2017年 08月 04日 ( 1 )

人間、暑さにどのくらい耐えられるか

特に猛暑で有名な地へ行ってきました、猛暑の中。

まず、東海地方でも有数の暑さを誇るXX。朝の8時過ぎ、徒歩にて駅まで行きました。
乳母車なので、全部遠回りをします。エレベーターに2回乗らないと新幹線に乗れません。しかもエレベーターの場所はあっちだったりこっちだったりします。便利になったけれど、徒歩の歩数は高まりましたね。

到着すると、これが暑いの何のって、暑いのでした。ずうっとずっと歩いて駅から出るまでにエレベーター3回乗ったら、またずうっとずっと歩いて、タクシー乗り場に行きました。バス乗り場は、どの線も長蛇の列でしたが、タクシーは珍しくすぐ乗れました。優しいおじいさんでしたが、お願いした場所については一言あって、ま、結局お任せしたら、とても良い場所へ着けてくださいました。ここです。
f0218416_01114494.jpg
川風が心地よく、「あ、これならいけそう」と思いました。
なかなかよろしいようで、観光客がいなくて朝の町並みを堪能できました。途中、和菓子屋さんがあったので、あゆを1個だけ購入。ねえちゃんはその場で食べ始めました。
息子乗り出す。
f0218416_01241281.jpg
すごい柳でしたね。
f0218416_01253676.jpg
また戻って来ます。水がきれいでした。
f0218416_01272898.jpg
有名な橋2つを渡りまして、知恩院の古門があるところで、あっさり系のねえちゃんは、「もういい」と言います。「へっ」ってなもんでしたが、どうするか時計を見ながら考えていると、「行きたいところがあるから行こう」と言ってXX門跡へ行きました。お食事の予約時刻まで1時間なかったのですが、緩い坂道を知恩院へ向かってせっせと登り、左へ折れて行きました。

この楠の木は、5本あって、樹齢800年とかに植栽され今日に至っているのでした。5本見たかな?
f0218416_01325316.jpg
丁度この辺から息子が眠ってしまって、怪力ママは頑張った末にまた頑張ることになりました。ちょっと失礼して。
f0218416_08422993.jpg

特にみんなが見る庭園を見るでもなく、それなりに納得したらしく、早々に退出しまして、先ほどとは逆方向へ坂を下りて、タクシーを待って、数分前に予約したお店に行きました。夏のウィークデイのせいか、前日予約で個室がとれました。ふ、ふ、ふ。超薄味の美味しいランチを頂きましたぞ。
美しい女将が持ってきてくださいます。
f0218416_08473900.jpg
最初のお品はイチジクでしたが、うっかり食べてしまいましたよぉ。
f0218416_08485364.jpg
これは鱧とオクラを細かく切ったものですぞ。飲み干しました。
f0218416_08501007.jpg
お食事の鬼、まさに餓鬼は、すでに二口三口頂いていまして、納得の「うん、うん」を続けざまにやっていました。まだ静かです。
f0218416_08523622.jpg
これは上の薬味が効いていて、下のお汁には山芋が浮いていました。
f0218416_08544874.jpg
このおかかはかなり厚い削り方をしているにもかかわらず、蠢いていましたからセンセも興味深げでした。なお、この衣装でお店に入るのは、ちょおっと躊躇しました。
f0218416_09031793.jpg
f0218416_08585804.jpg
これにてそろそろお腹も落ち着いてきました。お米が好きな人は下だけで満足していました。
f0218416_09054295.jpg
ところが、写真で目にしていたモノが、ここで、出てきたのでした。「ええーっ」。もちろん向こう側でも乗り出して見ている人が見えます。
f0218416_09071478.jpg
こんなに。
f0218416_09091697.jpg
でも、これでおしまいです。あっさりした満腹感でありました。
f0218416_09131331.jpg
この後、京阪まで歩いて、途中で漬物など仕入れて乗りましたが、なんとこの京阪の駅は駅全体が冷房でした。助かりましたね。それから、暑い乗り換え、それからわざわざバスで遠くのご老人宅へ向かいました。暑い中歩いて到着したのでした。

あ〜、残念、近寄ってくれませんでした。
f0218416_09251785.jpg
お夕食をご馳走になってからタクシーで格安ホテルに行きましたが、部屋が汚れていて変えてもらったり、廊下が浴場階だったので、臭かったり、安いとはいえかなり不満でした。
が、翌朝の朝食バイキングは良かったので、ま、いいかと思いましたね。丁重に謝って頂きながら、駅も近くて、翌日は快適なスタートとなりました。





by ihibou | 2017-08-04 23:10 | その他 | Comments(0)