、ゴキが出てしまって、しかも殺虫剤をかけ損じたらしく、どこかへ逃げてしまったとのこと。即、知人に安いホテルはないか、と電話したそうです。ネット環境も悪くて、電話も特殊なので、結構大変そうです。

昼間に物陰を無くしてから入浴したら、と提案しました。寒い地域へ引っ越したのでゴキを見なかったそうで、大きいし恐怖におののいたそうです。

翌朝は大丈夫で、なんとか難を逃れ、同時に薬物を調べて、最適な薬を購入したようです。また、翌日には、すべての養生用ビニールを取り外したので、階下もすっきりしたそうです。そしてぇ、廊下のビニールを外したら、ゴキの液状糞が現れ、同じものが脱衣所にもあって、大工さんも手伝ってくれて、二人で掃除したそうです。二人でよかったんです。一人じゃ、卒倒していますよ、きっと。

こうして二つの巣を掃除したことで、その後の生活は快適になったそうです。やれっやれ。

f0218416_23334599.jpg

では、ゴキの話は終了して、次の難題へ。
なんとご老人とお昼を食べようとしたら、手が固まってしまってスプーンも持てなくなりました。そこで口へ入れて上げたのです。食欲はあってがっぽがっぽと食べました。食べさせながら、少ない知識で脳梗塞かよ、とか思いました。

この日はご老人の携帯が壊れてしまって、直すか、買い換えるかという日でした。そこで急遽電話屋へ急ぎ、順番を待ちながら相談すると、壊れていませんでした。みんなにもみてもらって「壊れた」と断定しましたが、壊れていなかった、操作ミスだけだったのです。それにしても、ご老人にとっての携帯は、関係ないボタンを触ってしまうため、とても使いにくいものと言えます。なければ不便だし、困ったものです。

f0218416_23350928.jpg

帰宅して、ともかく寝かせようとしましたが、手は治っていました。朝早く起きすぎたから具合が悪いとか言いますから、問答無用で寝てもらいました。でも起きたようでしたね。病院へは行きたかったのですが、そういう感じではなかったので、帰宅したわけです。
翌日、病院へ行きまして、内科、次に脳外科でした。というのは、内科でCTを撮ったところ影があって、これは転んだ時に頭を打ったためにできた出血だと言われたからです。
脳下へ行くと、薬で消える人もいるが、消えなかった場合は、頭蓋骨に穴を開けて血を取るというのです。入院が2週間、ご高齢なので何か他にも出ると3週間なんて言います。
とりあえず、漢方薬の薬を1週間飲むことになりました。漢方薬は食前の空腹時に飲むと効きが良いそーですが、食い意地が張っているせいか、いつも食中に気づき後の祭りなんです。

f0218416_23410899.jpg

この件を家族にメールしたら、一様にぶったまげて一大事となりましたが、私は間近で本人を見ているので、大丈夫などと思ってしまっていました。



# by ihibou | 2017-08-23 23:38 | その他 | Comments(0)

いよいよ最終日

ようやく、通勤日となり、休暇中の数日の記録を追加しました。(8/21)

パパの休暇中、ねえちゃんはこちらに止まってくれましたが、実は東京に行きたくて、土曜日から行くことにしていたので、今日が最終日でした。何をしたいかを聞いたら、うな茶漬けと湖の海水浴でした。

海苔付いてます。
f0218416_09535044.jpg
湖でもいろいろなところがあって、パパは飽きっぽいので同じところへ行きません。今日も暑い。橋を渡っているのですが、欄干が邪魔で良く見えないのです。
f0218416_09551500.jpg
こちらは別の場所ですが、なんだか向こう岸が蜃気楼のようです。
f0218416_09574329.jpg

ほんの数人が岸に降り立っている場所を通り過ぎたので、そこへ行きたいとねえちゃんが言って、かなり珍しいケースと言えますが、パパが努力してくれました。
え〜、降りられるのぉ、という感じでしたが、
f0218416_09593929.jpg
ここでしたね。水の中に人がいます。浅いということですね。
f0218416_10004556.jpg
f0218416_10033317.jpg
もうさっさと降りています。
f0218416_10055570.jpg
ワンと一緒でした。岸にはわかめみたいなものがチャプチャプしています。
f0218416_10112946.jpg

そしてまたヤドカリを見つけました。
f0218416_10075721.jpg
本当に珍しいことなのですが、パパが車を回してくれていたので、十数分にて終了し、目的達成にて帰路につきました。後部座席は熟睡でした。この2人乗りに4人乗りした休日は終了しました。

翌日ねえちゃんは一人子連れで新幹線に乗りました。到着すると大きなゴキが2匹も出迎えたそーです。
戻ったら、一体どうやって駆虫をするのだろうか?



# by ihibou | 2017-08-19 09:50 | その他 | Comments(0)