カテゴリ:その他( 65 )

お祭りが終わると

お祭りが終わると、すっかり日常に戻るんですが、つまらないものです。ここのお祭りは奇妙でしたが、この都市には歴史的なものがあまりありません。古くて偉大な歴史を持ちながら、全部空襲や、もっと前の戦で無くなっちゃったのでしょうか?きっとこの都市の説明は、調べればちゃんとあるのでしょうけれど、そこまでやらないタイマン。

ハッと気がつくと、この都市で「やらと」の生菓子は手に入らない、「やらと」の出店もなかったかも。何れにせよ、5日の夕方、高級スーパーで探すとこしあんしかないのでやめにして、他のスーパーを偵察した関係からこれをゲットしました。
f0218416_00260129.jpg
68円の方は、さすがに味も素っ気もなくて、途中で捨てました。普通は美味しいのを売っていますけどね。これは定価でも今後買わないと思います。さすが、ういろうはその辺で必ず売っています。これは大阪製でしたが、美味しかったです。
パパはこの机を捨てるつもりで購入しましたが、工作用にいいから捨てないのだそうです。来年の引越しが思いやられます。

今日は、肝心な用事をいくつもしました。ここからの読解は各自にお任せです。

きちんとした技術を持ったタイ古式マッサージの店が、マンションの真ん前にできてご機嫌。
f0218416_00320673.jpg
ここの9階だと松の木はどう見えるのだろう。
f0218416_00333055.jpg
デザイナーズというのは、全く隙がないです。
f0218416_00343283.jpg
写っていませんが、この方向。
f0218416_00363374.jpg
これにて怒涛のGWが終わりました。もちろん帰宅後の働きについては後日語りますから。





by ihibou | 2017-05-07 23:19 | その他 | Comments(0)

こどもの日です

今日は早やこどもの日です。
f0218416_18161543.jpg
ざるは、この草の上につがいで座っていたので、急遽購入して被せたそうです。
f0218416_18163780.jpg
f0218416_18162808.jpg


今日こそは凧揚げを見に行きます。
ベランダからも凧が見えました。UFOみたいです。
f0218416_18172765.jpg
少し見やすくしてみましたが、見えないかな?凧は、真っ正面に見えていて、電線の上下にあります。ああ、残念ながら、この画面を拡大してみましたが、見えていませんでした。実際には、光って白く見えるんですが。
f0218416_18205395.jpg

ところが、午前中は宅配便が来る、というので早昼飯を作って食べて、すると、昼過ぎからは届いた宅配で、小学生以来の趣味の世界に入ってしまいました。一向に出かけません。そのうち、大工道具の購入が必要になったため、海岸近くの店へ買いに行くことになって、そのついでに、その店に車を置いて、凧の会場へ行くことになりました。

ところが、店で大工道具を見始めたら13時過ぎても眺めていて、凧揚げは15時でおしまいなんですよぅ。

ようやく出かけました。露骨な人たちは、平気で法被姿で車を止めて歩き始めていました。道路を渡って、川の上から見上げると、こんなです。
f0218416_18292155.jpg
つまり、凧揚げ会場へは送迎バスでしか行けないのでした。駐車場もあるのですが、早朝から埋まってしまうそうです。バスは駅前から出ているのですが、そこへ行くのはかったるいし、というわけです。延々海岸まで歩いて、砂丘入り口へ出ました。
f0218416_18261190.jpg
ここから右へ折れて、お祭り会場まで。歩くと会場はとても遠いのです。子供隊はもう帰る地域が多くて、ずいぶんすれ違いました。ちなみに送迎バスはひっきりなしに走っていて、しかも座席がいっぱいになったら発車するようでした。とはいえ、会場では帰路の乗客が長蛇の列を作っていました。歩きながらも凧は見えています。
f0218416_18274052.jpg
もうもうと土埃が上がる中、会場へ入って行きます。埃は帰る人たちがラッパ隊も含めてザッザと多少の駆け足的な歩きをするので舞い上がるのでした。上には凧が上がっています。どうなるのかワクワクしましたね。我が家のベランダから真正面に見えた凧は、瓦が光っているような、UFOのような見え方でしたが、さすがに、近づくと字が見えてかっこいい。でも会場のど真ん中へ行かないと、字が斜めにしか見えません。
f0218416_18304972.jpg
f0218416_18311044.jpg
f0218416_18320477.jpg
f0218416_18323780.jpg

