<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

寒くなった1日

うわ〜、またも寒くて2月ですからね。
寒かったので、また「わたほろ製パン店」へ行くのを忘れてしまいました。「また」とは、お正月明けに何度も忘れてしまって、新年のパンを堪能したのは、なんと1月半ば過ぎてからでした。しかし、本当に美味しいパンなので、久しぶりに焼きたてを入手したら、もうパクパク食べてなくなりそうなのでした。それなのに今日、行くのを忘れました。水木が定休日なので、金曜日まで超薄切りで凌ぎます。でも金曜日はトマトパンが焼き上がる日なので楽しみです。先週のトマトはパパのサンドイッチになってしまったのでした。これは、もう一つの美味しいパン屋さんが休んだからでした。ぷんぷんでしたね。
f0218416_19050219.jpg

最近猫を放って眺めていたのが、海外の選手権で、カナダ、アメリカ、ヨーロッパと見ていますが、うまい。我が国の場合、二人(誰を指しているのでしょう?)抜けたらもう精彩を欠いてしまったのですが、まあ、ヨーロッパもロシアが抜けたら、とか思うと何処も同じなのかもしれません。

もう一つ見とれるのが、「猫と暮らす会」の主宰者ブログです。優しい語り口で、かなり詳しくそれぞれの案件を紹介しますから、読んでいて参考になるし、心が伝わってくるのもこの方の文章力や純真さのなせる技かもしれません。ともかく上から読み始めると、一番下まで読んでしまって、その次のページへも行きたくなります。
この方から拝借した捕獲器で捕まっちゃった茶々さん。
f0218416_19062075.jpg





More
by ihibou | 2017-01-31 22:04 | | Comments(0)

暖かかった一日

昨日1名、本日1名、それぞれ、保存食を持って帰って行きました。今日は洗濯はしましたが、ひたすら自宅で静養です、那須なんかには行かない、行けない。海岸の映像がニュースで出たのでこれは葉山でした。

ぽかぽかしたので、ミミとベランダに出て、私はクレマチスの誘引をしました。その頃、シニアは窓辺で寝ていました。プレコの水槽が壊れたおかげで、文治君はゴマ次郎君とは別にベッドを置いてもらえます。
f0218416_22152807.jpg
ロフトへ上がると、静ちゃんが一人で寒そうに寝ていました。手前に寝れば温かいのに。
f0218416_22171149.jpg
ミミは、ベランダで大興奮しました。興奮状態になると、収拾がつかなくなります。
f0218416_22194263.jpg
が、結局膝に乗ってきました。
f0218416_22203005.jpg
球根は、お正月前から芽が出始めていて、今年はいつ咲くんですかね。
f0218416_22213692.jpg
ゴマちゃんがムラ食いで困ります。缶詰は食べなくなっていたので、スープを出していましたが、それも食べないと言っています。ま、放っておくしかありませんが、残すと他のデブたちが食べてしまいますよぅ。困った。







More
by ihibou | 2017-01-30 22:44 | | Comments(0)

条件は整えるものだと再認識した日

26日のゴマ次郎君です。目玉大丈夫か?にごってますよぉ。
f0218416_08582901.jpg
27日の茶々さん。
f0218416_09000487.jpg
茶々さんは、「さん」呼びが似合っているんですね。姿勢が良い猫で、通常、この写真よりももっとすっくとしています。
f0218416_09001552.jpg
f0218416_09002368.jpg
ゴマ次郎君は、ガラスの冷気が凄いのに、窓際をご所望です。居間が見渡せるからでしょうか。この小ささには泣けてきますが、イワくんはもっとすごかったですね。
それで、ゴマの困った君には、こうしてカーテンをベッド下へ敷き込んであげます。朝ですが、マンションの陰で10時ごろまで日が当たらないのでカーテンは閉めておきます。そして3時ともなると、西側の3階建の陰でまた寒くなります。日照権というのも全然役に立たなくなっています。曇りの日はずっと閉めておくわけにもいかず開けますけど。
f0218416_09003377.jpg

