カテゴリ:猫( 1616 )

玉次くん回復とお預かりさま緊急募集

血栓で後ろ足が動かなくなった猫さん、玉次くんは、なんと回復して自律的な生活を始めたそうです。それで、工事の間のお預かりさまが募集となりました。すごいな玉次くん。我が家のゴマ次郎くんも、最後までトイレを自力でしようとしましたが、みんな凄いなぁ。

勝手に写真を拝借、可愛くもあり、堂々としている玉次くんです。
f0218416_00454034.jpg

色々と立て込んでいるので、今日は玉次くんのことだけにします。




by ihibou | 2017-07-22 23:40 | | Comments(0)

暑いのでついご無沙汰しました

暑すぎるので、もう買い物へ行くのも止めています。

こちらへ来るにあたっては、ご老人に魅力的なものを提供する必要があったのですが、ご本人は、東京以外の地で10日以上過ごすのは生まれてはじめてだということで、結構満足しているみたいです。

がしかし、約束してしまったからには、その魅力的なことをしないわけにもいかず、とはいえ、ご本人は顔面をこっぴどく打っているわけなんですが、日々氷で冷やすと、瞬く間に赤や青が消えて、案外綺麗になってしまって、そんなこんなで行ってきましたくそ暑い中。え〜と、猫たちは30数時間放置されていました。なお、カメラの写真が取り込めないので、後日付け足します。


移動は強引に新幹線ではなく車で行きまして、8時半出発の12時前到着。まずは博物館駐車場に入り、名品展を眺めました。展示の仕方がイマイチで、印象の薄い感じで残念でした。仏像は凄かったですが、暗すぎてご老人は大いに足元に不安を感じたようでした。お食事も博物館内で格安で済ませましたが、いわゆる出来合いを合わせたもので、期待してはいけないレヴェルでした。

f0218416_15233007.jpg

それから車でホテルまで行き、我々は降りて、パパは遠くの駐車場を予約していたので、そこへ行きました、ら、大夕立でざんざん降りとなり、パパはずぶ濡れ。でもこの雨で、帰る人は帰ってしまったし、アスファルトは冷やされたし、良かったのです。

ご老人とともに安いホテルでキーを受け取り、案内もなくその部屋へ行ってみると、な、なんと窓があって、真下にご町内の風景が見えたのでしたっ。お祭り価格の部屋代は通常より高いんですが、でもこの窓ですっかり気分が良くなったのでした。

f0218416_00193189.jpg

博物館で十分疲れるので、その後は移動だけにしてゆっくり休む、という予定の立て方をしました。窓から眺めているうちに身体も休まりましたね。
とか言って、私だけは元気に二条若狭屋まで行きました。御生菓子ゲット、はっはっは。
そして、6時から歩行者天国で人も一方通行となりますので、その流れに乗って西洞院から室町まで歩き、室町通に入って、「菊水鉾」を通過して、ギリギリで予約した中華のお店へ行きました。道々山鉾を見られるというわけでした。お店の横も「霰天神山」でしたし。

f0218416_15123441.jpg

お店では8品のお祭りコース限定でしたが、美味しいお料理で、結局全部は食べられなくなったりしましたが、大満足で終了しました。そして、お店の前も歩行者一方通行だったのですが、それに乗って、新町通の「放下鉾」から四条へ出ました。パパは帰るというので、ご老人と、どうしようと言い合いましたが、ご老人が「戻ってお囃子を聞きたい」というので、一番近い「月鉾」まで行き、音も採りました。

f0218416_15030480.jpg

ご老人は、辛うじて足を前後に動かしていましたが、進むには私の後押しが必要だった様です。調子に乗って歩いたので、帰りがきつかった様です。私はこういう時だけは底力が出るらしく、一旦ホテルへご老人を戻してから、もう一度周辺を巡り、屏風なども見物しました。暑いのに若者たちは元気なもので、まだまだ一杯たむろしていました。

