最近のポピンちゃん

先に書いたように、私が椅子にへばりついていて、時々催促されると撫でる、というような状態が10日ほど続いていましたが、遅れていた「履歴書」や「イベント情報」がなんとか落ち着いたので、もう少し撫でる時間を長く取れるようになりました。

これは12月9日のポピンちゃんです。
かなりリラックスしてくれています。
f0218416_23142289.jpg
ところが、12月18日はこれです。
f0218416_23155239.jpg
13日くらいから食べなくなったのです。これまでも、時折、カッとか言って、前足を口の前に持ち上げて
立ち上がってもがくということが徐々に起こるようになっていたのですが、いよいよ目立って痛がるようになりました。で、食べなくなったわけです。文治くんは、食べた食べ物が挟まって痛そうにして手を口に入れて掻き毟るので血が出ました。でもポピンちゃんのは、何もしていないのに、突然「痛いっ」という感じになります。土日はパパがいたので捕まえようとしましたが、ケージの上下を飛び降り飛び上がり、壁面の格子にも飛んでくっついていますから、あまり怯えさせたくないので止めました。

近々病院です。
でも電気工事が入ったり、まだ色々あります。
そう、部屋はまだ片付けていますよ、はい。


他のみなさま:
スーちゃんは、猫カフェで時々頑張っています。写真は無断寸借です。カフェでビクつくようです。彼女は、特に車の音だと怯えて隠れようとします。駐車場で怖い思いをしたのでしょう。
f0218416_23311824.jpg
静ちゃん
f0218416_23360751.jpg
茶々ちゃん
f0218416_23364393.jpg
文治くん
f0218416_23371884.jpg
ミミとは一緒に寝ていますが、一昨夜、寝ていると文ちゃんが優しい声で鳴きながら来ました。ミミが臨戦態勢になっているので、招き入れられなかったのですが、しかし、彼は「きたな連」なので残念ではありますけど、ご一緒しない方が良いのかもしれませんね。

今年は寒いので、テーブルの下にオコタ3台です。朝、居間に来てみると全員オコタ in です。




# by ihibou | 2017-12-18 23:41 | | Comments(0)

ようやくひと段落でした。文治くんのこと。

このところずっと朝から晩までPCの前に座って、読む、メモする、数える、などという作業をし続けていました。これは私にとって大変良いことだったと思っているので書き留めておくことにしました。

まず、何をしていたかと言いますと、2010年から残っているアニマルエイドの事務局日記を読んで、2015年までの譲渡数を数え出す、というものでした。当然のことながら、2011年に大きく変わることになるのですが、そのことは置いておくとしても、日々のシェルターの動き、どんなに呼び掛けても、里親様が出て来ない、お預かり様が出て来ない、こういう事柄がゴロゴロ書いてあるわけで、ご苦労がよくわかった気がしています。

私が掃除に通っていた頃は、養生部屋があって、たくさんのエイズの猫が、いっぱい食べても太らない状態で生きていました。彼らは2011年、12年にレスキューされた猫たちだったのです。シェルターの作業は行ってから帰るまで黙々と働いているし、もともと根掘り葉掘り聞きたがるタイプではないので、あまり詳しいことは知らないまま作業をしていました。数字的な羅列ではなく、あの子はこんな時にこんな風にレスキューされたんだな、と今頃になって分かったのです。もう一度見送る、という感じですかね。一人一人が思い出されます。

3日にお話があって、締め切りが10日のところを、14日に延ばして頂き、しかも、2011年については翌15日の夜になってしまいましたが、ともかくもう一度福島の臨場日記を読んだのですから、凄い事でした。よい仕事を与えてくださったアニマルエイドさんには感謝しています。なんて、もう終わったように書いていますが、もう一度数え直します。なるべく今のうちに正確にできるところはしておいたほうがよいと思うからです。

また、個人的には、文治くんの事がはっきり分かりまして、本当に良かったです。彼はやはり、10歳前後と言われていまして、目は白濁していました。とてもよい子なので、飼い主さんは何度も会いに来てしまったのだと思います。最後に何も言わずに来なくなったのは、きっと、何かの事情で来られなくなったのでしょう。いつかまたと思ううちに何年か経つってことはよくあります。もしも、まだ文治くんのことを思う日があるなら、ここで元気にしているので、会いに来てくださってもいいし、一緒にいたいとお思いなら、寂しくなりますが、でもお返しします。

2013年に残っている猫の紹介シリーズに出てきた文治くんの記念すべき写真。
f0218416_22595769.jpg
2012年ししまるくんとの写真。
f0218416_23014856.jpg
f0218416_23020454.jpg
f0218416_23021781.jpg
あ〜あ、この頃から「きたな連」やっていたんだ、とガックリしました。本当に文治くんはばっちいおっさんです。今日だって臭いウンをして、息を吸って止めて処理したら、またやって、今度はチッコでしたが、また臭かったのです。ウンは、午後にも1回回収していまして、日に何度もします。今、お腹はもっとハゲています。というか全身毛が薄くなっています。手がマダラに写っていますが、これは舐めるからハゲているのです。舐めるというか、かじるというか、ははは。

