2017年 03月 02日 ( 1 )

文治君の数値

昨日の夕方、獣医さんへ伺いました。持ち帰ったのは、点滴とそこに入れる注射、そして、サプリでした。猫たちは、今日あたりから安定した食事を摂るようになりました。餌を与えていて、安定したと思えたのが今朝だった、ということです。

サプリは、口痛でインターフェロンを打ち続けていた猫さんに試したら、すっかり良くなってしまったと言われるもので、まぁ、何でも試そうというつもりで取り寄せて頂いたのでした。これですが、1日1カプセルですが、箱の注によると、最初は1日2カプセルだそうです。1個100円くらいみたいです。カプセルを突ついて、チューっと絞り出します。魚味なので缶詰に垂らし、何の抵抗もなく食べます、とのこと。本日から開始しました。
f0218416_17431361.jpg
なお、昨日は文治君の検査結果も入手出来ました。獣医さんの捉え方は、数値内だから大丈夫ということらしいのですが、実際は、以前より数値が上がっているのでした。どきっとしますけどね、飼い主としては、しかし、痛がらずに食べていますから、まぁ、もう少し頑張ります。頑張るというのは、私が心配を我慢するということを言っています。
f0218416_17504571.jpg
肝臓系の数値:
・GPT 肝臓障害 正常猫:0〜80 
2015/2/16 : 40 2016/3/22 : 46 2016/10/21 : 75 2017/2/23 : 55

・ALP 肝胆障害、ホルモン障害 正常猫:0〜151
2015/2/16 : 55 2016/3/22 : 48 2016/10/21 : 70 2017/2/23 : 82

・黄疸指数 正常猫:<5
2015/2/16 : <5 2016/3/22 : <5 2016/10/21 : <5 2017/2/23 : <5 

その他の数値:
栄養状態がオーバー。
血糖値は上がりつつありますが正常内。
クレアチニンは正常値の一番上。
また追加検査でCaを調べていますが、正常値でした。
お迎え時の貧血、炎症は正常値になっています。

栄養状態だけが心配ということで、よかったですぅ。
f0218416_18095205.jpg
今一生懸命良い状態にしておいても、これから迫り来るストレスで猫の皆さんはどうなっちゃうのか?






by ihibou | 2017-03-02 18:13 | | Comments(0)