今日は稀勢の里が土俵入りだというので行っちゃおうかと思いましたが、止めました。すると、アニエイの事務局日記に「みなさんお世話になりました」というような記事が出て、マンションに置き去りにされたご老人2匹がシェルタースタッフさんのお家の子になることが出来たというお話が出ました。凄いことです、また翌日にはパールちゃんも里親様が決まったそうです。 100人だか1000人だかに一人は、こうした猫さんを引き取ってくださるのだ、と久しぶりに少し心が軽くなったのでした。引き取りは条件が整わなければ出来ませんが、条件は整えなければ整わないわけで、整えたいと思いますね、強く。









by ihibou | 2017-01-27 23:00 | | Comments(0)

貯めた分をアップします

荷造りが佳境となり、なんとか自分の本だけは全部箱に入れました。まだ居間や寝室にも本が落ちているので、拾い集めていまして、そのあとがもっと大変で紙の山です。子供の絵、領収書、保険や電話やらの歴代の契約関連書類、規約集、研究会のレジメ、プログラム、資料、印刷して余ったもの、お手紙、こういうのを無責任に一気に捨てたら楽だろうと思います。団体の関連物は、すでに何度か送っていいか、捨てていいか、という打診をしていますが、そこの団体も返事をできる人はいないわけで、捨てていいのだと分かっていても、捨てきれない。しかし、我が家もスペースがなくなるので、断行すべきなのだと思います。こうしてみると、必死になってやったことも全てどうでもいいかな、と。

そもそも、のほほんと育った場合、必死になる必要もなく、一生ぬるま湯の中でゆっくりできるんじゃないの、と子育てをしてみて分かりました。それで色々な行為が無意味になったとも言えます。ここの話は大いにはしょったので意味不明でしょうけど。

では猫です。
f0218416_08521579.jpg
f0218416_08522496.jpg
静ちゃんは顔がへんげします。
f0218416_08523428.jpg
f0218416_08524329.jpg
茶々はお布団を縛ってある紐を標的にしていました。
f0218416_08525258.jpg
痩せても枯れてもこんな感じのごま次郎君です。
f0218416_08530385.jpg
文治君は、静電気が起こって埃被った状態ですね。
f0218416_08531278.jpg
相変わらず工事でうるさいのですが、隣にはお引越し家族が入りました。その隣は内装中でそろそろ完成です。その裏は骨格ができました。



by ihibou | 2017-01-25 23:33 | | Comments(0)

もう終わりかと思うほどアップしていませんでした

イワくんのことを書いてから、すっかり撮影の気力を失い、1週間経ってしまいました。途中、雪で10数分遅れた新幹線に乗ったりもしましたので、疲れてもいまして、怠慢の極みです。過去に撮った数少ない写真を載せます。あ、富士山はいつも綺麗で感動しています。
f0218416_18510121.jpg
ともかく寒いので、居間では、朝4時半から30分暖房がついても、6時ごろ行くと寒くなっていまして、どうしたものかと思いますが、文治くんはテーブルの上で寝ているし、仔猫たちは北の部屋にいたりしますから、な〜んだ、猫というものはこのくらいの寒さは大丈夫なんだぁ、と思ってみたり、でも文治くんの鼻が光ったりしていると、やっぱりと思い直してなるべく早く朝の暖房を入れるようにしたりしています。
f0218416_18512518.jpg

今日は、犬猫救済の輪にも訃報が出まして、無断引用でイワくんのところに追加しました。それで、最後の姿を見ては、またドキドキしたりしているところですが、うちのゴマ次郎くんなんて、まだまだ数年生きそうだと思いましたね。
f0218416_18521616.jpg

