2017年 10月 30日 ( 1 )

馬面の猫

今日は換気扇のフードをアルミからステンレスに変える工事でした。明朝も続きます。
このためにキッチン周りを全部片付け、文治くんもみんなのところに移動しました。文治くん臭いですっ。


まだ猫はミミだけだった頃、ネットでいろいろな猫さんを見ていたのですが、馬面の猫さんがいました。私はどうも馬面猫が好きみたいで、ずっと覚えていました。するとアニエイに馬面猫さんが来まして、一緒に来た仲間は里子に出ているのに、馬面くんだけはいつまでもいます。静かな猫さんで、元気なのかと思ったら腎臓が悪かったようです。シェルターでは、おしっこの観察まではできませんから、どうしても腎臓は見逃します。

ゴマちゃんを見送ったところなので、何とかお迎えできないかと思いますが、あまりにも末期なのです。家に着いたら天に召されるのでは、動かしたのがいけなかったと思い込みそうで怖いです。とはいえ誰かがお迎えしなければ、しかも今夜か明朝くらいに切迫していると思います。大きな猫さんなので、多少持つかもしれませんが。もう病院ではなく、一緒にいることが大事です。

いい顔です。(勝手に拝借)
f0218416_19190797.jpg
f0218416_19194056.jpg
f0218416_19200306.jpg
f0218416_19201630.jpg
ああいい顔だわ。
名前は「あずま」くんです。17歳とか書いてありました、びっくりです。年齢表記は大事です。年寄りの猫はおおよそ「10歳以上」なんて表現されますが、私のように高齢猫を引き取りたい場合、正確な情報が欲しいものです。
どなたか埼玉方面の方、お迎えいただけませんか?


by ihibou | 2017-10-30 19:18 | | Comments(0)