でも優しい、穏やかな、よい猫さんなんです。




# by ihibou | 2017-12-18 23:10 | | Comments(0)

まったく時間がありません

今ちょっとお引き受けしたことがあって、時間が大幅になくなっています。年末でもあることから生協の注文やら、未だに工事中で、昨日は水道屋さんがきましたし、まあ、そういう時間は仕方ないにしてもスケートもあるので困ってしまいます。睡眠を削って朝晩を有効に使うしかありません。

というわけで、猫については、寒さ対策だけはしています。その辺の窓ガラスには構うことない、プチプチを張り巡らしています。それが時々剥がれるので、また貼り付けています。そくそくと冷えてくるわけで、これは外猫さんよ、どうしているのかい、と深刻に思いますね。早めに犬同様の管理体制を作って欲しいものです、乱暴な言い方ですがあしからず。

もう寒すぎてミミはベランダに出なくなりました。

ポピンちゃんは、ご機嫌麗しくかどうかわかりませんが、こんな感じで過ごしてもらっています。今も軽くいびきをかいて眠っていますよ、すぐ横でね。少し離れたところにケージを置いていましたが、ともっかく寒すぎるので、床暖房に少しはかかるようにケージを置きました。そして、レンジタンポを2つ並べて、猫ベッドの下に置いています。さすがに暖かいらしくよく眠るようになりました。
ただ、口は痛いようです。お食事中に首を振ることがある、お食事を中断することがある、かあっとか言ったことがある、と今のところは小さな出来事で済んでいます。
話しかけはしていますが、疑わしきことには近寄りませんという表情で見られています。
写真の右側に、ケージ越しに椅子の足が写っていますが、私はここに座っています。馴れてもらわなきゃねってことです。口が深刻に痛くなるのと馴れてもらうのと、競争です。
f0218416_11365463.jpg

最近、文治くんに近づきながら必ず文句をつけている静ちゃんですが、寒かったのか、この日は文治くんのそばで寝ていました。
f0218416_11452950.jpg

ふと上を見ると見られていたりします。
f0218416_11505508.jpg





More
# by ihibou | 2017-12-09 11:57 | | Comments(0)

やはりツワモノだったらしい

ボンネットのスーちゃんは、シェルターで早くもカフェ・デビューしていて、同日に保護されたもっと大きな猫さんたちとは違うようです。親元を離れてボンネットに入ったわけですし、我が家でも、ところ構わず突進していましたものね。

以下は無断で拝借してきた紹介写真です。
まずは、ジョンくんと大ちゃんの記事に登場。
f0218416_17334306.jpg
さらに、12月2日には新事実が発覚、男の人が好きみたいですよぉ。
スタッフの男性の懐に入っていたようです。
f0218416_17351964.jpg
f0218416_17362463.jpg
お兄さんがいなくなったら怖いので隠れたようです。そういえば、連れて行った時も、ガタガタ震えていました。ですから怖いことは怖いのですね、でもどんどん出て行くのです。
f0218416_17365096.jpg
この日は、おもちゃにつられて出てくる→怖いので隠れる、を繰り返していたようです。強く生きていってほしいです。
f0218416_17393161.jpg



我が家にお迎えしたツワモノ、ポピンちゃんは、思いっきり口を開けてシャーア、と言っていますが、それは驚かせたり、急接近したりした時のことで、それ以外は、じーっと見ています。横になっていることが多いのですが、時折、ケージの1階部分に降りて外を眺めています。他の猫たちの動きを目で追っています。出たそうに見えますが、今出したら家庭内野良猫になってしまいそうで出せません。
我が家は他にも猫騒動があるので、今は、ポピンちゃんにはケージに入っていてもらいます。

ポピンちゃんです。
この位置だとフラッシュなしで写せますが、あとはダメなんです、フラッシュがねえ。
ポピンちゃんの黒い縞模様はなかなか魅力的です。この黒はいい黒です。
f0218416_17491757.jpg
珍しくひとり戯れるミミ。
f0218416_17523623.jpg
こちらは迷彩色で、最近、プレコと同色になっています。↓ 分かりにくい写真。
f0218416_18003838.jpg
パパから携帯写真が送られてきました。このように茶々、靜の姉妹は、ロフトで好きにしています。この写真を拡大すると、すでに柱に爪痕があるそーです。ヤマト糊で修復します。
f0218416_00485070.jpg
f0218416_00493357.jpg











# by ihibou | 2017-12-03 18:01 | | Comments(0)

ミミの変化

部屋が繋がってしまったせいもありますが、ミミが居間に来るようになりました。昔のように私の膝にも乗りますが、常に唸り声を小さく発しています。彼女はどこでも飛び乗りまして、ポピンちゃんのケージにも乗り、見下ろして唸っていました。
ポピンちゃんのケージは、色々な布で囲ってありますが、それでは暗くなってしまうので、天井を開けるようにしてみました。そうしたら、その天井の穴からミミが唸っているのです。
f0218416_22231498.jpg

ポピンちゃんの猫砂は、チップから木っ端に変えました。ポピンちゃんには明らかに木っ端の方が良さそうですが、変えたところで長時間に及ぶ砂掻きは止まず、ポピンちゃんのトイレでの砂掻きは、神経質で激しい傾向です。

茶々ちゃんが、お膝に乗っている記録です。
このハゲって再生するのでしょうか?ゾリッとしていますよ。
f0218416_22273778.jpg




More
# by ihibou | 2017-11-28 22:46 | | Comments(0)