それから今日は、飢えたカラスが遂にベランダで日に当てていた寄せ植えのシルバーリーフを引っこ抜いて行きました。一番おいしくなさそうなのを抜いていきましたね。この寒さで食べ物もないのかしら?ゴミはあるでしょうにね。
f0218416_18523347.jpg
以上文治君の寝顔を3種撮りましたが、安らかな寝顔に撮れたので満足しています。
次はごま次郎君のお膝です。
f0218416_18572050.jpg
それからまた文ちゃんの寝顔ですが、これは口を開けていたので撮ったのでした。
f0218416_19013931.jpg
ゴマちゃんは、今食べたと思うと、また食べたいと言います。残したものを並べてあげます。20日。
f0218416_19024171.jpg
21日。また食べています。
f0218416_19042476.jpg
別宅付近は、量販店が多いので、ガムテまで買って帰ってきましたが、みかんもこれで200円。大きくて甘くて汁気も多いのです。お豆も生協で買い忘れていたので掴んできました。祈祷済みだそうです。そんなこといつも書いてあったっけ??
f0218416_19090436.jpg
今回はビオでお刺身を出来上がっている舟で購入してみましたが、大変美味しかったです。つまりその辺で購入したものより美味しかったのです。2年越しで結論が出ました、お寿司屋さんへは行かないで、ビオでお刺身を買うのが良いと。それからブラジルの人たちのコーナーがあるXXXXXXでブラジルの豚肉焼きですね。オードブイルは品川駅で揃えることができます。B級グルメの街ですから、ラーメンも店を選べば美味しいです。





by ihibou | 2017-01-24 19:21 | | Comments(0)

イワくん 2つの記事

電話に関心を持たなくなって久しいのですが、これは、ある時期嫌な電話がかかったためと、アズワンという会社宛のFAX間違い電話がかかり続けているためです。特に最近アズワン間違いが復活し、FAXの音が勝手に鳴っています。これは気にし始めると胃を痛めるので、根本的に電話に関心を持たない、という風に自分を変えて対処するわけです。

それでも、たまには留守電記録は聞きます。
すると結さんからお電話が入っていました。17日のことです。フォスターペアレントになっているイワくんが亡くなったのではないかな、とすぐ思いました。昨年9月12日付で報告記事が出ていましたが、だいぶ弱っているのでした。最後は引き受けたいものだと思いつつ、ついご無沙汰してしまって、いつも頭の片隅にはあるのですが、やはり遠くて、イワくんには申し訳ないことです。電話がまだ通じません、あとでまたしてみます。

結さんという方は、大忙しの方なのにご自分で電話なさるのです。その辺で踏ん反り返っている人たちとは違います。猫の方々はみなさんこまめにせっせと頑張っているのです。

さて、4時ごろお電話でお話しできました。やはり亡くなっていました。人馴れもして一時ボラさん宅でお迎え下さいましたが、じきに下痢が始まり、シェルターに戻っていましたが、垂れ流しなので結さんがお宅に引き取られたそうです。それから、お薬を使ったりして下痢を回避しつつ、しかし、最後までよく食べて、最後の最後は食が細くなり、静かに亡くなったとのことでした。ご丁寧にこちらが満足するくらい詳しくお話しくださったのには、また驚きました。
イワくんという名前は、捕獲器を置いたお家のお名前から一文字頂いたのだそうでした。

残ったお金は、アソくんという熊本から来た腹膜炎の猫さんに使っていただくことにしました。私は、また別途他の猫さんのフォスター・ペアレントになります。

以下はイワくんの最後のレポートの全文無断引用です。

☆フォスターペアレント様  ありがとう

イワく~ん、イワく~ん、
もしや、イワ君ですか? 大丈夫ですか?
DSC06752.jpg

潰れてませんか。 もう、マジ、心配しちゃいましたよ。
DSC06753.jpg

ボク、強いから大丈夫。
そう?お腹ぺったんこのヒョロピーさんでしょ。
DSC06637.jpg

では、ごはん、100グラム食べます。
DSC06636.jpg

はい、100グラムですよ。そんなに食べられるの?
DSC06644_20160911073857417.jpg

見ててくださいにゃ。
DSC06645.jpg


DSC06647.jpg

100グラム増えました。
DSC06648.jpg

では、これで寝ます。
DSC06649.jpg

どう?今度は潰されてませんよ。えっへん。<(`^´)>
DSC06650.jpg



イワ君を保護した福島県の浪江町は、あれから5年半。
住民さんが帰還される日も見通しがついたようです。

イワ君を保護した浪江町の家の住民さんとは、今もずっと親しくお付き合いさせていただいております。
敷地には、今も、残された猫たちのためのフードを置かせていただいております。