翌朝は、みなさん早めの朝食を摂って9時前には道路の場所取りをしたようですが、私どもは9時から出かけて四条通りの室町通と烏丸通の間に陣取って巡行見物。この場合、歩道の前面に陣取ると疲れるので、建物の壁にへばりつきました。折りたたみ椅子も持って行きましたし。適度に風も吹いていて快適な見物ができました。この辺りでは、「長刀鉾」が進んでいる間、皆さん待ちになるので、ゆっくり山鉾を見物できます。「鶏鉾」が早くからお囃子をやってくれたので、雰囲気が出ました。

f0218416_15355765.jpg

満足したところでホテルへ戻って、チェックアウトまでの時間、元気な私だけで再度「菊水鉾」の町まで行ったりしました。昨晩は注射も省略したというのに !! ホテルが起点となって、冷房・シャワーが大いに活用されたわけです。

これは、菊水の帰り。巡行の最後尾を進む「船鉾」っす。いいねぇ。

f0218416_14091981.jpg






なお、こちらで宣伝していたシェルター猫たちの一時預かりは、おかげさまで全頭の行き先が決まりました。それぞれぼちぼちお泊まりに出掛け始めているようです。お泊り先でくつろいでいるココアくんの写真を勝手に拝借しました。ブラシをしていると寝てしまったそーです。早く本当のおうちを探してあげたいです。
f0218416_14271118.jpg





by ihibou | 2017-07-19 00:27 | | Comments(0)

うっかりは続く

決してうっかりしない、なんて決意しましたが、今日は静ちゃんが大きく開いたケージの扉から出てしまいましたが、すぐ捕まりました。ブラシでいっぱい毛を取ってからケージへ戻しました。

暑すぎて何かと危ういです。ご老人はすっかり自信をなくしています。パパは腰痛再発です。こういう状況で後数日で1歳児が来ます。

この空は夏空ですね。富士山方向じゃが、雲がもくもくで見えません。暑くても海からの風が案外温まっていなくて気持ち良いです。いいところです。
f0218416_00170403.jpg




by ihibou | 2017-07-16 00:19 | | Comments(0)

文治君の状態

ゴマ存命中は、目の前でゴマが甘えるので文治君は「僕も僕も」と最初のうちこそ言っていましたが、そのうち無関心になってしまっていました。お隣がいなくなったことについては、ケージを布で囲ってあるのではっきりとは目撃していなくて、どうだったのでしょうか。少なくとも、ケージを畳んだ時は、びっくりした様子で、立った状態で体を上に下に動かして見回していました。仲良しだったから。

しかし、私の場合、動物の生き死については、対人間とのお別れはしても、そこに動物は入れません。

文治君に話を戻すと、最近では、このフロアには文治君だけなので、飼い主独占ではあります。
例えば、ウンの後では、短く鳴いてこちらと目が会うまで見ています。「早めに片付けてね」という感じです。君のウンは臭いから早めに片付けるわな。
また、お食事は、床置き志向なので、ある日、気がついたらベッドがとても汚れてしまっていまして、その日からベッドを引き上げてからお食事をしてもらうようになりました。ケージ内では場所がないので大変です。
f0218416_07553477.jpg
小さく写りましたが、十分に大きいです。
f0218416_07555044.jpg
お食事の後は、床を拭いて、それからベッドを降ろすのですが、文ちゃんのお食事が高速なのと、後の3匹はロフトにいるので階段を上がり下りしていて時間がかかるのとで、それが遅いと言って(鳴いて)、だいたいこうなります。お食後は、こうまでしてでもゆったり座りたいそーです。
f0218416_07560957.jpg

すぐ左では、亀公がボッチャン、ボッチャンと水に飛び込んでアピールしていますが、私は、亀には極めつきで無関心なのです。

鳩の雛は、パパが植木鉢に戻すかと思いきや、暴れるだろうし、ここでも大丈夫だろう、ということになって、ベランダの床にいます。多分暑いだろうと思います。せっかく床をキレイにしたのに、すでに糞だらけです。







by ihibou | 2017-07-14 08:10 | | Comments(0)