会場と言われるだだっ広いところへ出ました。広いです、広くて、その隅っこに各町内会のテントが並んでいます。その後ろは少し高くなっていて、多少屋台が出ていて、その向こうが防風林で海です。
f0218416_18334154.jpg
そこここでラッパ隊もやっています。子供の名前を入れた凧をみんなで揚げて、パパママ子どもが肩車ではないけど持ち上げられて、手を斜め上に突き上げます。で、太鼓がドンドン、ラッパが奏楽、でワンフレーズ終わると、ド〜ミ〜ソ〜とラッパが吹いて「バンザイ、バンザイ、バンザイ」と言います。そしてまたリピートね。
で、ラッパに合わせて両腕を前へ突き出します。これは凧の糸を引いている動作なのだそうです。
f0218416_18362567.jpg

ま、微笑ましい光景でして、百万とか掛かるらしいけど、涙ぐましくはないのでした。凧は、こういったお子さんのお祝いの凧と、町内の町名や町名の頭文字をひらがなで書いた凧、紋の凧など常に50以上は揚がっていて、時々墜落するのもありますが、上手にまた揚げます。どうなっているんだろうか、案外壊れません。
この写真では、一つが引っかかっているように見えますが、下の糸を見ると、他にも数個が絡まり合ったまま浮かんでいて、その凧の人たちは地上で折り重なって必死でした。
f0218416_18390272.jpg
「龍」の糸の真後ろから写したものです。この町では、赤い龍が一番の凧ですが、青も持っているみたいです。
f0218416_18413585.jpg
全部一度には写せなかったです。
f0218416_18421169.jpg


ひとしきり見てから、海岸へ出ました。海岸もいつもより混んでいましたが、広いし、お行儀も良いから特に不愉快ではなく、むしろ、気持ちよかったです。埃がない分ね、会場を振り返ると埃で白くなっていましたもんね。
f0218416_18432898.jpg
f0218416_18434183.jpg
それから草のあるところを伝って、砂丘入り口まで戻り、駐車場へ向かいましたが、ともかく歩きましたね、たくさん、後で何キロ歩いたか調べたいですね。
砂丘の奥行きが狭まってきたらしく、造成していました。カラスたちは凧の大騒ぎから避難して、杭の上に留まっていました
f0218416_18440849.jpg
f0218416_18470867.jpg
帰ったら隊列が来ました。町内を回っていました。人数はだんだん増えたようでした。暗くなると灯りをつけて回っていました。お祝いのお子さんの自宅前では、ガンガン奏楽するのだそうです。
f0218416_18475961.jpg
夜8時だったか、駅前の屋台会場も終了となり、一巻の終わりです。各町内へ屋台が帰っていくのですが、もちろん楽隊も騒がしくやっていました。右のビルの手前の明るいところが屋台です。電飾って感じです。
f0218416_18503429.jpg
昨夜注意されたのか、夜は9時だか10時だかで終了らしく、最後はお寺の境内で奇声をあげていました。これも真っ正面。一番明るいところがお寺の門で、その左上が提灯の灯りで明るくなっています。
f0218416_18515238.jpg


今夜はすでに作っておいたカレー。もちろんパパは趣味に没頭していました。



by ihibou | 2017-05-05 23:59 | その他 | Comments(0)

昼から移動しました。

荷物を積めない車にありったけの荷物を積んで、出発しました。これでパパのところへ通うことは当分なくなります。ゴマは点滴とともに病院へお預けしました。

さすがに、連日の疲れで、車の中で1時間、帰宅して見物へ行って帰宅して30分、それから少ししてまた30分も眠りました。

特記すべきは、高速道路です。午前は混んでいるということで、午後2時20分に出発しました。途中からオープンにしてゆっくり走りました。右に富士山が見えて、しかもずっと見えていましたね。用事で走っているのですが、まあ、ドライブとも言えます。
f0218416_21352215.jpg
f0218416_21354504.jpg
f0218416_21365464.jpg
そのうち海に出たので、写真を撮って、寒くなってきたので締めて、あとはズルズル走って行きました。
f0218416_21382746.jpg
f0218416_21392730.jpg

このオープンでゆっくり走っている時。唐突に侵入したがっている車が出てきたので譲ると、すぐに赤ランプが出てきて、前を走っていた軽自動車が捕まりました。「あれ、何?何?」なんて騒然としましたね。これは譲らないで飛ばしたらそのままこちらが捕まっていました。覆面恐るべし。