ここで保護した何頭もの犬猫は、飼い主さんの元へ帰れた子も多かったですが、イワ君の飼い主さんは見つかりませんでした。
きっと、イワ君は、このまま、ボランティアさん達に可愛がられ、大切にされて、穏やかに暮らしていくことでしょう。


小さな体ですが、お陰様で、元気に過ごしております。
腎臓が、少し悪いです。大事にします。
フォスターペアレント様 ありがとうございます。


続いて、永眠の記事です。1月24日付けで出ました。無断引用です。
☆イワ君永眠

ご報告
イワちゃんが亡くなりました。
DSC02566.jpg

やせっぽっちの小さな体で、時々、入院も繰り返していましたが、毎日ご機嫌さんでした。
食欲もあっていつも一番に催促していましたが、とうとう寿命が来たかなって感じでした。
自力で食べなくなってから3日間はa/d缶を薄めて液状にしてシリンジで少しづつ与えていましたが
最後の1日はそれもわづかに飲み込むだけになり、
ほんの少し見ていない間に、本当に静かに眠りについたようです。

かなりの高齢だったと思います。
東日本大震災福島第一原発放射能事故では、長期避難で町から人がいなくなり、動物達の救出は公に認められず、猫も数え切れないほどの頭数が犠牲になりました。
警戒区域の浪江町で運よく救い出せたイワちゃんは、飼い主さんが見つかりませんでしたが、犬猫救済の輪シェルターでボランティアさんたちの沢山の愛を、小さな体でいっぱい受け止めて、幸せを感じてくれたと思います。
イワちゃん、またね。







by ihibou | 2017-01-19 12:37 | 保護活動見学など | Comments(0)

地域イベントの日でした。

朝からドンパチ花火が鳴って、15、16日は、恒例の市でしたが、あまりの寒さに行きませんでした。パパだけはタバコを買いに行きましたが、イベント中なのに、景品はティッシュ1箱とライター3個ポケット灰皿1個だけでした。別荘では、5箱入りティッシュを2セットもらっているんですよぅ、普段に、です。この辺は決して高級ではないのに何かと物価は高いです。

もっぱら室内で猫様のお相手を致しました。夜も更けると、ミミがまた来て、また面白い光景が写せました。
今日のは、食い気が勝って、臆病猫2名がカウンターで鉢合わせでした。
ミミが、入室直後の腹ごしらえをしていると、茶々は茶々で、反対側からカウンターに飛び乗りました。
f0218416_23072062.jpg
ミミはちょっとびっくりしたようでした。
f0218416_23081324.jpg
ここで二人の敵であるパパが動いたので、話は長続きしないで終わってしまいました、残念。
f0218416_23100054.jpg





by ihibou | 2017-01-15 22:59 | | Comments(0)

嵐男

お天気に関しては、確実にパパと連動しているので、さて今日はどうなるのかしら?
毎日「履歴書」だけはやっているのですが、なかなか自分の方まで行き着けずにいます。主に家の中を片付けているからなのですが、それが、全然進みません。小さなものが多すぎます。昨夜などは小さなポーチの中身を捨てただけで終了しました。