雛が植木鉢から落ちたらしい

雛です。昨日は昼から親が来ていました。親は比較的小ぶりなのですが、雛が大きくなっていることには、驚きました。親子で植木鉢の中にいますが、あまり大きさに差がないんですよね。
f0218416_16015899.jpg
親は下に降りました。やっぱ親は大きいかなっ。
f0218416_16004444.jpg
周りを歩いています。
f0218416_16010404.jpg
f0218416_16013077.jpg
今朝見ると、下に降りていて、上がれない様子です。つまり落ちたんですね。
f0218416_16043779.jpg
さすがの私も、糞だらけのベランダを見るのが嫌になって、昨日、マスクまでしてベランダに出て糞を削り落とし、全部拾いました。溝には雨水と枯葉と糞が混ざっていましたが、これも取りました。
f0218416_16081084.jpg
ところで、数日前のことです、郵便受けからザバッと広告も混ざった郵便物をパパが持ってきました。その中にちらりと見えたのがこれです。これはご当地ならではの広告ですよね、保存しようと思います。発売は14日なのですが、どうしようかずっと考えていましたが、買わないことにしました。C新聞販売店でしか売らないと書いてあります。地図で見たら13分歩くと買えます。900円なのですけどねぇ。この広告の紙は新聞紙のような材質なんです。
f0218416_16105222.jpg

久しぶりの猫たちは、ともかく動いていないので、表情に乏しく、写しても仕方がないといつも思うのです。気の毒ですが、どうしようもありません。新しい部屋に乞うご期待ということで。
f0218416_16171333.jpg
亀は、新しい部屋ではシンクに棲みます。それで、水換えが楽になり腰痛の君はとても楽しみにしています。せっかく購入した、今使用している本格ワゴンは、水槽の台になります。
f0218416_16173461.jpg
f0218416_16181499.jpg
f0218416_16183099.jpg


by ihibou | 2017-07-13 16:26 | | Comments(0)

保護猫追記

保護猫は「いとちゃん」と呼んでいるそーです。

本日、パパの勤務先の施設内部で餓死していた三毛猫を、その場から丁寧に剥がした(干からびてしまっていたそうです)方の話では、先の仔猫の顔がそっくりだそうで、ということは、いとちゃんは、数日前に親が亡くなってしまって、それから飲まず食わずだったようです。ただ、この亡くなった三毛は、数日ウロウロしていたそうで、死に場所を探していたのだろうとのことです。職場の数人がバラバラに目にしたことがあったそうで、残念、パパは見ていなかったんですね。

この話の折、「そうするとあと何匹かいるんじゃないかな」ということです。「そりゃ、出会わないほうがいいよ」と言われているようです。職場の敷地周辺は、緑が多くて、施設が点在しているようなところです。餌やりの人もいるようです。それでも広い場所ですから、よほど組織的な世話人さん組織がないと、こんなものでしょう。

市内から離れた場所です、こういうことだったんだな、と福島と重ね合わせました。


アニマルエイドのお預かり募集猫は、後2匹になりました。2匹とも決まった猫さんより劣るわけではありません。良い子にできます。お預かり期間は、たぶん7月24日朝〜30日夜ですが、もう少し長めにお預かりいただきたいものです。猫は環境の変化に弱いからです。どなたかよろしくお願いします。ケージも用意しますし、餌なども付いてくるそうです。
私が里親になりたいくらいのジャガーくん。エイズ陽性ですが元気です。
f0218416_00205613.jpg
この間保護されたばかりの朝顔ちゃん。この猫さんは相当な苦労をしていると思います。でもスリスリだそうです。かなりの美人。白血病陽性ですが元気です。
f0218416_00214067.jpg

どなたかよろしくお願いします。



by ihibou | 2017-07-11 23:58 | | Comments(0)

別の猫

日曜日は、譲渡会へ行って、会員になりました。これで晴れて仔猫の里親探しが、会を通じて出来ることになりました。譲渡会には、数匹の仔猫が参加していましたが、パパと小声で「みんなかわいい猫だね」などと言い合いました。