到着。
f0218416_21440232.jpg
やややっ。下が騒がしいっす。夜は、彼の地がお祭りだったので、6時ごろ街へ繰り出しました。今年見ておかないと、来年は見られませんっ、というわけで見に行きました。

3日から5日がお祭りです。
通常、お祭りというと、神社が中心ですが、ここのお祭りは、各町内が凧を作って揚げ、夜は屋台で奏楽、その周りでは、凧揚げの折に吹くラッパ隊が隊列を作って駆け足します。2年前は、なんという変なお祭りか、と思いましたが、徐々にこの地の人たちが、大都市の住民に比べて上品で、穏やかであることが分かり、町単位で行う朝から晩までの3日間がとんでもないパワフルなものであるのに、猛烈にユーモラスでもあり、好感まで持ってしまったのです。それでもビデオなどを見ますと「見たくない」とか思うのですが、ともかく見ておこうというわけで、我慢して見に行きました。

まず夜の部を4日に見ました。
日が落ちる前に、駅へ向かって歩き始め、路地から表通りに出ると、あっ、丁度屋台が向こうの路地から出てくるところです。砂町の屋台が繰り出したところでした。ずっと一緒に歩いてから、駅の北へ。
f0218416_21495874.jpg
f0218416_21502328.jpg
この参加人数は何っ。すごい数です。一町内でですよ。
f0218416_21511034.jpg
駅のガードをくぐる頃からものすごい人出でした。駅の北側が人だらけで、ただ見ているだけなんですが。夜店が出ていて、食べている人もいましたが、子供も赤ちゃんも見ていまして、祭りの方も、屋台のお囃子は子供中心、ラッパ隊は、子供ラッパ隊は夜はお休みしていたようですが、大人ラッパがすごくて、それで健全なお祭りでした。で、
美味しいという餃子屋は満員で行列ができていました。それで、そのまま新幹線のガードをくぐってみると、向こうから寺島町が来ました。すごい隊列です。100人とかそういう感じです。子供は屋台を引っ張っていました。もう暗くなりまして、明かりが綺麗です。
f0218416_21561462.jpg
一緒になって何か言いたいのですが、ここのお祭りではただ見物するのね。
f0218416_21563560.jpg
迫力ある写真は顔が写っているので、後ろ姿で我慢。
f0218416_21583826.jpg
もう一つ別の町内を見ましたが、迫力なかったです。もう疲れているんだよね。3日の朝から凧揚げて、夜屋台引いて、4日も5日も同じ日程ですからねえ。体力だよね、体力。


しかし、メインストリートへ出ると、今度は屋台が左右の車線に行き交い、もうケーブルカーみたいで、ちょおっと風情はなかったです。見やすい場所へ移動してじっくり見ていると、知っている町名の屋台がいくつも通りました。屋台のお囃子には興味がなくて、むしろ屋台の前を駆け足でラッパ隊や世話人たちが通りまして、そちらが面白かったです。ホイッスルでピッピというし、隊列組んでいるので、法被は着ていますがデモと同じです。それで進軍ラッパですから、非常に奇妙で、その辺の国会を取り巻いているおばさんは顔をしかめること間違いなしです。私だって、最初の頃はこんなことが実際に行われているなんて、頭の中に「!」というマークが出ている状態でしたからね。3年も聞き続けると慣れてきます、慣れちゃいけないのですかね?
f0218416_22021958.jpg

f0218416_22024830.jpg
ホテルの前でも渦巻き。
f0218416_22062141.jpg
ま、適当なところで、行きつけのバーに入って、お刺身・生ビールで帰宅しましたが、終了するとシーンとした元の駅前に戻るんですね、この落差。

やれやれと日常に戻っていると、なんと夜の11時すぎにラッパ・太鼓が聞こえて、どこからか大きな隊列が戻ってきて、また割烹寿司屋の前で渦巻きをやったようです。お隣は越してきたばかりの方で、大いに楽しんでいらっしゃいました。11時過ぎているのに大きな隊列でしたから、本当に凄かったです。無礼講って、こういうことなんですね。
片付けていると思ったら、
f0218416_22303873.jpg
来たーっ。
f0218416_22325348.jpg
f0218416_22331225.jpg
こちらのお店では、お店の明かりを全部点けてくれました。
f0218416_22335600.jpg
ひとしきりやったら解散。明日もあるで。
f0218416_22360849.jpg
法被買えばよかった、法被があれば参加できるそーです。
ご町内の皆さんは、翌朝、6時前から海岸へ出発らしいです。





by ihibou | 2017-05-04 23:59 | その他 | Comments(0)

