おもらしというのかどうか

おもらしと言っても、色々な事情がある、というお話です。

今回のおもらし、おもらしはしていなかったというお話です。おもらしをしているのはあずまくんです。
f0218416_23454097.jpg
彼のおしっこについては、じきに理解できました。
彼の場合は、おもらししているにもかかわらず、毎回トイレの砂は数回掻いている痕跡があるのでした。それで何度目かに目撃できたのですが、彼はどんなに大変でも、トイレまで行き、前足をトイレに、後ろ足は身体が大きいから外に、と言う状態でチッコをしていました。それで、トイレの前に水たまりが出来、猫砂は掻いたように一部底が見えているのでした。
彼にはLサイズのトイレ、というより、Mサイズ2個分のトイレがちょうど良いように思いました。砂で床を汚さない、シートなので換えやすい、ということで慣れない飼い主思いの猫さんなのであった。

こんなことを言っていますが、事態は深刻で、ついにお水が飲めなくなりました。そこで点滴をしようと思いましたが、断固拒否ということらしく、全力で立ち上がって行ってしまうのでした。一度くらいやらせて欲しいのですが、押さえつけてまでするのはどうなのかな?かなりこだわりを持った猫さんだと思いまして、人格の尊重とでも言いましょうか。遠慮しています。遠慮したら亡くなってしまうのですがね。

人格を尊重したくなるのは、様子を見たとき、何か要求があればちゃんと小声で鳴きまして、水を持ってこさせたり、位置を移動させたり、家政婦をどう使ったらよいか心得ている様子ですので。

文治くんは穏やかなので、ふたりでシーンとしていたりします。
f0218416_23464639.jpg
でも、あずまくんの方は、エネルギイがないので少しするとこうなります。
文治くんは小さくなりました。あずまくんも痩せました、が、しかし、あずまくんは大きいです。先ほど、ご老人が来てしまって、ゴマ次郎くんだと思ったようで「あら、ずいぶん年をとった顔になったわね。」などと言っていました。こういう場合、否定も肯定もしないで放っておきます。
f0218416_23471000.jpg
それと、困ったことに、そろそろ一人になりたい様子です。キッチンの陰に行ったりしています。ま、しかし「うちの嵐」はいなくなりましたんでね。多少休まっているというところでしょうか。




# by ihibou | 2017-11-05 23:58 | | Comments(0)

あずまくんの続き

ったく、今全部きえたんですよぉ。
今日は3日です。遡ってアップしたので、29日からは連日書いたことになります、あずまくんのおかげです。

あずまくんについては、一昨日は午後の部でご報告が終了しておりました。それで、11月1日夜の部から始めます。
夜に入るまでに、おしっこが出ています。まずは、昼間、トイレで出来ました。よく褒めておきましたが、残念ながらその後は床に直径10cmほどの水たまりが出来ていて、これがよく臭うので分かり易かったです。

夜になったら、みんなのところへ移動していました。ミミは、天敵ゴマ次郎と同じ色彩なのでシャーシャー言っていました。午後7時です。
f0218416_09305719.jpg
仔猫との位置関係です。あの子は一人で暴れていました。
f0218416_09392824.jpg
うるさいと思ったのか6分後には移動。
f0218416_09313960.jpg
夜遅くなると、最初にへたり込んだ「文治くんのケージのそば」にまた移動しましたので、そこの足元電灯をつけて眠りました。私はすぐ眠れるので心配で眠れないなんてことはないのでした。
オコタは出して上げていたのですが、入る気配はなかったんです。が、2日朝になってから入りました。夜は寒いのにどうしていたんだか、入っていたのかもしれませんし、全部謎のままです。
f0218416_09331510.jpg
何が何だか、私にもわからないのですが、写真は3日の朝まで全然撮っていなかったようです。
3日朝の写真です。夜の間はこうして灯りが点いているのでした。ご覧のようにトイレ前に2ヶ所、その奥にも1ヶ所おしっこの丸が写っています。
f0218416_09521743.jpg
この前に、つまり2日の昼間、2回床にされてしまいました。森山シェルター長のお話では、アニマルエイドの先の改装工事の折、あずまくんをお預かり頂いた時は、お預かり様はビニールシートを敷いていらした、ということでした。が、何せ、荷物の山のどこへ行っちゃったか、子供のピクニックシートがたくさんあるのですが、多分、開かずの扉の中だろう、と思った次第です。
それで思いついたのは、すでに短距離しか移動しないので、シートをガムテで止めて、トイレの三角に敷き詰めまして、それで良かったわけです。