月曜日は、ご老人のところへ行く時、新たな三毛猫に出会いました。重たい荷物を持っていたので、手が動いてしまうので塀において写しましたら、こんなです。

f0218416_20242907.jpg
こちらの方がぶれていないのですが、如何せん小さすぎます。
f0218416_20244724.jpg
あなたは茶々静のお母さんではないよね。強者だというお父さんにも会いたいです。この辺にいるそーです。

鳩の雛は大きくなっています。
f0218416_20272922.jpg
f0218416_20281016.jpg
この汚らしい汚物をご覧ください。腰痛再発パパは、私に掃除させようとしています。
ったく。
f0218416_20291264.jpg
怠慢な親たちが運んだ十数本の松葉も見てね。
f0218416_20304024.jpg
そうそう、土曜日にはわたほろ製パン店にて、いつもの感じでゲットしました。






by ihibou | 2017-07-10 20:31 | | Comments(0)

保護猫の記録

静かなる活動家、Iさんが、東京から戻って一夜明けたらもう写真を送ってくださいました。そう、日帰りで打ち合わせに行ってきました。暑かったです。

保護猫に戻ります。
「体重は連れ帰った時が606g、昨夜は731gでした。今朝初ウンチして、また減りましたけど。何も食べていなかったのでしょうね。唸りながら、お皿まで舐めつくして、最後はひっくり返してます。」
すごいですね、きちんと記録してくださっています。

また、写真もお送り下さり、「ご飯もよく食べて、元気いっぱいです。風邪も良くなってきていますよ。」とのこと。

f0218416_08243645.jpg
f0218416_08245279.jpg
しっぽ膨らんでます。
f0218416_08250414.jpg
f0218416_08251442.jpg
こりゃあ、パパが引き取りたがりそうですよぉ。無事里親様が見つかりますように。

今回は、パパが獣医さんへ連れて行き、お話も伺ったので、保護猫への注意など理解したようです。とはいえ、「昔は連れ帰って、そのまま飼っていたのだから、しかもうち(彼の実家)の猫たちなんてそのまま天寿を全うしたのだから、それだけ今は獣医さんの言うことを聞くようになったということだな」とパパ。


ところで鳩は。この辺から写さないと逃げてしまいます。
f0218416_08485849.jpg
が、そばにいる大人の鳩は、果たして親か?ここで生まれたらしき2羽もうろついているようです。あるいは、別のつがいかもしれない、模様が似ていて黒いおやじ鳩以外は区別がつきません。雛はデカイですが、まだこげ茶色の羽毛です。
f0218416_08510411.jpg

なお、亀も産気づいたようですが、不発に終わるようだ、と飼い主が言っていました。何か、こう、以前にねえちゃんのためにとばあちゃんが行けないところをパパが代わりにお守りを頂きに行き、しかも、成り行きとはいえご祈祷室へ(通常お産している本人しか入れない部屋)ねえちゃんの代わりに入って祈って頂いてきたお守りが効き続けているような気がしますね。







by ihibou | 2017-07-09 09:04 | | Comments(0)

まさかの話

いくらケージが空いたからといって、まだ、そのケージを荷造りして寄付する気にはならないし(引越しが終わったら寄付するつもりでシェルター用のを購入していますが)、お預かりでジャガーくんとかココアくんとか玉次くんとか思わなくはないけれど、それもやはり気持ち的には盛り上がっていなくて、ぐずぐずしていると。

変なメールが入ってきて。
私としては、事務的に致しましたよ。

事務的とは、団体代表にご連絡申し上げ、会員になって、譲渡会に参加させて頂く、出なかった時は責任を持ちます、ということにしました。差し当たり、上京の予定もあるし、仔猫用の用意が何もないので、代表にお預かり頂くこともご快諾いただきました。