今回は大掃除だったので写真なし

時折来る鳩。また夫婦も来ているので、ついに植木鉢にカラスよけを置きました。冬でも卵を産みたいのだろうか?写真は、一羽だけ育って、あと少しで飛び立つところ。
f0218416_08461055.jpg


More
by ihibou | 2016-12-25 08:42 | その他 | Comments(0)

今日は中華街

昼過ぎから外出していました。

猫たち
ミミは寒いので居間に来ます。変な顔をしているのは、
f0218416_16510668.jpg
この方を睨んでいるのでした。ゴマちゃんはどうしても窓辺でお休みになりたいそうで、カーテンをベッドの下へ敷き込んでいます。またゴマちゃんの背後は閉め殺しのガラス窓なのでプッチンを貼付けました。パパが見たら嘆くことでしょう。
f0218416_16562437.jpg
f0218416_17005723.jpg
来ないと分かったらしく後ろを向きました。
f0218416_17011312.jpg
静ちゃんは、私のお膝で傍観していました。
f0218416_17041014.jpg







More
by ihibou | 2016-11-15 19:57 | その他 | Comments(0)

ハトの記録 および 公式行事遂行

ハトの写真が出て来ました。
おかあさんだと思いましたが、こんな派手だとおとうさん?
f0218416_21565766.jpg
f0218416_21553376.jpg
勘違いしている亀。
f0218416_21582765.jpg
翌朝です。
f0218416_22013809.jpg
この写真を撮ったのは、遠くのご老人がいらしていた時のことでした。
何度もドタキャンしたご老人が、ご自分から言い出して、遂に温暖な地にSLKで来ました。それで、呼び出されて、私も参加し、布団はレンタル、夕食は持ち寄りによるパンでオードブル、翌日昼は鰻というコースで決めました。お土産は東京のお菓子でやらととM煎餅。栗の季節なので丁度良かったです。

ご老人は足や腰が痛いので、全然歩きません。そこで、見物はナシ。もっぱら、亀と鳩を観察して喜んでいらっしゃいました。兄弟は、にいちゃんの車の試乗会をやっていたようです。廃車にするには修理をしすぎたから、お譲りしましょうか、ということらしいです。ちょっと走れば湖や河口まで行けるので、色々なところへ行ったようです。ただし車で。降りたとは思えない二人です。

あちらも猫3匹、こちらも猫5匹が置き去りにされました。

一泊してお別れしてから、まだ時間が早いので見物へ行ってみました。
f0218416_22040181.jpg
最初に大層立派な建物が目の前に現れびっくりしました。博物館だそうです。館内ではひととおりの発掘時の状況説明がありました。それから、特別展は木喰さんでした。この地域には相当数の作品が点在しており、実際足跡も古文書などから明らかにされています。数回前に見物した山奥の寺に木喰の像があるようなことが書いてありましたが、展示はしていないし、半信半疑でした。が、博物館で見ることが出来ました。
f0218416_22044081.jpg
館の裏は、こんなでした。館の裏手にはガラスの廊下のようなものが出来ていて、そこから眺める景色は、貝塚が出来た頃と同じような植生だったそうで、それを眺められるようになっていました。地味なものですが、よかったです。
f0218416_22065606.jpg
この広場を突っ切ると、
f0218416_22075201.jpg
こりゃ、パパのおじさんの世界です。ま、貝ではなく人骨ですが。
f0218416_22083257.jpg
最後は、一番頻繁に行くスーパーです。サッカーチームのような名前が付いていて、ブラジル系の商品を扱っているコーナーがあります。ここの豚肉の焼いたものが超おいしいです。パン・ケースの右側に並んでいます。はは、分からないですね。
f0218416_22113276.jpg

翌朝のはと。
f0218416_22213821.jpg
2日とも温暖で晴天でよいお日和でした。富士山には雪がなかったのですが、翌日からの寒さで一気に白くなったようです。
f0218416_22222033.jpg

家に着くと、ご老人がそれぞれすまなそうにお出迎えでした。
f0218416_22242748.jpg
f0218416_22250794.jpg
帰宅すると、一段と猫砂の汚れが激しくなっていて、10時過ぎに帰宅し、12時までトイレと部屋の掃除でした。それから宇野選手を音入りで見ました。