この3つのおしっこは、取り除きましたが、綺麗な部分はハサミで切りまして、3ヶ所目のチッコは切り抜きまして、貼り合わせました。まあ、ケチケチすることもないのですが、部分しか汚れていないのに捨てるのは嫌だったのです。ま、こうして我が家は様々なものが山積みされているわけですが、あはは。

あずまくんは、撫でてあげると喜びます。そばにいてあげるのが良さそうです。ただ、我が家は午後から「栃の嵐」ならぬ「うちの嵐」が来るので、あずまくんには受難の数日となりそうです。



# by ihibou | 2017-11-03 12:19 | | Comments(0)

色々立て込んだら認知症現象

1日にお迎えしたのに、気がつくともう3日でした。そうすると2日は何をしていたのでしょう?ご老人は運慶へ行きまして、留守だったので、階下の押入れの積み残しならぬ、取り残し品を階上に運んだり、土を干したりしていましたが。結局、そういうことで明け暮れたようです。

あずまくんは、あちこちで寝そべりました。撫でるとゴロゴロ言っていますが、頭を上げてくれるので申し訳ないなぁ、と思って頭の下に手を入れて支えたりしました。

そうこうするうちに子猫の目はかなりよくなって、目薬をさす時の大暴れは日増しに凄くなっています。手を離したら一気にロヅトまで駆け上がりそうで恐ろしいです。アニエイのお預かり様宅などで、ゆっくり遊んでいる写真を見るにつけ「違う」と思います。ミミがベランダにいたので、連れて行って会わせましたが、さすがにシャーではなく無表情でにほひを嗅いでいました。文治は居間でくつろいでいますが、キッチンへ飛び乗ることがあるので、その都度ケージに入れられています。そうするとこじ開けようとしています。仔猫と文治がうるさいです。

子猫の写真を撮りました。首を絞めそうなくらいぎゅっと持たないと暴れ始めます。尻尾は撮ってみましたが、格納されてしまうので、お腹の皮だけ撮れて、曲がり具合がうまく撮れません。くるりんとなっているのですが。ところでこのセーターは何十年来きているのですが、ついに肘が抜けました。こうして着々と捨てるものが出来つつあります。
f0218416_12050673.jpg
f0218416_12054248.jpg
f0218416_12075600.jpg

# by ihibou | 2017-11-02 09:57 | | Comments(0)

あずまくん到着しました

携帯写真は大きすぎるらしく「里親友の会」に掲載できませんでした。とりあえずこちらに載せます。安否確認というところです。

まずは懐かしい旧館が見えてきました。
f0218416_15192158.jpg
新館は道を渡って、正面へ行かないと全貌が分かりませんでした。
f0218416_15200603.jpg
窓越しに猫ちゃんが見えましたよ。あは、わからないですね。肉眼ではもっとよく見えます。
f0218416_15262568.jpg

駐車場も仕切られていたっけ。それから、名物スタッフの皆さまと初対面で短くご挨拶。つまり「どーも」だけでした。話し出したら止まらないでしょうからね。丁度朝のご多忙中にお邪魔してしまったので、これはこれでご迷惑だったと思います。午後だと今度はお客様対応があるし。

まずは、あずまくんのいる旧館2階へ。いやあジョンくん、大くん、じんべーくん、ボスくん、さすらいくん、ジャガーくん壮観でした。みんな連れて帰りたくなりました。手前には、朝顔ちゃんとポールくんが同じケージに入っていましたが、ポールくんが降りようとしたら、下から朝顔ちゃんがすごい顔でシャーしているところを見てしまったデス。

今度は中から。新館で書類を書いている時のことです。書けませ〜ん。お顔が見えませ〜ん。
f0218416_15283867.jpg
お顔です。あまりにも細いのでびっくりしました。わはは、凄い映りです。
f0218416_15293483.jpg
相棒は、早めに遊びへ移行していました。
f0218416_15305215.jpg