猫たちは、相変わらず先を争って駆けつけて撫でてとねだるのですが、特に静は必死になります。茶々が懐かない分、私の接し方が手厚くなっているのだろうと思い、不憫です。ゴマ次郎君は、しんどくなっているのか、時折降りて来ません。特別の時間を作っているのと、点滴の折は独占ですから、まあまあ相手をしていることになるかと思います。文治君も一人で構って欲しくて、私がトイレ掃除に行くと来ます。来て、窓辺に寝そべって見せたりします。昔を思い出させるという発想でしょうか。
文治君は私と毎日席取りです。この隣が私の席で、私が立ち上がると座ってしまいます。机上の文ちゃんは、お日様が当たっている時限定の風景なのです。だから夜は、席取りをやっています。
f0218416_08050822.jpg


夜更けのことです。私がトイレ掃除をしていると、ドアがガタンと言ってミミが侵入してきました。ドアを閉めてトイレ掃除に戻ると、ミミも付いて来ました。もともとこの部屋は、ミミを貰って来たねえちゃんが過ごしていた部屋ですから、ミミにとっては、第二の「自分の部屋」でありました。それが、文治くんの隔離部屋になったり、トイレ部屋になったりしたので、全然中へは入れなくなっていたのです。

それが、ごく自然に私につられて入ってしまったわけです。私のトイレ掃除は終盤でしたから、さっさと終了して退室してしまいました。また用事があって戻ってみると、窓辺の仔猫がいつもと違う方向を見ていて、
f0218416_22535918.jpg
ミミは、トイレ視察中でした。
f0218416_22554491.jpg
仔猫は、私の存在など無視して、ずうっとミミを監視しているのでした。注)左側のベッドは徐々に積み上がって行っていますが、ここまで高くなったら、茶々が座り始めましたね。
f0218416_22563170.jpg



More
by ihibou | 2017-01-14 08:19 | | Comments(0)

M屋R蔵堂さんへ

M屋R蔵堂さんにはたくさんのベッドを作っていただきました。それで、ベッド写真を探して並べて眺めました。これはM屋R蔵堂さんにも見ていただきたいと思ったのですが、メールでお送りするには量が多すぎるし、と、印刷して郵送するつもりでしたが、ここに出せば手っ取り早いと気がつきました。それで出します。残念ながら9月まで遡っただけなので、出てこない作品もあります。

写真の前に、M屋R蔵堂さんのことを書きます。これぞ、趣味と実益ならぬ猫益な貴重な活動なのです。まず、私には出来ない、なぜならお裁縫が嫌いだからです。私は、こちらのお店?の以下のところが気に入っています。丁寧なお仕事、布選びが抜群〜おしゃれな柄が多いのですが、時折江戸っ子みたいのが混ざります〜、ベッドの売り上げは、様々な地域で猫のために頑張る方へ贈られる、しかも私がカンパしたいと思った人たちがその中に入っている、これらの手間は尋常ではないな、というところ。