文治くんはお利口で、最近、システムトイレでちっこをすることもあるようです。みんなそうしてくれると助かるんだけどねぇ。

さすがに疲れていたらしく、帰宅した日には我が家ににいちゃんが泊まりに来たのですが、彼を放って私は眠ってしまいました。にいちゃんは、スリランカ帰りでした。




by ihibou | 2016-11-07 22:26 | その他 | Comments(0)

倒す人出現

少しだけ新しい花苗を植えたら、早速倒す人が現れ、今朝は門前の2鉢を倒されました。近所の人たちが悔しがってくれています。私は、黙って作業する分には、全然苦ではないのです。今日は赤玉土や腐葉土、培養土などが届きまして、黙って球根を植えました。黙っているのは好きです。そして、横槍が入らないところが、植木の良いところです。

あんまり近所の方々が勧めるので、Sに連絡してみました。すると営業の女性が2名で説明に来ました。月々の契約だと各部屋ごとせんさーをつけるのだかで、我が家は外回りだけでよいので、ちょっと違うかなと思いました。外のカメラの場合、買い取りで30万だそうです。簡単なのだと10万だったかな、もうまじめに聞きませんでしたね、違う、と思いました。取り付け費用は別だし。

猫たち
お日様が気持ちよいので、文治君がゴマ次郎君の窓辺へ上がり込んでしまいます。必ず遅れてわりこむのがゴマ。「僕は嫌なんだけどね」と言っているようです。
f0218416_20455957.jpg
その後も落ち着かないようでした。
f0218416_20470467.jpg
f0218416_20473122.jpg
因みに、11月3日もこんなだった。
f0218416_21041505.jpg





More
by ihibou | 2016-11-02 16:44 | その他 | Comments(0)

おことわり

あちらでは、道の駅で食べたイカのお醤油焼きに当たったのか、パパの具合が悪くなりました。そこで、割合静かに過ごして、一人でビオへ行って、ゆっくり見て、甘いものもよく見て、重たいのに持ち帰ッタリしました。

帰宅して、PCでちょっとしたことをしたら、さあ、大変。ゴミ箱へ入れたものが、長々と2日も消し続けていて、ふと見ると、どこもかしこも真っ白になっていました。特に困るのが写真です。「履歴書」は中断しております。ロンペのイベントは11月初めまでアップしてあるので、ま、数日何もしません。

とはいえ、今日などはよいお天気なので、大汗をかきながら鉢の土を干したり、取り替えたりしていると、花の苗が来たので植えました。それで、今日は修復作業をまだ一度もしていません。

ま、こんなこと言っても始まりませんが、PCは嫌いです。PCの会社が儲かるように出来ているのが嫌です。また、勝手に「便利ですよ」というような言い回しで、人のデータをいじるのも不快です。そのうち、やめそうな気がしています。



by ihibou | 2016-10-26 18:05 | その他 | Comments(0)

残念です

大きな音は出せないので無音に近い状態で、音楽は頭の中で歌って見ました。綺麗だし、うまいし、あ〜残念です。何よりも彼女が悔しかったわけで、何も言えないよね。治さなければ始まらない、治れば一番と分かっているから残念です。でも淡々と続けて欲しいです。
男子もまだフリーが残っています。一位とはいえ、あれ?と思うところが多かったので頑張れといったところです。
全部音無だからね、昼間はでかい音で聴きたいのですが、音がそもそも小さいし、始まっても喋り続けるし、困ったもんです。

はとかめ:
2個になっていました。松葉が少量敷いてあります。
f0218416_12092900.jpg
ブラインドを開けると逃げてしまうから隙間から写しました。卵が見えていないということは、親が来ているということだそうです。
f0218416_12110856.jpg
外を見ていると、亀が餌を貰えると思ってしまっておおはしゃぎ。
f0218416_12121801.jpg
飽きもせず同じような写真を撮り続けましたが、これがお母さんの顔です。つまり、以前の夫婦とは別の夫婦でした。
f0218416_12170559.jpg
こんなに濁っちゃっています。
f0218416_12145106.jpg
これがおとうさん。
f0218416_12162254.jpg


by ihibou | 2016-10-23 07:00 | その他 | Comments(0)

気に入らないものに手を出してはいけない

今日は、昼は何も期待しないでお城の近くのビジネスホテルの最上階で景色を眺めよう、その後は、行き当たりばったりということで出掛けました。結果的には、海を見たくなったということで、天竜川河口付近へぶっ飛ばしました。これらの写真を交えて、関係ないことを書きます。
f0218416_20303642.jpg
お城が小さくて写真では見えない。ここの中華は良い材料を使ってきちんとしていて、心安らかに頂けました。