f0218416_17325234.jpg

ゴマがお世話になった病院は、休診日なので、別の病院へ直接連れて行き、診察・検便・レボリューションなど一通りのことをお願いし、お支払いし、獣医さんのところにお願いして置いて帰ると、夕刻、別件で代表が偶然そこへいらっしゃるとのことで、連れて帰って下さいます。ラッキーでした。しかし、代表は今日も超多忙で、その後、遠くへいらっしゃるそうです。別件というのは、難しい術後の猫を病院から連れ帰るとのことでした。はあ、私も随分図々しいことを致しました。しかし、どう考えても今日の我が家では、仔猫用のロイカナ・ウェットもないし、レボリューションもないから、どうしようもなかったわけです。

f0218416_17331422.jpg
施設の外回りをしていると、目やにで目が潰れていて、物にぶつかりながら歩いていたそーです。痩せていまして、尻尾が鍵。目やには濡らしたティッシュで拭いたそうですが、すごい目をしているとのこと。風邪ですから、今後どうなるのか不明ですね。寄生虫のこともあるだろうし。

f0218416_17370762.jpg

ったく。
私がどんどんお迎えしないと、全部パパのお迎え猫になってしまいそうです。


後日談:仔猫は病院で餌を与えても食べなかったそうです。女医さんがガッと口に突っ込んだら、餌だとわかって、そこから先はガツガツ食べ続けたそうです。なお、施設内で異臭がして、三毛猫がなくなっていたそうですが、その子どもではないか、とパパが言っていました。「明日、また2匹とかいたらどうしよう」と不安がっていました。x3ではパパのお小遣いに打撃っすからね。

もう少し写真がありそうで、入手したらここにアップします。先の姉妹より美人のキジ猫だそうです。♀ってことです。





by ihibou | 2017-07-06 17:38 | | Comments(0)

何かとニュースがあることで

ゴマ次郎くんのお別れの頃、実は、ご老人が大怪我をしまして、結構大変でした。生まれて初めて救急車に乗りましたが、記憶がない、残念と言っております。

実は、全部が打撲と擦過傷で、確かに唇を数針縫いましたが、ともかく大事なくて、即、帰されました。帰宅して、こちらで評判の良い医療センターへ行き、1週間後抜糸をしましたら、義歯のかけらが出てきて驚きましたが、このことで痛いところはなくなり、メガネはデータをもとに、三茶のメガネ屋さんと電話で交渉して、壊れたものと全く同じもの作ってもらい、世の中が明るく見えるようになり、一件落着となりました。

これが大怪我だったら、ゴマ次郎の道連れ、と思うところでしたが、むしろ、ゴマが助けてくれたのかな、と思えるところまでこぎつけました。

あとは1ヶ月で黒赤が青になり、黄色になり、消えますよ、とのこと。
健康で健康で、骨も折れなかった、と本人もほとほと嫌になるほどの健康体でした。
転んだ原因がまた面白いのですが、秘密です。

ご老人は、その前の週には、ケーブルカーで久能山まで行き、そこからの石段を全部登り、降りました。これがたたって、太ももが痛くなってしまって、整形に行ってみます。

次に、にいちゃんが初めてパパのマンションに来たのですが、来て翌日、就職先が目の前で決まり、突然、物件探しがまた始まりました。そして家具の争奪戦です。引っ越しも年間何件になることやら。

夜の駅前見学で入った餃子の店で21ヶ皿、塩キャベツ、青ネギ。
f0218416_08501423.jpg
翌日M阪へも行き、いつものお刺身丼定食。
f0218416_08533968.jpg
随分釣り人が来ていました。
f0218416_08535575.jpg
別に頼んだアサリの酒蒸しが美味しかったす。特産のメロンが必ず付きます。
f0218416_08540890.jpg





ついでに三条若狭屋
f0218416_00200192.jpg


先のアニマルエイド短期お預かり様募集は、あと8匹です。よろしくお願いします。みんなかわいいよいこです、涙が出ちゃうよねえ。
ジャガーくん、ココアくん、玉次くん、ポールくん、

朝顔ちゃん、クローバーくん、なごみちゃん、ガストくん


にいちゃんに撫でてもらったロフトの方々。

f0218416_08573213.jpg
f0218416_08575870.jpg





by ihibou | 2017-07-02 22:39 | | Comments(0)