あずまくん
見れば見るほど、聞けば聞くほど、看取りなのかどうかという淡い期待が湧いてきます。はっきり言って美猫なんす。その子がやつれているわけですが、重い !! 乳母車を持って行ってよかったのです。シェルターからバス停までで手持ちはやっとでした。

案の定、私は帰路、すでにガス欠状態で、赤羽から座ったら、眠ってしまいました。渋谷で目覚めましたが、そのままぼおっとしていて、大崎まで行きました。大崎で幸いなことに山手線に乗り換えられたので、渋谷では楽でした。
乳母車入りの猫は荷物扱いでした。返って「猫ですスンマセン」というように小さくならずに済んでよかったです。
f0218416_15374303.jpg

あずまくんは、キャリーの蓋を開けてナデナデすると毎回小声で「にゃあ」と言いました。大崎経由で20分ほど無駄に長い旅程となりまして、あずまくんには申し訳なかったです。渋谷で覗いてみたら、口を開けていて、よだれが見えました。やばいと思いながら、さっさとっとと帰りましたよ。それでお水を出したら、自力で飲んではヘタっていました。今は冷たい床に寝そべっています。あと1mで文治くんのケージというところにいるのです。

猫たちがいるところに場所を作りましたが、そこへは座らずに2mほど歩いて、ドアの前にへたり込みました。
f0218416_15401204.jpg
こういうややこしいところにいます。そう、この敷いてあるシートは、道中彼が敷いていたシートで、うっすらと臭っていますが、他への粗相はなくびっくりしました。大変落ち着いて運ばれていたということなんです。お水を顔に持っていっても飲みませんでしたが、
f0218416_15414807.jpg
置いておいたら、お水を飲んでは、少しだけ動きます。
f0218416_15434174.jpg
飲んでいるところです。この時は寝そべって飲みましたが、次は起きて飲んでいました。が、その後がしんどいらしく寝そべります。
f0218416_15454023.jpg
また移動して、あと2mで文治くんのケージまで進みました。これから寒くなります。どうするのでしょうか?
f0218416_15461792.jpg
あ、また繰り返しですが、起きて飲んで、へたばりました。

f0218416_15523058.jpg
最後にお顔です。
f0218416_15531249.jpg
最後にまとめです。
物は言いようです。弱っているあずまくんは、キャリー内でも寝そべり通して、多少寝る位置は変えていましたが、弱々しく鳴くだけでした。声も小さいです。あまりにも移動時間が長く、最後は喉が渇いてしまって、かなり困っていました。到着するとじきに水を飲んだことから水不足が深刻だったことがわかりました。到着後の行動は、森山さんから伺った通りで、食事系は一切摂りません。水は自力で飲んでいます。水を飲んでくれるのでホッとしています。冷たいところに寝たいようです。毛並みが美しい猫さんなのですが、今のところ、バサバサになったりはしていません。フケは出ますが、文治くんも出ているのですが、同程度です。今日通院するか、あるいはパパが帰ってきたら、抱っこして行くか、抱っこがいいよね。






More
# by ihibou | 2017-11-01 16:06 | 保護活動見学など | Comments(0)

あずまくん明日お迎えします

あずまくん、看取りの段階に入ったということです。今日は夕方6時まで工事だったので、明日お迎えに行きます。

現状
シェルター長の森山さんからご報告頂きました。

「今日の午前中の通院で、再度血液検査をし、今日から看取りケアに入りました。先週から比べ、貧血の改善はなし、白血球の増加、血小板の低下。ただし、腎臓肝臓の値は改善。先生の診断では、おそらく内臓に腫瘍などがあるのではないか、自分で血液を作り出せないのだろうとの事でした。これ以上、原因を探しても治療はできないと言われました。全身にむくみもあるため、補液はしても数日に一回で、との事です。呼吸は辛そうですが、自分で体位をかえたり、寝場所を移動したりしています。ケージはもう必要ないと思います。トイレがもともと失敗しやすくて、トイレの前でよくしてしまうので、周りにペットシートを敷いておくとそこでします。」


イブーchan、ゴマ次郎くんへのお礼のつもりであずまくんをお迎えします。あちらで一緒に過ごして欲しいです。

なんだか、お迎えしながら半泣きになりそうです。


パパが帰ってくるんだっけか、うー。




# by ihibou | 2017-10-31 19:30 | | Comments(0)