昨日のトンカツ置き去り事件から一夜明け、まだトンカツ忘却を残念に思っているところです。前回も、桃とお豆腐を忘れました。なぜ原材料を持っていくかというと、ビオは高すぎるからです。ちょっと買い物をすると5000円を超えます。これは、私もパパも違和感を感じています。高いのにもほどがある、と思います。ですから普段割高感を持っている生協の方がビオよりは安いのです。この地は、軽自動車社会ですからビオ以外は、遠方の激安店しかなくて、遠方のデパート系スーパーは大したものがなくて割高、なので、やはり生協のものを持って行くのが1番心休まります。
f0218416_20322185.jpg
昼食後ぶっ飛ばすと浄水場が見えて来ました。

では、なぜ色々なものを忘れるのか、それは猫たちがいて去りがたいという気持ちが大きくて集中できないという理由もありますが、カバンが小さい、ということの方が重大なる原因だと分かっちゃいるのでした。

小さいので、着るもの、着替えとして持っていくもの、食料の選択、これにキリキリしつつ気を遣い、ですから時間を費やします。こう書いてみると、あ〜、そういえば嫌だったっけと分かります。いつもいつも疲れる作業だったぁ。
f0218416_20352694.jpg
河口近くの土手には出られました。あれ〜。河口には下りられないと書いてあるのに車が一杯ですぅ。

このカバンは、布製であること、車輪が大きいこと、で購入しましたが、容量が少し小さいのです、いわゆる「ご婦人用」です。世の中には、ご婦人用という小さなものがあったり、ご婦人はいつも家にいるという常識があったり、実に理不尽です。こんなものいらない。だから、どうしても荷物の一部はカバンの外に出ます。
f0218416_20374012.jpg
先ほどのホテルから小さく見えた風車の対岸に来ていますよ、ウソみたい。

それで、カバンを変えようと思います。布製は無くて、金属製です。それしかないので金属製。無理な詰め込みができなくなりますが、容量は大きくなるので詰め込みはなくなるのかもしれません。車輪が大きいのは捨て難いです。しかし、そうすると、小さなかばんは永久に使わなくなります。ああそうそう、小さな車に乗っているので、大きなカバンは乗せられないかもしれません。少なくとも入れるのに苦労しそうです。なんてことだ、あと少しだからこのまま我慢するか、新しいカバンを買うか、またも悩むのでした。もともと、デザインなどは全く気に入っていないので、ますますイライラしますね。
f0218416_20420164.jpg
水上バイクっていうのかな、練習だか競技だかしていました。

無駄なものは買ってはいけない。少しでも違和感があったら手を出してはいけないのでした。何度経験しても無くならない嫌なクセです。

さて、写真の続きです。
また車に乗って、行き止まりというところヘ行くと下へ下りられました。四駆ではないので、坂を下りてすぐのところに駐車しました。砂にハマったらヤバいです。林立するテトラポット。
f0218416_20442679.jpg
う〜ん、この1枚でもう語り尽くしているかもしれません。空と海と砂浜、全部めちゃ広いです。
f0218416_20450634.jpg
さきほど土手から見えた車が遠くに見えました。
f0218416_20483954.jpg
上を見ると、今度はハンググライダーが飛んでいますが、下では、灼熱の太陽に朝から温めてもらっている砂が、サンダル履きの素足には熱過ぎて、火傷をするかと思いました。
あそこなんですが、遠いですっ。
f0218416_20493395.jpg
さざなみが立ってきれいなのですが、それはさざなみがきれいなだけで、ここは死体でも浮かびそうな怖い場所です。
f0218416_20513386.jpg
やだ、河口はもっとずっと先だわ。だみだこりゃ。
f0218416_20574043.jpg
振り返るとあんな遠くまで戻らないと車に乗れません。足が真っ白けになって帰宅したのでした。
f0218416_20584996.jpg

帰宅してから、「夕日がきれいですよ」と言われて携帯で写したら、こんなに酷いものでした。ですから、河口も本当はもっときれいだったのです。
f0218416_21000755.jpg
中田島砂丘は、天竜川が運んで来た砂で出来上がったそうですが、近年浸食がひどくて小さくなっているようです。河口付近の砂地は、砂丘より大きいのではないかと思う程の奥行き方向で広がっていました。





by ihibou | 2016-07-31 07:50 | その他 | Comments(0)