経緯4 里親を決心するまで

インターネットでの猫探しと書きましたが、1番最初は、「いつでも里親募集中」を見ました。まず、数の多さに驚愕しつつ、関東を見ていました。あまりの数でしたから、他の地域までは手が回りませんでした。ひとしきりしてから、犬を見ますと、猫の1/3です。猫は多い!しかも、9割は仔猫です(これは夏の話です)。

何度も眺めるので、「あ、この子」とか判別がつくようになりました。また、個人ではなく、団体で出している猫さんがいることも分り、数箇所の団体のブログへも行くようになりました。10歳以上に限っていたので、まとめると30頭ほど。過去にオスで苦労したのでなんとなくメスに限るとさらにしぼれ、暗記しました。

この時、1団体で数頭のシニア猫さんが出ていたのが、CATNAPでした。
どの猫さんもよかったのですが、ヨーコchanは、傷の場所が名前になっているので印象的でした。一体どんな事故にあったのだろうか、と思いました。かなり早い時期、9月でしたか、思い切って譲渡会へ行って見たくなりまして、行きました。

うちからは、都内を縦断する場所で、毎月月末に譲渡会はあります。遅刻して、みなさん仕舞っていらっしゃるところでした。ヨーコchanには会えて、大きさが分りました。触らせていただいて、感触も分りました。預かりさんも分りました。この一目お目にかかっておいたことで、この後は、現実的になれたと思います。

以上は「軽く決心」の段階です。その後、本当に大丈夫か、という自問自答期間があります。これを経て「重い決心」を通過。それでも、家族の動向や、部屋の間取りなど、難問続きで、年末にようやく申し込みました。
f0218416_10263274.jpg


なお、重い決心までの間は、特に頻繁にヨーコchanのブログを眺めました。そして、知りたいことは質問しました。毎日更新して下さるので、毎日会えて、毎日想像することができました。nojinyanさんには感謝しています。
# by ihibou | 2010-03-01 13:09 | 経緯など | Comments(0)

経緯3 名前

私は、約1年インターネットで黙々と猫探しをしていました。自分の年齢から考えて、シニア猫さんでないと責任が持てません。これは、案外幸いしました。シニア猫さんの里親募集は極端に少ないからです。1800件中30件という感じでしたよ。悲しいけれど、募集すらされない、という言い方も出来ます。

私の中では「ヨーコchan」「ヨーコchan」とお題目を唱えていましたので、ヨーコchanという名前を変えることは容易ではなく、今でも間違えていて「ヨーコchan、イブーchan」などと呼びかけています。

お届け後、わざわざお送りくださった獣医さんの記録を拝見すると、初回の受診時の名前は「ヨコヨコ」とあります。預かりさんnojinyanさんのブログでは「ヨーコchan」、このchanは、nojinyanさんの専売特許です。この「ヨコ」の由来は、横腹に大きな傷跡があるからで、実際、今でも陥没していて痛々しいです。今では安心して触らせてくれますが、ご本猫も気にしているようです。

こういう由来なので、CATNAP統括のかにさんも預かりさんnojinyanさんも、「新しいお名前を」と仰って下さいました。が、私の中では固定していたし、家族には、ヨーコchanと紹介していました。隠れて動かない鳴かないヨーコchanしか見ていないので、決めにくかったです。それでも、うさぎさんふくろうさんに似ている、ということになり、1月終わりには「イブーchan」と決まりました。

イブーはふくろうのフランス語で、現地人と対等にフランス語の言葉遊びを楽しめる、という程堪能な方に「hibouはイブーと発音する」ということも確かめました。うー、洋風でなかなか似合った名前です。最近、パパは「007のMに似ているぞ名前を変えるか」なんて言っています。変えるもんか。

f0218416_10304477.jpg
近所で購入した苗ですが、昨年からずっと咲き続けてくれています。
# by ihibou | 2010-02-28 12:18 | 経緯など | Comments(0)

経緯2 ケージの扉を開けたら・・

1月11日のトライアル開始から1週間、新しい猫さんはケージ内で過ごしました。
翌朝、ケージをのぞくと、ベッドもフリースも落ちていて、水がこぼれていました。大急ぎで片付けましたが、今後も落下事故は起こりうると思い、ベッドを下に置きました。
ご覧ください、気の毒な住環境です。
f0218416_10595316.jpg



写真は、1月17日トライアル1週間後の写真なので、ケージの扉が開いています。イブーchanはしきりに出たがっていましたが、CATNAPからアドバイスを頂き、先住猫のために1週間はケージの扉を閉めていました。扉を開けたら、ミミったら図々しくケージの中へ入ってしまいます。あまり見たくない図でした。
f0218416_11304181.jpg

それでも、イブーchanはぐっすり眠ってくれていました。
f0218416_11331113.jpg


1月22日朝見ると、何かが起こったようです。ケージ内水だらけで、イブーchanはソファの下にいました。出てこないので、行火を入れました。結局、このあとソファ下がイブーchanの棲家となりました。
f0218416_11355583.jpg


まとめます
1月11日トライアル開始。ケージ2階で眠る
1月12日ベッドが落ちたので、ケージ1階で眠る
1月17日ケージの扉を開ける
1月22日ソファ下へ逃げ込む ソファ下で眠る
# by ihibou | 2010-02-27 10:51 | 経緯など | Comments(0)

初めてのツーショット

あら、仲良くなれたのね、なんて思っちゃダメです。
f0218416_21242982.jpg

ふらふらとイブーchanが出て来て、なぜか、ストーブ前の手作りベッド2号に座りました。するとすかさずミミが低い姿勢で這って来て、真後ろに座りました。この後、イブーchanは背後が気になり隠れ家に戻りますが、イブーchanが動いたとたんにミミも立ち上がり、前足を引っ掻くように動かしながら追いかけました。
# by ihibou | 2010-02-26 21:18 | | Comments(0)

フラワーレメディ注文する

イブーchanをお迎えしてからというもの、うちのミミは、性格が悪くなり、居間では遊ばなくなり、パパが戯れに購入した、安~い豹柄のカマクラ風穴倉に何かにつけて入るようになりました。ちょっとしたことでもフギャウと怒ります。爪きりをすれば噛みます。起きているときは、ずっとイブーchanを監視しています。

他のブログでも、新猫さんを受け入れない先住猫さんの変化を嘆いている飼い主さんの記述を読みましたが、私も痛みを伴って思い知りました。何だかとても悲しい気持ちになります。このあともずっと、半年以上も怒っていたら、両猫に対して申し訳ないです。

昨年末、ブログで情報を得てドイツ在住で日本人の獣医さん、クレス聖美ドクターの講演を伺いました。作曲家のバッハと同じ名前のBachという人が研究した花から抽出したエキスがあり、これで動物の気持ちを和らげることが出来るそうです。バッチ・フラワー・レメディといいます。知る人ぞ知るで、私は知らなかったので、とても感激しました。

その講演を思い出して、日本の連絡先へメール申し上げ、猫の状態から2種類のレメディをお送り下さる、というメールを今日頂きました。ちょっとほっとしました。

写真は1年ほど前の、正常だったミミです。
f0218416_10231237.jpg

# by ihibou | 2010-02-25 18:34 | | Comments(0)