では写真です。
ミミとベッド:
いつもの感じです。あらゆる場所で爪を研ぐので、ここも三方固めです。
f0218416_09390787.jpg
お正月写真。X'masに届いたので、誰かが座らないようにと空席の冷蔵庫上に置いておいたら、ミミが来てしまいました。
f0218416_09402827.jpg
肝心のお正月撮影では、すでに毛だらけ。
f0218416_09424686.jpg
机上の文治君:
文治君はお迎えした当時はカリシの症状が出ていましたから隔離していました。その時、撫でると顔を腕に擦り付けて来て、鼻水と涙を取っていたのです。その名残りで今も擦りますが、何も付かなくなっています。当時は腕まくりして擦り付けてもらい、部屋を出たら腕を洗っていました。
f0218416_09435996.jpg
こちらを向くと私の正面になるので、大体は反対側を向いて寝ています。
f0218416_09471989.jpg
全体像はこちら。日が当たると日向ぼっこをしたくてゴマ次郎君のベッドに乱入するので、応急的に机上にベッドを設置します。冬はここまで日が差して来ます。これも今だけになりそうです。秋には向かいに3階建が建ちます。
f0218416_09484190.jpg
仔猫とベッド:
文治君の部屋は、半ば仔猫のものになってしまっています。文治君のベッドで過ごすことが多い茶々。この写真では、ベッドの生地が鮮明に写っています。この疑り深い目。この部屋で私は触らせてもらえません。シャーとか言います。
f0218416_09525964.jpg
テーブルの下を写しました。静ちゃんが警戒しています。このベッドは小さいのでオコタにおきますとピッタリでしたが、降りる時蹴飛ばしてしまいます。
f0218416_09551938.jpg
静ちゃんが珍しく逃げないで覗いています。つまり、仔猫たちは居間の所定の場所で私に撫ぜてもらうだけで、他の場所では未だに逃げ回っています。ま、しかし、静ちゃんは居間でなら拾い上げれば抱っこされます。
f0218416_09581921.jpg
文治君の北の窓辺:
乗っ取られたとはいえ、文治君は時折古巣でゆっくりしているようです。もうこの机はありません。ここで目やにをとったり、耳掃除をしたり、お迎え当時を思い出します。
f0218416_10011060.jpg
このベッドは、文治君に合っています。
f0218416_10023898.jpg
f0218416_10031608.jpg
夜中の仔猫:
寒い季節、ロフトの部屋は締め切りますので、仔猫は主に北の寒い部屋で眠るようです。オコタが空いているにも関わらず、です。多分、文治君と夜中に小競り合いがあったのでしょう。居間ではシニアがオコタの中ではなく上で寝ています。
f0218416_10062012.jpg
これは夕方の撮影です、昼間もいるのねぇ。私の入室目的はトイレ掃除に決まっているので、調光器で明るくして入室します。それで、いつも目をつぶっています。
f0218416_10064810.jpg
南の窓辺:
文治君が遠慮の限界に達してしまい、一緒に入ったところ。こちらMサイズでゴマ次郎君のお気に入りでしたから、やれやれでした。
f0218416_10120199.jpg
変えたら良かったようです。シンメトリー風。
f0218416_10150013.jpg
強烈な光なのでダンボールを立てかけて眠ってもらいます。10月下旬だというのに。
f0218416_10155072.jpg
ゴマちゃんは時々吐いて汚します。小さい時に限って二人で詰め混んでます。
f0218416_10170418.jpg
すまん連。
f0218416_10185089.jpg
ゴマ次郎君は、こんなに小さくなっています。
f0218416_10200734.jpg
ゴマ次郎君は、こんなに薄くなっています。
f0218416_10213265.jpg
点滴をしていると、文ちゃんが来てしまって、でもゴマちゃんをペロしてくれました。そう、点滴はいつもここの窓辺でしています。
f0218416_10222887.jpg
寒い夜で、カーテンが冷たくなっているのに、ゴマちゃんはこんな眠り方をしています。この頃は、ゴマちゃんベッドもプレコもカーテンの中へ入れていましたが、プレコの水槽は壊れ、ゴマちゃんは寒すぎるので、オコタ上へ移動しました。
f0218416_10233896.jpg

ベッドは、あきら君とのお別れに際しては、寝かせて送りましたが、イブーchanの時はしなかったので、今も使っています。伝染性はなかったのですし、いろいろな場所に痕跡がある方がよいと思っています。

こうして並べると、まだあったはずよね、と思いますが、写真が多すぎて全部見るのは無理でした。そのうちまたやってみます。

M屋R蔵堂さん、大満足ですよぉぉ。有難うございますぅぅぅ。




by ihibou | 2017-01-13 10:41 | | Comments(0)

実に茶々らしい写真

毎日4匹が集まってくるのですが、今日も茶々だけ単独行動に移りました。
f0218416_23175734.jpg
こちらの写真の方が現実味があります。間接照明後光の擦り切れという感じでしたね。こんな写真では迫力が伝わってきませんねぇ。
f0218416_23181320.jpg
ついでにゴマ次郎君の後ろ足がよくわかる写真が撮れていました。長すぎていつも曲げたまま歩行します。
f0218416_23350142.jpg




by ihibou | 2017-01-11 23:42 | | Comments(0)